兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2019.02.12
11,114 views 25 チョイス

冬におすすめ!こたつ&薪ストーブがあるあったかカフェ11選 【姫路・高砂・稲美周辺】

寒い日はこたつや薪ストーブがあるカフェで体を温めながら、ランチやデザートを楽しみませんか。居心地が良く、時間を忘れてくつろいでしまいそう。今回は播磨エリアのおすすめカフェを紹介します。

1.Cafe & Bar 段<姫路市>

料亭を改装した店内は和の趣が残っていて、まるで隠れ家のよう。

冬になるとこたつを出してお出迎え。ソファ席と座敷のどちらも暖を取りながらのんびりと過ごすことができます。

2月28日までは寒い季節にぴったりの『ぜんざい』700円(1日10食限定、平日14:00~、土・日曜、祝15:00~)が味わえます。餅は2個入り。きなこアイスとお茶が付いているのもうれしいですね。お茶は緑茶、玄米茶、コーン茶の3種類から選べます。

人気の『ティラミス』550円もおすすめ。抹茶、ココア、抹茶&ココア、きなこ黒みつの4種類を用意しています。

■DATA

Cafe & Bar 段

所在地
兵庫県姫路市紺屋町78
電話番号
079-224-0677
営業時間
11:30~22:00

2.shinbashi(シンバシ)<姫路市>

学生やカップル、海外からの観光客が多く訪れる人気店「Cafe & Bar 段」の1階に、2018年11月にオープンした「shinbashi」。一年中こたつが楽しめるユニークなお店です。

「shinbashi」は紅茶を片手に、こたつでくつろぎのひと時を過ごせる紅茶専門店。全席2名掛けのこたつが並ぶ店内は、アットホームな空間が広がります。

紅茶専門店「shinbashi」で取り扱う茶葉は23種類。シンプルなブラックティーから、2種以上の茶葉をブレンドした香り高いフレーバーティー、美容やリラクゼーションにおすすめのハーブティーなど、紅茶専門店ならではのラインアップ!紅茶はどのフレーバーでも単品で550円+税。

『Cakeセット』950円はケーキが5種類から、紅茶は23種類の中から選べます。ケーキと紅茶のペアリングを楽しんで。

『ブリュレフレンチトースト』は1度は食べてみたい「shinbashi」だけの限定メニュー!

フランスパンにたっぷりの卵液を染み込ませて、ブリュレのようにこんがりと表面焦がしたフォトジェニックな一品。メイプルシロップをかけた甘めの味付けですが、口に入れた瞬間に、とろりと溶けるのでぺろりと食べられそう。

単品は600円+税、好みの紅茶とセットなら950円+税に。

●詳しい記事はこちら!
こだわりの茶葉は20種類以上!紅茶専門店&和カフェ

■DATA

shinbashi

所在地
兵庫県姫路市紺屋町78 1階
電話番号
079-224-0677
営業時間
平日 15:00~20:00 LO.19:00
土日 14:00~20:00 LO.19:00
・予約不可
・中学生以下入店不可

3.イシヅカ靴店×靴屋カフェ<姫路市>

築60年の古民家をオーナー自らがDIYして作り上げたカフェ「イシヅカ靴店×靴屋カフェ」。

靴工房を併設した新しいスタイルのカフェ。古風な趣ある店内には、随所にイタリアで買い付けた小物が並びます。レトロとモダンが調和するおしゃれな空間は、一度足を踏み入れると、おばあちゃんの家のように落ち着き、“また帰りたくなる”、そんな不思議な魅力があります。

お店の奥にはこたつとLED暖炉がある部屋が。寒い日も、この空間には暖かくゆったりとした時間が流れます。

座敷スペースにはこたつ席も用意しています。和とくつろぎの空間を一番楽しめる、冬に人気の特等席です!

手作りの『ケーキセット』700円は、優雅なカフェタイムのお供におすすめ。ケーキのラインナップは、写真の『ロックチーズケーキ』のほかに『チョコブラウニー』『レモンケーキ』『チョコチップケーキ』など、数種類が不定期で入れ替わるので要チェック!

●詳しい記事はこちら!
古民家で靴工房を眺めながらカフェタイム

■DATA

イシヅカ靴店×靴屋カフェ

所在地
兵庫県姫路市網干区津市場439-1
電話番号
080-4239-9283
営業時間
11月~4月 13:00~18:00
5月~10月 13:00~21:00

4.プーティーカフェ<姫路市>

木の温かみがあふれる北欧ログハウスカフェ。

心落ち着く空間は薪ストーブのぬくもりに包まれています。

看板メニューは『石焼ナポリタン』700円(プラス50円でサラダ付き)。

加熱した陶器に入れるのが特徴で、食べ終わるまで熱々のまま。卵を少しずつ混ぜながら食べるもよし、カルボナーラのように最初に混ぜるもよし。最後にはおこげが楽しめます。

トッピングに『とろけるチーズ』や『スライストマト』なども用意。そのほかにも、カレーやミートボールカレー、焼きそばなど、石焼きのメニューが豊富です。

食後は、姫路では珍しいイタリアンコーヒーブランド「ラバッツァ」の豆で丁寧にいれた『ラバッツァコーヒー』を。

■DATA

プーティーカフェ

所在地
兵庫県姫路市広畑区西蒲田350-1
電話番号
079-230-0851
営業時間
8:00~19:00 LO.18:30

5.時のレストラン 野<姫路市>

雪彦山のふもとに静かにたたずむ「時のレストラン 野(の)」。自然に囲まれたロケーションにたたずみ、川の音や鳥のさえずり、四季折々の花が咲く庭など、自然を身近に感じることができます。

冬は薪ストーブのぬくもりの中で、ドリンクを片手に読書なんて素敵ですよね。席のすぐ横には手入れの行き届いたお庭が。みどりが美しい新緑のころや暖かい日には、テラス席で庭を眺めながら過ごすのもおすすめです。

旬の自家製野菜を中心とした『野ランチ』1,250円が人気。最近話題の高タンパクでヘルシーな鹿肉料理もついた、一風変わった“いなかごはん”が味わえます。

オーナーご夫婦が愛情を込めて作る料理は、一つひとつをじっくりと味わいたいような、手間暇のかかったものばかり。化学調味料は一切使わず、イリコやカツオ、昆布でしっかりとっただしや、大豆から自家栽培しているという自家製味噌を使うなど、材料から身体を気遣っています。

ランチは11:00~と13:00~の二部制。人気のため電話予約がおすすめ。

おやつも一から手作りにこだわっています。中でもファンが多いのが『よもぎ餅』250円。春に摘んで保存したよもぎを練り込んだおもちに、自家製のつぶあんをたっぷりと!よもぎのほろ苦さとあんこのほどよい甘さがマッチした一品です。

手作りおやつには、ほっとするあたたかいドリンクも一緒にいかが?ハンドドリップで淹れる『ホットコーヒー』250円や、さっぱりした甘酸っぱさと果肉の食感が楽しい『ホットオレンジ』250円など、ドリンクもリーズナブルな価格なのが嬉しいですね。日々のあわただしさを忘れさせてくれる、優しい一杯です。

●詳しい記事はこちら!
お庭と愛情たっぷりランチが楽しめるレストラン

■DATA

時のレストラン 野

所在地
兵庫県姫路市夢前町山之内戊134‐1
電話番号
080-2510-0014
営業時間
11:00~16:00
ランチ 11:00~14:00(なくなり次第終了)
※予約優先で、おおむね11:00~と13:00~の2部制
ティータイム 14:00~16:00

6.すうぷ<高砂市>

「訪れる日によって異なる味が楽しめる」と地元の人たちから人気を集めているスープカフェ「すうぷ」。

店内にはカウンター席6席のほかに、こたつを中央に配置した個室も1部屋あります。カウンター席はおひとり様も気軽に入りやすいと好評。一方こたつ席は、ゆったりくつろげてトークが弾む、とグループ客から人気です。

「すうぷ」のスープは専門店ならではの、豊富なバリエーションが自慢。かつおだしが利いたすまし汁やピリッと辛い韓国風、酸味がクセになるサンラータン、具材がゴロゴロ入ったポトフ、豆や野菜の食感が楽しめるミネストローネなど、味付けもテイストもさまざまです。

メニューは単品の『本日のスープ』と『週間スープ』、セットは『朝すうぷ』『昼すうぷ』のみ。どちらのセットメニューも『本日のスープ』か『週間スープ』からスープが選べます。

『朝すうぷ』600円は、トーストとサラダがセットに。 ※終日注文可能

メインのスープに主菜と副菜2品、ご飯が付く『昼すうぷ』900円は、ヘルシーかつ食べ応えがある人気セット!スープはもちろん、セットの総菜まで栄養バランスを考えられていて、特に地元の女性客の心を掴んでいます。

『昼すうぷ』は900円で、スープの単品は400円でお持ち帰りができます。日中は忙しくて「すうぷ」に足を運べなかった人も是非一度利用してみては?

●詳しい記事はこちら!
日替わりの具だくさんスープをモーニングとランチで!スープカフェ

■DATA

すうぷ

所在地
兵庫県高砂市高砂町細工町1351 YMコーポ101
電話番号
080-4649-0070
営業時間
10:00~15:00

7.cafe dandan(カフェ ダンダン)<加西市>

店のシンボルマークでもある薪ストーブ。

ワインレッド色はオーナーのこだわり。寒い冬でも体の芯から温まりそうですね。

温室エリアは大きな窓から日光がたっぷりと注ぎ込みます。天気が良い日中は、太陽の光を浴びて、自然を眺めながらまったりとした時間を過ごすのもいいかも。

ほっと一息つきたいときは、『自家製チーズケーキセット』680円で。旬の素材などを使った6種のチーズケーキ(日替わり)を用意しています。

●詳しい記事はこちら!
のどかな自然に囲まれたこだわりカフェ♪キッズスペースも

■DATA

cafe dandan

所在地
兵庫県加西市段下町171-3
電話番号
0790-48-8801
営業時間
9:00~15:00

8.ギャラリー&カフェテラス驟(しゅう)<三木市>

建築業を営むオーナーが「すてきな人、もの、時間とのであいの場になれば…」という思いを込めてつくったカフェテラス。

寒くなってくると、薪ストーブに火を入れて店内を暖めます。
ゆらぐ炎を眺めているだけでも、ほっこりと癒やされます。

カウンター席の奥には和の間が。


座敷にはこたつを用意。話に花が咲き、和やかな時間を過ごせそうですね。

おすすめのメニューは、『スティックパイ』210円。レーズンペーストをサンドしたパイをトーストで少し焼いてサクサクに。ピリッとショウガが香るすっきりした後味のホットドリンク『檸檬(れもん)と生姜のハーブティー』250円と一緒に味わって。

■DATA

ギャラリー&カフェテラス驟(しゅう)

所在地
兵庫県三木市与呂木628
電話番号
0794-83-5567
営業時間
10:00~17:00
※ギャラリーで展示がない日は16:00まで

9.ニングルの丘<小野市>

小野平野を見下ろす小高い丘の上に、草木や花々に囲まれてぽつんと建つ「ニングルの丘」。煙突がある三角の赤い屋根と妖精が目印のメルヘンチックなレストランです。

自然豊かな庭を眺望できる大きな窓から、やさしい光が差し込む明るい店内。壁紙からシャンデリア、小さな小物や置物まですべてがキュートな雰囲気で統一されています。

冬は、本格薪ストーブが部屋の中を暖めます。メルヘンなお店の雰囲気にもぴったり!

ランチは完全予約制で『おまかせランチ』1,100円の1種のみ。前菜、小鉢、サラダ、スープ、メイン、ライス、食後のコーヒーとデザートをお客さんの食事のペースに合わせて提供してくれます。

ランチのメインはボリューム満点のお肉料理!取材日のメインは“ネギと大葉、大根おろしの和風ハンバーグ”。ジューシーでやわらかなハンバーグは老若男女問わず人気の一品です。

お肉が苦手な人は、メインを魚料理に変更することもできるので、電話予約の際に相談を。

料理を堪能したあとは食後のコーヒーと手作りの日替わりデザートで、ほっと一息。

高台に一人美しく佇むのは、リピーターのお客さんの中で言わずと知れた存在のマリア像。「マリア様に願い事をすると叶った」という声も少なくないんだとか。

まるで絵本の世界を切り取ったような風景が広がる「ニングルの丘」で、身も心も満たされる至福のひと時を過ごしませんか?

●詳しい記事はこちら!
妖精が住むレストラン 完全予約制のランチに驚き!

■DATA

ニングルの丘

所在地
兵庫県小野市昭和町458-313
電話番号
090-5060-3778
営業時間
9:30-夕方頃

10.エルリストン<稲美町>

フィンランドの木材を使って建てられたログハウスが目印のスープ専門店「El・Liston(エルリストン)」。

木の温かみと香りに包まれる店内には、薪ストーブが。夜のログハウスは、ダウンライトの調光を少し落とし、ムーディーな雰囲気の中、暖と食事を楽しむことができます。寒い季節限定とあって、12月から3月はディナータイムにお客さんが増え、閉店時間も20時までに延長しています。

手作りにこだわり、身体にやさしい無添加の食材を使って作られるスープは、日によって内容が変わります。どのスープも地元稲美町の朝採れ野菜をふんだんに使い、最小限の調味料のみで味付け。素材本来の味が引き立ち、優しい味わいです。

スープやポタージュのセットは新鮮野菜のサラダと、オーナー手作りのベーグルサンド付き。

寒い冬には、濃厚なチョコレートがとろ~りと溶け出す『フォンダンショコラ』640円がおすすめ。自家製イチゴソースとあわせて食べると、甘酸っぱいハーモニーが口の中で広がります。

■DATA

El・Liston(エルリストン)

所在地
兵庫県加古郡稲美町国安1-1
電話番号
079-440-1130
営業時間
4月~11月 8:00~18:00
12月~3月 8:00~20:00 

11.mOkU×mOkU(もくもく)<佐用町>

建築のプロのオーナーによって改装された古民家カフェ「mOkU×mOkU(もくもく)」。

築120年の古民家の歴史と情緒が残りつつも、和モダンな雰囲気が楽しめる店内。まるで時が止まったかのような懐かさを感じる囲炉裏もあります。寒い時期にはこの囲炉裏が暖めてくれます。

店内の一角には、囲炉裏とともに冬に大活躍する薪ストーブが。その他にも店内のいたるところに、趣のある和食器やレトロな雑貨など、オーナーの趣味やこだわりが満載です。

“和洋折衷”を意識した添え野菜や小鉢などの6品が楽しめる『週替わりランチ』は1,600円。地産地消の食材にこだわり、味噌汁には地元の特産品のみそを使用。素材そのもののおいしさが楽しめるように、どの料理もシンプルな味付けにしています。

ランチにプラス200円で、日替わりの自家製スイーツとドリンクがセットに。

本日のケーキと季節のフルーツ、スイーツ1品を盛り付けた『ケーキプレートセット』900円は人気メニュー。和モダンな空間で過ごすティータイムは格別!

土日祝のみ営業している「mOkU×mOkU(もくもく)」の絶品ランチと癒しの空間を求めに、週末は佐用町に足を運んでみてはいかが。

●詳しい情報はこちら!
築120年の古民家を現代風に大改装!話題の古民家カフェ

■DATA

古民家カフェmOkU×mOkU(もくもく)

所在地
兵庫県佐用郡佐用町弦谷240
電話番号
070-2311-3636
営業時間
(土)・日・祝 ※土曜日は不定期 9:00~17:00/ランチタイム 11:30~14:00

掲載内容は2019年1月15日時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP