兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2017.12.18
638 views 1 チョイス

【姫路駅周辺】姫路名物!姫路おでんと地酒が堪能できるおすすめの人気店4選

観光で姫路に訪れたら、一度は味わってほしい姫路のご当地グルメ「姫路おでん」。生姜醤油につけて食べるおでんのことを「姫路おでん」と呼びます。姫路駅周辺のおいしい姫路おでんが食べられる人気店を、4店舗ご紹介します。播磨地域の地酒を片手に、アツアツおでん頬張りませんか?

1.おでん処 能古

ビブグルマンに選ばれた「ミシュランガイド2016」掲載店

JR・山陽姫路駅から北へ約5分歩いたところにある、和の雰囲気がただようおでんの老舗「能古」。

入り口の暖簾(のれん)をくぐると、だしのいい香りと共に若女将が笑顔で出迎えてくれます。

おでんの具材は約30種類(200円〜)。播磨灘産のタコや姫路れんこんなど、地元の食材を使っています。
黄金色に輝く自慢のだしは、創業から変わらないやさしい味。カツオとこんぶからとった関西風のだしはあっさりしていて、具材を食べ切った後に飲み干せるほど。

姫路おでんの特徴でもあるしょうが醤油は、だしで割って別皿で提供。好みのタイミングでつけていただきます。だしが染み込んだ『だいこん』はシャキシャキのネギと一緒に。刺身でも食べられる『たこ』は、プリプリの食感です。

ほかにも姫路では珍しい『赤こんにゃく』や、ベーコンが入った『はくさい巻き』も人気!季節によって旬の具材が登場します。

一口で食べきれないものは切ってくれるなど、若女将の心遣いにもほっこり。

お酒の種類が豊富なのも魅力。姫路の地酒は壺阪酒造の「奥播磨」や下村酒造の「雪彦山」、兵庫県以外の地酒や焼酎も用意しています。

帰省で立ち寄る人や接待などで利用する常連客も多いそう。お子様連れでは入店できませんが、ゆっくりおでんを楽しみたい人はぜひ。一度は訪れたい大人の名店です。

■DATA

おでん処 能古

住所
兵庫県姫路市白銀町107 白銀ビル1F
電話番号
079-284-7345
営業時間
17:00~22:00(予約は19:00まで)
※おでんがなくなり次第終了
定休日
日曜・祝日

楽歳

ツンとショウガがきいた姫路おでんは地酒の冷酒と相性抜群!

JR姫路駅から徒歩3分、江戸時代の町家をイメージした外観や内装が目を引く「楽歳 駅北店」。

ひねぽんや姫路れんこんなど姫路名物のメニューが並ぶ中、やっぱり外せないのが『姫路おでん』600円。

ずっしり大きい大根にこんにゃく、厚揚げ、ちくわ、ごぼう天の5ダネ。こんぶとカツオからとったダシにつけて一晩ねかした京風おでんです。仕上げにたっぷりとかけるしょうが醤油は、ショウガに合うようにブレンドされた醤油の甘さとツンとしたショウガの風味のバランスがよく、ダシがよく染み込んだタネとよく合う!トッピングのネギのちょっとした苦さもアクセントになってGOOD。

5ダネ全部がおいしいのですが、特に注目してほしいのが厚揚げ!豆腐店から取り寄せている絹豆腐の厚揚げで、箸で持ち上げたときのぷるぷる感がきめ細やかさの証。食感はとてもなめらかでフワフワとろとろ。口の中でとろけます。

「姫路おでんのお供にはぜひ地酒の冷酒を!」とは同店のオーナー。8種類の播磨の地酒がラインアップ。ショウガがきいた姫路おでんはちょっと癖のあるお酒との相性がよいのだとか。

姫路おでんは駅南店、別館でも楽しめます。

■DATA

楽歳 駅北店

住所
兵庫県姫路市駅前町294(パステルおみぞ内)
電話番号
079-288-8890
営業時間
平日 16:00~24:00
土・日曜 12:00~24:00
定休日
なし

3.停主

世界文化遺産・国宝姫路城のお膝元 老舗の“染みウマ”おでん

地元の人はもちろん観光客にも一目置かれ、足しげく通う有名人も少なくないという「停主」。

今の場所、世界文化遺産・国宝姫路城のお膝元に店を構えてから、今年で57年目。現在の店主は二代目で、一代目のころは姫路市市民会館の近くでお店を営んでいたそう。親子代々、おでんを作り続けて60年以上にもなる老舗です。

店内の壁には有名人のサインがたくさん貼られています。俳優やアーティスト、スポーツ選手などなど…姫路おでんデビューを同店で果たす人も多い様子。

座敷には冬になると囲炉裏が登場。足をくずしてくつろげる居心地のよさに、つい長居してしまいそう。カウンター席も数席あります。

「こんなにおいしいおでんは食べたことがない!」と惚れ込んでしまう停主の『姫路おでん』。甘めのダシはとにかく濃くて、提供する直前にしょうが醤油をかけたときに甘さと辛さがちょうどいい加減になるように調整されています。

おでんダネは店主自らが作っている野菜や地元の食材がメイン。中でもダシがよく染み込んだ厚みのあるダイコンと卵が人気。あまりのおいしさに、一度に何個も注文する人がいるほど。ほろほろとやわらかい国産牛肉の牛すじ串も外せません。もちっとなめらかな食感の厚揚げ豆腐も定番です。

おでんダネは各100~200円。常時12種類くらい置いています。

停主といえば、充実した鳥料理も忘れてはいけません。播州赤どりを使った『ひねぽん』1,000円や、1羽から1個しか取れない希少な部位『まつば』1個200円、抹茶塩でいただく『なんこつ』600円など、鶏のおいしさをいろいろな角度から楽しめるメニューがそろっています。

また、真アナゴを使う店として明石浦漁業協会組合から認められている同店。地物天然穴子を使った『穴子丼』1,450円も一押しです。

料理のお供、お酒にもこだわりが。蔵元・ワイナリーとコラボした自慢のオリジナル商品を用意しています。

店の前にある赤提灯と姫路城のコラボは絶好の撮影ポイント!
これからは忘・新年会シーズン。休日だけではなく平日も多くの人でにぎわうので、予約はお早めに。

本当は独り占めしたい、人に教えたいけれど教えたくない…。きっと特別な一軒になるはずです。

■DATA

停主

住所
兵庫県姫路市本町68
電話番号
079-222-8592
営業時間
18:00〜23:00
定休日
月曜日

4.姫路の地酒と姫路おでん本舗

地元の魅力が詰まったこだわり姫路おでんが人気!

JR姫路駅中央コンコース改札口から歩いて30秒。ピオレ姫路おみやげ館内にある播州うまいもん処には、ご当地グルメを提供する5つの店舗が集結しています。

その1店舗が「姫路の地酒と姫路おでん本舗」。フードコート(約120席)になっていて、スペースもゆったり。荷物が多かったり、ベビーカーがあったりしても、気軽に立ち寄れるスポットです。

『姫路おでん本舗5品盛り』500円は好きなタネを5種類選べるメニュー。人気は地元食材・姫路レンコンのシャキシャキ感が癖になる『かんべえレンコン棒』や姫路城をかたどった『お城こんにゃく』。こんにゃくの鯱(しゃちほこ)部分は初めからあったのではなく、改良して今の形になったそうです。

タネを付けるしょうが醤油のショウガは市川町の白井ファームのものを使用。味はしっかりめで、おでんの和風ダシに負けることなく口の中で主張し、思わず「ザ・姫路おでん!」と言ってしまいそう。

「お任せで!」と注文すればその日のおすすめダネを入れてくれるので、どれにしようか迷ったときは試してみて。

単品でも注文可能で、タネは100円、150円、200円のいずれか。定番の大根や卵、ちくわなど全部で20種類以上そろっていて、季節によって旬のものも登場します。

8月からメニューに加わった『姫路おでんしょうちゃん串』は、その名の通り姫路おでんのキャラクター「しょうちゃん」をイメージ。上からお城こんにゃく、大根、ごぼう天で、1本200円。思わず写真を撮りたくなるキュートなフォルムとほどよいボリューム感が好評です。

その他に、姫路おでんにご飯と漬物が付いた定食や、姫路おでんうどん・ラーメンなどちょっと珍しい商品も。家島坊勢でとれたハモなど新鮮な海の幸が堪能できる海鮮おでんも捨てがたいですね。

姫路おでんと一緒に楽しみたいのが、姫路の銘酒地酒7蔵の日本酒が飲み比べできる『姫路の地酒のみ比べセット』(3種)800円。辛い、フルーティー、などスタッフが好みを聞き、その人に合った日本酒をセレクトしてくれます。

姫路おでんのレトルトや姫路おでんケーキなど、おみやげにぴったりの商品も販売。観光で姫路名物を食べたいときや、市外や県外から来る人へのおもてなしに、いかがですか。

■DATA

姫路の地酒と姫路おでん本舗

住所
兵庫県姫路市駅前町188-1(ピオレ姫路おみやげ館内)
電話番号
079-284-6677
営業時間
11:00〜21:30(LO.21:00)

掲載内容は2017年11月16日時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP