兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.8.21
104,351 views

【姫路ランチ6選】人気店の本当においしい絶品ランチを紹介!和食・洋食・フレンチ・中華など

3,000店以上もの飲食店でにぎわう姫路市。地元のグルメな50人に聞いた、忖度なしで“本当においしいランチ”が味わえる人気店をセレクトしました。味はもちろん、料理のビジュアルや店内の雰囲気作りまでこだわったお店が盛りだくさん。デートや子連れの人にぴったりの個室完備のお店など、かゆいところに手が届く情報も紹介♪実際にお店に足を運んだ、ライターの生の声にも注目です!

 

1.洋食屋 料理番<洋食>

工夫を凝らした色鮮やかな日替わりランチが人気

『本日のフライパンランチ』1,450円
※限定30食

季節感を大切に丁寧に調理されたメニューが自慢。ランチの中でも、2種の肉料理が味わえる『本日のフライパンランチ』が1番人気です。取材日のメインは、天草ポークの冷しゃぶのせハンバーグ。肉汁がじゅわ〜っとあふれるハンバーグの上に、さっぱり味わえる冷しゃぶをのせたボリューミーなメニューです。色鮮やかな副菜やサラダには、地元農家から仕入れる新鮮な野菜を使用。肉料理とのバランスを考え、素材の味を引き出したシンプルな味付けに仕上げています。

『本日のお魚ランチ』1,650円

女性に人気の魚介を使ったランチ。取材日は、鯛の白ワイン蒸しがメインでした。毎朝仕入れる新鮮な鯛を使っているので、身はふっくらしっとり。手作りのカニクリームコロッケ、大ぶりなエビフライ、創作オードブルなど、工夫を凝らした洋食が一皿で存分に楽しめます。

日替わりランチはそれぞれ、スープ・サラダ・パンorライス付き。パンにもこだわり、姫路のパン屋「はっくるべりー」のロールパン、「マナレイア」のバゲットを提供しています。

シェフの自信作の前菜がちょっとずつ味わえる『本日のプティオードブルセット』(660円)のほか、『本日のデザートセット(ドリンク付き)』(750円)などのセットメニューもあるので、シーンに合わせてセレクトしてみて。

老舗ホテルで修行を積んだシェフが提供する洋食は、子どもから大人まで人気!友人や家族で訪れるのはもちろん、カップルで記念日をお祝いするなど、幅広いシーンで利用できます。ランチタイムは混み合うことがあるので、事前予約がおすすめ。オープン直後の早めの時間が狙い目です。

デザートメニューあり/キッズメニューなし/テイクアウトあり
個室なし/ペット不可/駐車場あり

★ライターの一言コメント
一皿でいろんな洋食が味わえて、食べるのが楽しくなる料理の数々でした。兵庫県産の食材を使うこだわりもあり、シェフの地元愛を感じます。コスパ抜群なので、セットメニューを付けるのがおすすめです。

■DATA

洋食屋 料理番

所在地
兵庫県姫路市中地283-2
電話番号
079-293-6323
営業時間
ランチ/11:00~15:00(L.O.14:00)
ディナー/18:00~22:00(L.O.21:00)

2.倭風酔(わふうすい)<和食>

自然薯料理専門店で身体よろこぶランチに舌鼓

『倭(とろろづくし御膳)』2,200円

県内では珍しい自然薯料理専門店で、とろろ料理を味わい尽くせる御膳はいかが。農家さんから直接仕入れる自然薯をたっぷり使った料理がずらりと並びます。

カツオと昆布の一番だしを効かせたとろろは、粘り強く濃厚な味わい。山野に自生する自然薯はよく知られる長芋や山芋とは違って、栄養価が高く、うま味も風味も桁違いです。熱々炊き立ての雑穀ご飯にたっぷりかけて召し上がれ。

御膳には、自然薯豆腐や自然薯短冊、マグロ山かけなど、創作メニューの数々も。なかでも、季節の揚げとろろは、ふんわりねっとりとした食感が一度食べるとクセになりそう。自然派の食材や調味料にとことんこだわり、ドレッシングやソースまで手作りです。素材本来の滋味深い味わいを堪能して。

『山芋で作ったコロッケ』290円
※自然薯など材料の品薄により提供休止中。
2022年秋頃再販予定

丹波市で作られているつくね芋を使ったコロッケも絶品。単品で追加注文する人もいるほどの人気メニューです。外はサクサク、中はほくほくねっとりで食感も楽しい一品。お腹と相談しながらぜひ注文を。

創業20周年を迎える「倭風酔(わふうすい)」。子どもからお年寄りまで、幅広い世代のリピーターが訪れています。子ども向けのメニューや会席料理もあるので、お祝い事や法事で利用する人も多いそう。年に4回、季節の食材を使った御膳も登場するので、最新情報は公式HPをチェックして。➡︎公式HPはこちら

デザートメニューあり/キッズメニューあり/テイクアウトあり
個室は問い合わせ推奨/ペット不可/駐車場あり

★ライターの一言コメント
あまり食べる機会のない自然薯を味わい尽くせて、大満足のランチでした。さまざまな調理法で自然薯の良さが引き出されていて、リピーターが多いのも納得の味でした。ほっと落ち着く和空間で、ゆっくり和食を味わいたい人におすすめです。

■DATA

倭風酔(わふうすい)

所在地
兵庫県姫路市白浜町乙470−3
電話番号
079-246-1944
営業時間
ランチ/11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー/17:30~22:00(L.O.21:00)

3.豐韻(フェンユン)<中華>

コスパ良し!ボリューム満点の日替わり中華ランチ

『日替わり A(スープ・漬物付き)』850円

毎日異なる中華料理が味わえる日替わりランチ。『日替わりA』は、日替わりの料理に鶏の唐揚げ、ご飯がセットになったメニューです。

取材日は、牛肉と絹さやのあんかけ焼きそば。高温で炒めた牛肉とシャキシャキ野菜、香ばしく焼いた中華そばが相性抜群!野菜は季節によって、自家菜園でとれる旬の野菜を使用することもあるそう。カラッと揚げた唐揚げは、隠れた人気メニュー。しっかりと味が染み込んでいてご飯が進みます。ご飯は大盛り・おかわりが自由!お腹も心も満たされるランチです。

『日替わり B』850円

麺をたっぷり味わいたい人は『日替わり B』をチョイスして。取材日は、長崎風ちゃんぽんめんに、焼きめし。長崎風ちゃんぽんめんは、たっぷりの野菜ともっちりとした太麺がボリューム満点!鶏ガラベースのスープはコクがありながらも、最後まで飲み干せるほど後味スッキリです。香ばしい焼き飯も一緒にハフハフ頬張って。

家庭的な中華料理が味わえる「豐韻(フェンユン)」。毎日食べても飽きがこないような、日本人になじみやすい味付けにこだわっています。日中は地元の人や常連客で賑わいアットホームな雰囲気。弁当やテイクアウトメニューもあるので、事前に電話予約しておくとスムーズに受け取れますよ。

デザートメニューあり/キッズメニューなし/テイクアウトあり
個室あり/ペット不可/駐車場あり(3台)
※1人で調理しているため、料理によって待ち時間や提供の時間が前後する場合があります

★ライターの一言コメント
日替わりAとBどちらもボリューム満点で、コスパ最高のランチでした。食が進む香ばしい味付けですが、しつこくないのでいくらでも食べられそうでした。気まぐれで日替わりCが登場するそうなので、出会えたらラッキーかも!?

■DATA

豐韻(フェンユン)

所在地
兵庫県姫路市豊沢町57
電話番号
079-288-4925
営業時間
11:30~14:00
17:00~21:00
※夜の営業は早めにクローズする場合があるので、電話で事前確認がベター


4.洋食屋ワタナベ<洋食>

時間をかけて煮込むデミグラスソースが自慢

『Wランチ』1,485円

洋食の王道が堪能できるボリューム満点のランチ。大ぶりなエビフライ、手ごねハンバーグ、濃厚なカニクリームコロッケ、スープ、ライスorパンがついた、お腹も大満足の内容です。味の決め手は、手間暇かけて仕込むデミグラスソース。野菜と肉のうま味を引き出すため、最低3日間かけて弱火でじっくりコトコト煮込んでいます。コクのあるソースをたっぷり絡めて味わって。

このほか、日替わりのメイン料理が登場する『日替わりランチ』(1,100円)や『オムライスランチ』(1,100円)など全4種類がラインアップ。ライス大盛り無料の嬉しいサービスもあります。

『ビーフカツレツ』1,760円
※数量限定のためなくなり次第終了

ピンクの断面がなんとも美しいビフカツは、昼夜問わず人気のメニュー。衣はカラッと、肉はミディアムレアに仕上がるように高温で揚げるのがポイントなのだとか。自家製のデミグラスソースが、やわらかくジューシーな牛肉のうま味を引き出します。料理は全て注文が入ってから手作りしているので、できたて熱々を召し上がれ。

神戸で人気の洋食屋で修行を積んだ店主が営む「洋食屋ワタナベ」。ウッド調の店内には大きな窓から陽の光が差し込み、温かみが感じられます。ランチタイムは女性のお客さんも多く、遠方から訪れるファンもいるのだとか。土日は行列ができることもあるので、平日が狙い目。席数が限られているので、早めの来店がおすすめです。

デザートメニューなし/キッズメニューなし/テイクアウトなし
個室なし/ペット不可/駐車場なし/ランチのみ予約不可
※1人で調理しているため、料理によって待ち時間や提供の時間が前後する場合があります

★ライターの一言コメント
デミグラスソースが何にでも合い、やみつきになるほど絶品。気づいたらペロリと完食していました。できたてを提供してもらえるのも嬉しいポイント。オーソドックスな洋食が食べたくなったら訪れたくなるお店です。

■DATA

洋食屋ワタナベ

所在地
兵庫県姫路市本町174 アネスティ7番館1F
電話番号
079-240-5076
営業時間
ランチ/11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー/18:00~21:00(L.O.20:00)
※ディナーは金土日のみ営業
※デミグラスソースがなくなり次第クローズ
2022年8月現在、ランチ営業のみ。ディナーは休業中のため、最新情報は公式Instagramにて確認を。

5.フレンチ食堂 Maman(ママン)<フレンチ>

普段着で気軽に楽しめるカジュアルフレンチ

『Aランチ』1,500円

メインを約10種類の欧風料理から選べる『Aランチ』。取材日は、シェフおすすめの牛肉の黒ビール煮込みをセレクトしました。国産牛のスネ肉を3時間じっくり煮込んでいるので、箸でもホロホロと崩れるほどやわらか。このほか、チキンやポーク、魚を使ったメニューもあるので、その日の気分で選べます。スープは、季節によって具材や温度が変わるのも楽しみの一つ。パンも自家製で、細部にまでこだわり抜かれたシェフの味を堪能できます。

あれもこれも食べたい人には、上記の内容に前菜のオードブルがついた『Bランチ』(1,750円)、オードブルに加えデザートがついた『Cランチ』(1,950円)もスタンバイしています。

『ママンのランチ』2,200円

季節によって変わるチキンと魚のWメイン料理に、オードブル、スイーツまでたっぷり楽しめるボリューム満点のランチも。取材時はのメインは、サクサクの衣をまとった鶏モモ肉と、コクのあるマスタードソースが相性抜群。サワラのムニエルに焦がしバターの香ばしい香り、レモンソースの爽やかな酸味が食欲をそそります。

3種類の前菜が楽しめるオードブルは、自家製ハム、キッシュなどシェフの気まぐれで内容が変わるそう。昼間からちょっとリッチにワインと味わうのも良さそうですね。

自家製スイーツが味わえるのも『ママンのランチ』人気の理由。約10種類のスイーツの中から好みのものを5つ選べます。ミニサイズでいろんな種類が味わえるのが嬉しいですね。

毎週木曜日はデザートサービスデー!『Cランチ』や『ママンのランチ』など対象のランチに限り、1種類1個ずつ全種セレクト可能です。全制覇する人も多いのだとか。※追加での注文不可

欧風家庭料理が味わえるアットホームなお店「フレンチ食堂 Maman(ママン)」。肩肘張らずに楽しめる、なじみやすいフレンチを提供するビストロです。子ども向けのメニューもあるので、子ども連れもOK。地元の人はもちろん、カップルからお年寄りまで老若男女が訪れています。席数に限りがあるので、ランチは事前予約がベストです。

デザートメニューあり/キッズメニューあり/テイクアウトあり(要事前予約)
個室なし/ペット不可/駐車場あり/ランチ予約可

★ライターの一言コメント
どれも繊細な味付けで、食べる度に思わず笑みがこぼれました。メニューが種類豊富なので、次はどれを食べようかな?と楽しみになります。リーズナブルに本格的なフレンチが味わえるので、毎日でも通いたくなりました。

■DATA

フレンチ食堂 Maman(ママン)

所在地
兵庫県姫路市飾西41-1
電話番号
079-268-7070
営業時間
11:00~14:30(L.O.13:30)
17:30~22:00(L.O.20:30)

6.野の葉<家庭料理>

心温まる手作りの家庭料理にほっこり

『さば梅干煮&生まぐろせせり定食』1,600円

食べたいものを組み合わせられる定食ランチ。魚の煮付けや刺身などのメインに、ミニ天ぷらやコロッケなどを組み合わせることができます。取材日はサバの梅干し煮に、マグロの刺身をチョイス。毎朝、中央卸売市場から仕入れる魚は新鮮そのもの。梅干しで炊いたサバの煮付けはクセもなく、リピーターが多い一品です。マグロのせせりと言われる希少部位の赤身は、さっぱりとしていてうま味が感じられます。

調味料にもこだわり、魚の煮付けには小豆島の「富士大(フジダイ)醤油」、そのほかの味付けには加西市の「高橋醤油」を使うなど、料理に合わせて2つの醤油を使い分けているそう。姫路の「手柄みりん」など、なるべく地元の調味料や食材を使用しています。

『エビマヨ定食』1,600円

食べ応えのある揚げ物の定食も。唐揚げやチキンカツなど定番メニューが並ぶ中、おすすめはエビマヨ。サクサクぷりぷりのエビフリットに、少し甘めでコクのあるソースがたっぷり。お好みでえびせんをソースに絡めながら味わって。小鉢には旬の食材を使用し、塩味や酸味などバランスを考えて日替わりで創作。どれもご飯が進む味付けなので、思わず“おかわり!”と叫んでしまいそう。

季節感あふれる食材をアレンジした家庭料理が味わえる「野の葉」。常連客の声からメニューが増え続けているそう。店内には生花を活け、壁掛けアートもシーズンによって変えているので、室内にいながらも季節感を感じられます。カウンター席もあり、おひとり様でも気軽に入店できますよ。臨時休業のスケジュールは、公式Instagramにて事前に確認を。➡︎公式Instagramはこちら

デザートメニューなし/キッズメニューなし/テイクアウトなし
個室なし/ペット不可/駐車場あり4台/ランチ予約可

★ライターの一言コメント
メインの料理だけでなく、小鉢の味付けも工夫されていて、こういう食べ方もあるんだ!と驚きました。実家のご飯を食べているような、どこか懐かしくほっとする味わいに、身も心もほぐれる時間を過ごせました。

■DATA

野の葉

所在地
兵庫県姫路市佃町38
電話番号
079-282-6221
営業時間
11:00~15:00(L.O.14:30)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年8月4日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP