兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]

【姫路駅周辺】地元民がおすすめする!人気のご当地名物グルメ&スイーツ14選(マップ付)

姫路駅周辺で購入&食べられる姫路の名物グルメが集結!有名な老舗はもちろん地元の人しか知らないローカルな店も紹介します。コレを食べたらあなたも姫路が好きになるはず!

8.【姫路おでん】停主(ていしゅ)

おでんダネは店主自らが作っている野菜や地元の食材がメイン。中でもダシがよく染み込んだ厚みのあるダイコンと卵が人気。あまりのおいしさに、一度に何個も注文する人がいるほど。ほろほろとやわらかい国産牛肉の牛すじ串も外せません。もちっとなめらかな食感の厚揚げ豆腐も定番です。

おでんダネは各100~200円。常時12種類くらい置いています。

料理のお供、お酒にもこだわりが。蔵元・ワイナリーとコラボした自慢のオリジナル商品を用意しています。

店の前にある赤提灯と姫路城のコラボは絶好の撮影ポイント!
これからは忘・新年会シーズン。休日だけではなく平日も多くの人でにぎわうので、予約はお早めに。

本当は独り占めしたい、人に教えたいけれど教えたくない…。きっと特別な一軒になるはずです。

■DATA

停主

所在地
兵庫県姫路市本町68(白鷺49)
電話番号
079-222-8592
営業時間
18:00〜23:00

9.【アーモンドトースト】はまもと珈琲

『アーモンドトースト』単品450円 『はまもとブレンドコーヒー』430円

あまりのおいしさから、持ち帰り用のアーモンドバターを作ってほしい!と声が多く寄せられるそうですが、持ち帰り用は作らないというのが「はまもと珈琲」のポリシー。その理由は、味が落ちる原因にもなりかねない保存料の使用を控えるため。


おいしさの秘密はまずパンへのこだわりから。焼き上がりを急速冷凍することで水分をとじこめ、トーストしたときのモチモチッとした食感につなげます。
風味豊かなアーモンドプードルと、たっぷりのアーモンドダイスを混ぜたアーモンドバターをこんがりロースト。一度取り出してアーモンドスライスをのせます。それからさらにトーストすることでアーモンドスライスがパリッと軽い食感のアクセントに。

手間暇かけて焼いたアーモンドトーストはまさに絶品。店頭でしか味わえない、このおいしさをまだ知らない人はぜひお試しあれ!

創業43年、みゆき通りの商店街の一角にある「はまもと珈琲」。根強いファンが多く、コーヒーミルがずらりと並ぶその外観からもコーヒーへの人一倍強いこだわりがひしひしと感じられます。

アーモンドトーストは“秘密のケンミンショー”で紹介されて以来、瞬く間にその人気が全国へと広まりましたが、それよりさらに昔、大阪からのお客さんが姫路へ来る度にこのアーモンドトーストを目当てに「はまもと珈琲」に足繁く通っていたそう。

■DATA

はまもと珈琲

所在地
兵庫県姫路市二階町49
電話番号
079-282-2233
営業時間
7:00~18:00

■姫路のアーモンドトースト特集はこちら!
地元ライター厳選!姫路名物のアーモンドトーストが食べられる人気店11選

10.【えきそば】えきそば

『天ぷらえきそば』360円

姫路駅構内の「えきそば」では、和風だしのよい香りが漂い、お客さんのそばをすする音が響きます。
つるんとした喉ごしの中華麺にふわふわの天ぷらが載った『天ぷらえきそば』は、360円とリーズナブル。ほかには『きつねえきそば』360円や『とり天えきそば』450円などもあります。
地元姫路の人にとってはソウルフードとも呼ぶべきグルメです。

※2019年8月9日現在、改装工事中。お盆明け以降営業再開予定

明治21年の創業から地元に根ざした「まねき食品」が展開する「えきそば」。
終戦後何もない混乱期に、手に入りにくい小麦粉の替わりにこんにゃく粉とそば粉を混ぜたそばを販売。その後試行錯誤の末、昭和24年に中華麺に和風だしという一見ミスマッチの商品が生まれました。これが『えきそば』の誕生です。
現在ではメニューも増え、「えきそば」ファンをはじめ、忙しいビジネスマンや学生にも親しまれています。



■DATA

えきそば JR姫路駅在来線上り店

所在地
兵庫県姫路市駅前町188-11 JR姫路駅山陽本線上りホーム
電話番号
まねき食品総務部:079-224-0255
営業時間
6:00〜23:00

11.【シュウマイ】東来春

『シュウマイランチ』720円

持ち帰りでも大人気の手作りシュウマイは、具の9割が野菜で、隠し味のいりごまが味のバランスを整えています。もちもち食感の正体はメリケン粉。野菜の水分と合わさって特有の粘り気のあるシュウマイになります。

単品では5個入り360円。よく注文されるのが中華そばつきの定食『シュウマイランチ』です。創業時からの人気2トップ、シュウマイと中華そばが一度に味わえます。

趣のあるレトロな佇まいの「東来春」。入り口の色あせた赤いのれんが歴史の長さを思わせます。
中華食堂のため、ラーメンやシュウマイ、八宝菜など一品料理が充実しています。



■DATA

東来春(とんらいしゅん)

所在地
兵庫県姫路市西二階町111
電話番号
079-222-1570
営業時間
11:00~19:00 LO.18:50
※ランチは14:00まで

12.【穴子】あなご料理 柊

『穴子重』1,800円

その時期に最もおいしい脂ののった40~50cmの穴子を仕入れて、職人の手でじっくりと炭火で焼いています。背を焼いてから腹を焼くときにたっぷりとつけるのは秘伝のタレ。この味が忘れられない、とタレだけを注文する人がいるほどのおいしさです。

『穴子づくし御膳』3,000円

ランチメニューで人気なのが、『穴子づくし御膳』。穴子の刺身、山椒煮、焼き穴子、蒸し穴子、穴子のだし巻き、酢の物、天ぷらなど、さまざまな料理が楽しめるメニューです。あれもこれも食べたいかたにおすすめ!

播磨灘でとれる「伝助穴子」は普通のサイズの3倍から4倍の大きさが特徴。「あなご料理 柊」では新鮮な「伝助穴子」を提供しています。

■DATA

あなご料理 柊 (ひいらぎ)

所在地
兵庫県姫路市十二所前町88
電話番号
079-284-1239
営業時間
ランチ 11:00~14:00(LO13:30)
ディナー 17:00~22:00(LO21:00)

13.【しらす丼】天晴水産 せとの家

『しらす丼』(中)648円

11:00〜17:00は海鮮食堂として定食や丼、小鉢などを楽しむことができ、17:00以降は海鮮居酒屋としてにぎわいます。
名物の『しらす丼』は、釜揚げしらすがたっぷり載ったぜいたくな一品。ゆでたてのしらすはふわふわで、ほどよい塩味が食欲をかきたてます。
ほかにも、とれたての魚をその場で調理した『海鮮丼』1,188円や希少価値の高い焼き穴子がのった『穴子丼』972円などが人気です。

姫路駅からすぐのグランフェスタ地下街にある「せとの家」は、播磨灘に浮かぶ家島群島のひとつ、坊勢(ぼうぜ)島で50年以上も魚の卸業を営む「天晴(あっぱれ)水産」の直営店。
播磨灘でとれる旬の新鮮な海の幸を、駅地下で手軽にいただくことができます。

■DATA

天晴水産 せとの家

所在地
兵庫県姫路市駅前町188-1 フェスタビルB1F グランフェスタ6番街 
電話番号
079-262-6780
営業時間
11:00~23:00
(LO.食事22:00 ドリンク22:30)

14.【ちぃかまどっぐ】ヤマサ蒲鉾

『さっちゃんのちぃかまどっぐ』150円

番外編は、創業100年以上の歴史を誇る姫路の老舗「ヤマサ蒲鉾」の人気商品を紹介。チーズをたっぷり練りこんだかまぼこを甘めのふんわり生地で包み、カラッふわっと揚げた『さっちゃんのちぃかまどっぐ』が看板商品です。

生地の甘みとチーズかまぼこのほんのり塩味が絶妙。チーズハットグと食べ比べるのもおすすめです。

JR・山陽姫路駅から大手前通りに沿って歩くと看板娘「さっちゃん」がちぃかまどっぐを片手にお出迎え。実はさっちゃんの足元が串入れ箱になっています。食べ終えたら串は串入れへ。

ちぃかまどっぐは「山陽百貨店 地下食品売場」、「かまぼこ工房 夢鮮館」でも販売しています。

●春は芝桜のシーズン!インスタ映えする絶景の紹介記事はこちら!
⇨4月13日から無料開放!姫路の花の名所「ヤマサの芝桜」インスタ映えスポット(2019)

■DATA

ヤマサ蒲鉾 大手前店

所在地
兵庫県姫路市二階町60番地
電話番号
079-225-0033
営業時間
9:30~19:00

 

掲載内容は2019年8月8日時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP