兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.7.14
278,883 views

年に一度の絶景スポット!兵庫県のひまわり畑11選!気になる見頃も紹介♪(2022)

夏の風物詩といえばひまわり。兵庫県内でひまわりが楽しめる定番名所、佐用町「南光ひまわり畑」のほか、淡路や神戸にある穴場スポットなど全11カ所をピックアップしました。ひまわりと一緒に写真を撮ることはもちろん、各スポットで開催される楽しいイベント情報もチェックしてみて。

1.木津ひまわり畑<赤穂市>

●見ごろ 8月1日~お盆ごろ
●品種 ハイブリッドサンフラワー

地域の美観を高めようと10年ほど前から休耕田にひまわりを咲かせている「木津ふれあい農園」。市内外の人とのふれあいを目的として自治会やサポーター等が協力し、ひまわりと約7,000株のトウモロコシを栽培しています。こじんまりとした穴場的ひまわり畑で、手作り感が魅力です。

ひまわり畑のすぐ横の畑では、大人も子どもも楽しめる「とうもろこしもぎ取り体験(1本100円)」ができます。開催日時は、7月18日(日)から8月1日(日)までの毎日曜日9:00~11:00、最終日の8月1日のみ13:00まで行っています。(予約不要)

お盆以降はひまわりを切り花にして持ち帰ることもできます。ひまわりがなくなり次第終了するため、問い合わせてからのおでかけがおすすめ。

■DATA

木津ひまわり畑

所在地
兵庫県赤穂市木津1559
電話番号
木津ふれあい農園:090-1594-9168

2.南光ひまわり畑<佐用町>

●見ごろ 7月中旬~8月上旬
●本数 約69万本
●品種 P63HE60

2022年で33年目を迎える「南光ひまわり畑」。佐用町南光地域では、町内3地区で時期・地区をずらして栽培。西日本最大級の合計約14ヘクタールの敷地に約69万本のひまわりが開花します。

2022年 佐用町のひまわり畑情報

地区名

栽培面積
ha

栽培本数

開園予定日

所在地

東徳久

4.3

約22万本

7月16日から約1週間

林崎839
(南光スポーツ公園周辺)

林崎

6.6

約33万本

7月24日から約1週間

林崎839
(南光スポーツ公園周辺)

漆野・本村

2.8

約14万本

8月1日頃から約1週間

漆野48-2
(漆野公民館)

合計

13.7

約69万本

例年行われている南光スポーツ公園周辺でのイベント「佐用町南光ひまわり祭り」も。2022年は7月16日から7月31日までの16日間、開催予定です。7月31日(日)の20:00からは花火の打ち上げを行います。東徳久地区ではひまわりの迷路で遊んだり、世界のひまわりを見比べたり、新しい楽しみ方で夏の風物詩を満喫できます。

ひまわりの開花情報や祭りの詳細は、佐用町役場公式HPにて確認を。➡︎佐用町役場 公式HP

ひまわりが咲き終わって約1カ月後に種を収穫し、「南光ひまわり館」では無農薬のひまわりの種を搾って作る「ひまわり油」を特産品として販売。オレイン酸やビタミンEが豊富で人気を集めています。➡︎南光ひまわり館 公式HP

■DATA

佐用町南光ひまわり畑

所在地
兵庫県佐用郡佐用町林崎・東徳久・漆野(本村)
電話番号
0790-82-2521

3.ヨーデルの森<神河町>

●見ごろ 8月上旬~中旬
●本数 約5000本
●品種 ロシアひまわり、太陽

子どもから大人まで楽しめるアトラクションが満載の「ヨーデルの森」。自然いっぱいの園内は時間がゆっくり流れます。

畑では、草丈が2m以上に成長する「ロシアひまわり」と草丈が160cm以上の「太陽」を栽培。花径はロシアひまわりが約25cm、太陽が20cmと大きな一輪を咲かせます。

四季折々で楽しめる花畑では春はチューリップ・菜の花・ネモフィラ、秋になるとコスモスやセージなどが咲き乱れます。詳しくは詳細記事でチェックして。

➡︎「ヨーデルの森」の詳細記事はこちら

■DATA

神崎農村公園 ヨーデルの森

所在地
兵庫県神崎郡神河町猪篠1868
電話番号
0790-32-2911
営業時間
平日/10:00〜17:00
土日祝・春休み・GW・お盆期間/9:30〜17:00
(12月~2月)10:00~16:30
BBQサイトは土日祝のみ営業


4.ひまわりの丘公園 ひまわり畑<小野市>

●見ごろ 7月中旬~下旬
●本数 約50万本
●品種 ハイブリッドサンフラワーなど

その名の通り、夏になるとひまわりが一面に咲き乱れる「ひまわりの丘公園」。約3.4ヘクタールの広大な敷地に咲くひまわりは、その数約50万本。

ひまわりの開花情報は小野市公式HPで更新しているのでチェックして。➡︎小野市 公式HP

主に植えられているのは、茎がしっかりとした「ハイブリッドサンフラワー」。草丈高いもので150cmまで成長し、大型の花を咲かせることで知られています。ひまわり畑の中に設置されたベンチは、ひまわりに囲まれて写真を撮ることができるインスタ映えスポット。あらゆる場所に設置されているので、好きなアングルを探してみて。

敷地内には、公園のシンボル「ひまわりの塔」や大型遊具がある「わんぱく広場」、小野市の特産品が購入できる「サンパティオおの」などがあり、子連れでも一日中楽しめますよ。

■DATA

ひまわりの丘公園

所在地
兵庫県小野市浄谷町1545-321
電話番号
兵庫県小野市 地域振興部産業創造課:0794-63-1000

5.ひまわり柚遊 (ゆうゆう) 農園<丹波市>

●見ごろ(開園期間) 7月下旬~8月初旬
●本数 約40万本
●品種 ハイブリッドサンフラワー

丹波市春日町柚津(ゆず)にあるひまわり園「ひまわり柚遊(ゆうゆう)農園」。7ヘクタールの敷地に約40万本のひまわりが夏空に咲き誇ります。

開園期間は7月24日(日)〜8月7日(日) 。ひまわり畑を散策できることはもちろん、ひまわりを自由に摘み取れる「ひまわり狩り」やスタンプラリーが楽しめる「ひまわり迷路」は、子どもたちに大人気!スタンプラリー完走者にはうれしいプレゼントもあります。

見渡す限り広がるひまわり畑を満喫して、夏の思い出をつくりませんか。

■DATA

ひまわり柚遊農園

所在地
兵庫県丹波市春日町柚津
電話番号
丹波市観光情報センター「丹波ええとこナビ」:0795-70-3501

6.たんとう花公園<豊岡市>

●見ごろ(開園期間) 8月上旬~8月中旬
●本数 約50万本
●品種 ロシアひまわり

約1.4ヘクタールの甲子園球場ほどの敷地に、約50万本のひまわりが咲き誇る「たんとう花公園」。一面に黄色い絨毯(じゅうたん)のような景色が広がります。なんといっても、ひまわりを摘み取って持ち帰れるのが魅力!摘み取り用のハサミや持ち帰り用の袋を持参して。

毎年開花するのは「ロシアひまわり」という品種。通常2mほどの高さに成長するひまわりですが、同公園では高密度にまいているので小ぶりで持ち帰りやすいサイズに。

敷地内には「ホワイトコーンのもぎ取り園」もあり、1本300円でもぎ取り体験ができます。もぎたてのホワイトコーンは糖度18度!フルーツほどの甘さだとか。数に限りがあるので、開園情報と合わせて問い合わせてから訪ねてみて。

■DATA

たんとう花公園

所在地
兵庫県豊岡市但東町畑山
電話番号
但東シルクロード観光協会:0796-54-0500
営業時間
9:00〜16:00

 

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年7月11日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP