兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2021.01.09
4,022 views

【姫路】レトロな空間「喫茶フリーダ」でスペシャルティコーヒーと自家製スイーツを

姫路市元塩町にある、どこか懐かしさを感じる空間が自慢の「喫茶フリーダ」。こだわりのスペシャルティコーヒーは、抽出過程も楽しめるサイフォン式で淹(い)れています。SNS映えするドリンクや自家製スイーツも要チェック。

レトロな空間に癒やされる「喫茶フリーダ」

JR姫路駅から北へ歩いて10分のところにある「喫茶フリーダ」。純喫茶を思わせる、レトロでゆったり落ち着ける空間が魅力です。若い人には新しく、年配の人には懐かしい雰囲気。幅広い世代に長く愛される店を目指し2020年3月にオープンしました。

店名の「フリーダ」は、店主が好きなメキシコの画家フリーダ・カーロが由来。彼女の力強い生き方に魅了されこの名を付けたそう。

趣あるレンガの壁や食器棚など、古い風合いを残しつつリノベーションしたクラシックな家具が並ぶ店内。BGMにはジャズやブルースなどのレコードが流れ、古き良き時代の面影を感じさせます。気兼ねなく訪れたくなる雰囲気で、お一人様タイムを満喫するお客さんも多いそう。

本棚には、7店舗の古本屋が選書した本がずらり。純文学、エッセイ、実用書、絵本などジャンルはさまざま。その場で読むこともでき、気に入れば購入することも可能です。

サイフォンで淹(い)れるスペシャルティコーヒー

コーヒーの抽出は、レトロな雰囲気を感じさせるサイフォン式です。フラスコの中で、湯がキラキラと揺れ動く様子を眺めているだけでもリラックス気分に。ふわっと広がる豊かな香りやスッキリとした味わいはサイフォン式ならでは。抽出温度が高く、熱々のコーヒーが飲めるのも魅力の1つです。

『フリーダブレンド』480

コーヒー豆は、名古屋市にあるコーヒー専門店「Coffee Kajita(カジタ)」から取り寄せるスペシャルティコーヒーを使用しています。店の雰囲気に合わせて作られたオリジナルブレンドは中煎(い)りで、苦味、酸味、甘味のバランスがとれたもの。複雑な舌触りで、コクと奥行きを感じる1杯です。酸味が苦手な人には、深煎りでエキゾチックなフレーバーが特徴の『ビターブレンド』(500円)もオススメです。

自家製スイーツやSNS映えドリンクも

『クリームソーダ』650

お客さんがSNSに投稿した写真がキッカケで人気に火がついた『クリームソーダ』。コロンと丸く、かわいらしいフォルムのグラスにたっぷり注がれたメロンソーダが、ノスタルジーを感じさせます。生クリームとアイスクリームを溶かしながら、クリーミーに変化する味わいを楽しんで。

『プリン』380

人気No.1スイーツは自家製のプリン。銀食器に盛り付けられた、昔ながらのビジュアルが乙女心をくすぐります。甘さひかえめでちょっぴり固め。ほろ苦いカラメルとの相性もバッチリです。

『チーズcake』420

コーヒーに合うよう試行錯誤を重ねたチーズケーキは、焼いているのにレアチーズケーキのような味と食感が特徴。酸味が効いた、ねっとり濃厚なクリームチーズを堪能できるスイーツです。好みでレモンシロップをかければ、甘さの中にレモンのほのかな苦味が心地よいアクセントに。

テイクアウトできるクッキーやパウンドケーキなどの焼き菓子もあります。家で気軽にカフェタイムを再現できるチャイブレンドの販売も。おうち時間のおともにピッタリですね。

昔懐かしい気分に浸りながら、のんびりしたひと時を過ごせる「喫茶フリーダ」。都会の喧騒を離れ、リラックスしてみては?

■詳細情報

■DATA

喫茶フリーダ

所在地
兵庫県姫路市元塩町73
営業時間
11:00~20:00(土日祝は19:00まで)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2020年12月16日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP