兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2023.11.4
17,440 views

【淡路】グランピングスポット5選!プールやサウナ付き、愛犬OKの注目スポットが続々オープン♪

アウトドア初心者でも気軽に楽しめると引き続き人気の高いグランピング。海や自然に囲まれた淡路島では、絶景を望む海岸沿いを中心にオシャレなグランピング施設やラグジュアリーなヴィラが続々とオープンしています。空調やフリーWifiなど、快適に過ごせる環境はもちろん、サウナやプールがプライベートな空間で利用できるなど、個性あふれる魅力的なスポットが満載。愛犬と一緒に泊まれる施設もあるので、家族みんなでグランピングデビューしてみては?

 

 

1.グランピングリゾートAwaji<淡路市>

全室オーシャンビュー!SNS映え間違いなしのカラフルなドーム型テントが魅力

淡路島の北部にあるドーム型グランピング施設「グランピングリゾートAwaji」。穏やかな紀淡海峡を臨む絶好のロケーションで、全室オーシャンビューの客室が魅力です。

神戸や大阪からも車で1時間圏内とアクセスも良好で、気軽にラグジュアリーなグランピング体験ができる注目のスポットです。

約2,900平方メートルの広大な敷地に立ち並ぶ、カラフルな7棟のドーム型テント。ひときわ目を引く赤や黄色のポップな色合いのテントは、インスタ映え間違いなしです。全室1棟貸し切り型で、各テントの外には個別のトイレ、シャワーブース、食事スペースを完備しているので、安心してプライベートな空間を過ごせます。

全室冷暖房付きで、冬季には薪ストーブも。タオルや歯ブラシ、ナイトウェア、スキンケア用品などのアメニティもあり、ワンランク上のホテルのようなサービスが自慢です。

デッキには、淡路島の真っ青な空と満天の星空を独り占めできる専用ジャグジーも。自然豊かな淡路島観光を満喫した後は、ゆっくり滞在を楽しんで。

ペットの同伴が可能なのもうれしいポイント!2023年7月には、愛犬と一緒に宿泊できる新エリア「ドッグテラス・プレミアム」がオープンしました。5棟ある新設ドームテントには専用のバスルームとバーベキュースペース、さらには宿泊者専用のドッグラン、アジリティ、足洗い場も完備されています。

食の宝庫、淡路島産の新鮮食材をふんだんに使用したバーベキュー付きのプランを用意。淡路牛、淡路ポークはもちろん、淡路島の特産品を使ったおしゃれな料理も並びます。食材が自由に持ち込める素泊まりプランもあるので、好みのスタイルをチョイスして。

無料で野菜がもらえる「島野菜マルシェ」は、他施設にはないとっておきのサービス。子どもと一緒に調理をすれば、バーベキューの席が盛り上がること間違いなし。

敷地内中央には、ソフトドリンクやアルコール、ご当地ドリンクなどが楽しめる「Cafe & Bar Awaji(カフェアンドバーアワジ)」があります。インスタ映えするハート形のプールは、宿泊者のみ利用可能。静かな夜の海を眺めながら優雅な時間が過ごせそう。

◇詳細情報
【料金】素泊まり12,320円~/1泊2食(BBQ込)22,770円~
【定員】スカイ・ガーデン<サンイエロー>4~5名/その他2~5名
【利用時間】チェックイン15:00/チェックアウト翌10:00
【予約】webのみ ➡︎専用予約サイトはこちら
【持ち込み】食材、飲み物持ち込み可
子連れ可/愛犬との宿泊可/サウナなし

■DATA

グランピングリゾート淡路

所在地
兵庫県淡路市岩屋2604
電話番号
0120-858-835
営業時間
電話受付時間/9:00~19:00
チェックイン/15:00~
チェックアウト/~10:00

2.GRAND CHARIOT(グランシャリオ)北斗七星135°<淡路市>

東経135度から満天の星を望む、淡路島のラグジュアリーヴィラ

神戸淡路鳴門自動車道・淡路ICより車で3分。広大な敷地を持つ兵庫県立淡路島公園内にあるラグジュアリーヴィラです。

神秘のエネルギーに満ちあふれるという東経135度に位置するこの施設。海を見下ろせる丘につくられたコクーン(客室)が並ぶ光景は、まるで外国の映画のワンシーンのよう。

木のぬくもりあふれる室内が魅力の部屋は全部で11種類。夜は明石海峡大橋を眺めることができる「星のコクーン」や、愛犬と一緒に泊まることができる「ドックコクーン」、子どもウケ間違いなしの「スライムのコクーン」「NARUTOルーム」「クレヨンしんちゃんルーム」や「ハローキティ 星のコクーン」など、シーンにあわせて選ぶことができます。

また全室ヒノキ風呂を完備。ヒノキの香りに包まれて癒やしのひとときを。

食事は東京ミッドタウンをはじめ、国内外に9店舗の店をもつ山下春幸氏が監修。淡路島の魅力あふれる食材を使った、ここでしか味わえない贅沢な料理が自慢です。

メニューは淡路ビーフや淡路島産のタマネギを使った「淡路ビーフ山海トマトすき焼き」、淡路島のブランド食材3年トラフグを使用した「淡路島フグ鍋」、淡路で採れた本真鯛、タコ、エビなど海鮮を満喫できる「淡路島の濃厚うに鍋」など、季節に合わせたメニューも用意されています。

夜は海からの風と星空に囲まれて、自然のパワーをもらえそう。天候が良ければ、北斗七星が眺められるとか。星空の下でとびきりのプライベートステイを楽しんで。

◇詳細情報
【料金】1名利用45,980円~
【定員】1~4名
【利用時間】チェックイン15:00/チェックアウト翌11:00
【予約】2日前までにweb ➡︎専用予約サイトはこちら
【持ち込み】レストランへは食材、飲み物持ち込み不可
子連れ可/愛犬同伴プランあり/サウナあり

■DATA

GRAND CHARIOT(グランシャリオ)北斗七星135°

所在地
兵庫県淡路市楠本2425-2
電話番号
0799-64-7090
営業時間
受付時間/10:00~18:30

3.淡路島グランピングビーチヴィラ 漣(さざなみ)<淡路市>

明石海峡大橋から最も近い宿泊施設で贅沢なグランピング体験を

淡路島の青い海と空にかかる明石海峡大橋から最も近い場所にあるビーチサイドリゾート施設「MOON JELLY(ムーンジェリーアワジリゾート)」。ヴィラや貸切型別荘などシーンにあわせた宿泊スタイルが選べる同施設の3階屋上に、グランピング施設「淡路島グランピングビーチヴィラ 漣(さざなみ)」があります。

空を仰ぐ開放感たっぷりのフロアに直径8mのドーム型テントが1棟だけ。宿泊体験を伴うルーフトップのドーム型グランピング施設としては日本初なんだそう。1日1組限定なので、プライベートな空間で周りを気にすることなく贅沢なグランピングステイが叶います。

屋外にあるデッキスペースからはもちろん、ドームテント内、シャワールームからも明石海峡の大パノラマを眺望できます。

日没後はライトアップされた明石海峡大橋や対岸に広がる神戸の夜景が夜空に浮かび上がります。夜風を感じながら夜景を楽しむもよし、室内でソファに体を預けながら時間を忘れて眺めるもよしです。

明石海峡大橋のライトアップは、真珠を連ねたように見えることから別名「パールブリッジ」とも言われているそう。季節によって色が変わり、その色の組み合わせはなんと28パターンもあるとか。異なる表情をみせてくれるプレミアムな夜景を時間を忘れて楽しんで。

グランピングの醍醐味と言えば、やっぱりバーベキュー!人数やシーンに合わせて3つのエリアから選ぶことが可能。2023年5月に同施設内に新設された「天空BBQ」では、食材を持ち込むだけで、夜景を楽しみながらラグジュアリーなバーベキューが叶います。

イタリアンレストラン「BUCHI」のテラスバーベキュー(10月末までの夏季限定)は、食材からすべてをレストラン側が用意してくれるので手ぶらで利用できて楽ちん♪契約農家から届いた新鮮野菜や魚介、淡路島名物淡路牛。夜景を見ながらバーベキューを楽しんで。

ビーチサイドでは、すべて食材を持ち込んでのバーベキューも可能(レンタル品は別途費用、要予約)です。予約や利用方法は事前に公式HPで確認を。➡︎「天空BBQ」の利用案内はこちら

※「天空BBQ」エリア以外での火気は厳禁

同施設内には食の宝庫・淡路島の恵が楽しめる江戸前寿司「希凛(きりん)」やイタリアンレストラン「BUCHI(ブチ)」など、多彩な飲食店がそろっています。近隣には道の駅や地元の味を堪能できるお店も充実しているので、足を延ばして美味堪能の旅を楽しんでもいいですね。

気になるアメニティは、世界各国の高級リゾートホテルやスパで使用されているスキンケアブランド「THANN」やコスメブランド「DR.CI:LABO」のものを用意。旅先でもスキンケアを大切にしたい女性にはうれしいポイントです。上品なアロマが1日遊び疲れた体を癒やしてくれること間違いなし。

その他同ホテルでは、バナナボートやウェイクボードなど、マリンスポーツも充実。免許がなくても初心者も楽しめるアクティビティもあるので気になる人は事前にチェックして。

◇詳細情報
【料金】1泊食事なし2名116,000円~
【定員】8名
【利用時間】チェックイン15:00/チェックアウト翌11:00
【予約】2日前までにweb ➡︎専用予約サイトはこちら
【持ち込み】食材、飲み物持ち込み可
子連れ可/犬との宿泊不可/サウナなし

■DATA

淡路島グランピングビーチヴィラ 漣(さざなみ)

所在地
兵庫県淡路市岩屋1871番地
電話番号
0799-72-3113
営業時間
チェックイン15:00/チェックアウト翌11:00
※漣の詳細な問い合わせはLINEのみ受付


4.FBI AWAJI<洲本市>

まるで海外?!おしゃれすぎる海辺のキャンプ場

淡路の海を一望できる最高のロケーションにある「First class Backpackers Inn(FBI) AWAJI(ファーストクラス バックパッカーズ イン アワジ)」。淡路島で愛されてきた船瀬キャンプ場をキャンプ好きのオーナーが引き継ぎ、自分たちの手でリノベーションをしながら作りあげてきたそう。

そのセンスは抜群でとにかくおしゃれ!独創的なインテリアの数々は異国でキャンプをしているような気分にしてくれます。

宿泊はキャンプ、スタイリングテント、TIPI(ティピー)、キャビンから選べます。

スタイリングテント「JERRY(ジェリー)」は、ベルギーから輸入したコットンテント。テント内はカラフルでポップな絨毯、テーブル、チェアが配置され、ダブルベットでゆったり休めます。タープスペースにはグリルとダイニングテーブルが備え付けられているので、快適に本格的なキャンプが楽しめます。

その他、国内未発売でFBIがスウェーデンから輸入した18ウッドポールの本格的なティピーの「TIPI CLASSIC(ティピークラシック)」や、カラフルな装飾と敷き詰められたふかふかのマットレスが魅力的な「TIPI RELAX(ティピーリラックス)」は、ビーチサイドが目の前というロケーションで人気です。

ウッドデッキが気持ちいい木造の「BEACH HOUSE(ビーチハウス)」にはキャンプの受付や売店があり、お昼はカフェに、夜はバーになります。エスニックな店内で、雰囲気は最高!運がよければ、アコースティックライブが聴けるかも。

事前に問い合わせをすれば、ペットとの宿泊も可能(※宿泊施設の室内、レンタルテント内は要ゲージ)。周りに迷惑がかからないよう、リードの管理など、細心の配慮を。

食事は各キャンプサイトでバーベキューを。地元・淡路島の新鮮野菜をはじめ、ステーキやパエリアなどが並びます。1日3組限定のバーベキューディナーはビーチハウス内のデッキで。

朝食は新鮮な野菜をたっぷり使ったキャンプスタイル。ホットサンドや淡路島の牛乳など、さわやかな朝にピッタリのメニューです。バーベキュー、朝食はどちらも3日前までに予約が必要。

もちろん海水浴やSUP(サップ)などの海のアクティビティも楽しめます。SUPは浮力が高いため、子どもや初心者でも簡単にボードの上に立つことができ、誰でも挑戦しやすいマリンスポーツです。ぜひ挑戦してみては。

◇詳細情報
【料金】1泊食事なし1室14,000円~
【定員】2~6名
【利用時間】チェックイン15:00/チェックアウト翌11:00
【予約】webまたは電話(10:00~20:00) ➡︎専用予約サイトはこちら
【持ち込み】食材、飲み物持ち込み可
子連れ可/愛犬との宿泊可/サウナあり

■DATA

First class Backpackers Inn(FBI) AWAJI(ファーストクラス バックパッカーズ イン アワジ)

所在地
兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2359
電話番号
0799-34-0900
営業時間
10:00~20:00

5.るりいろヒルズ淡路島<南あわじ市>

2023年3月オープン!本格フィンランド式サウナや愛犬と泊まれるテントも

2023年3月、南あわじ市に淡路島グランピングヴィレッジ「るりいろヒルズ淡路」がオープン!播磨灘を望む海岸沿いにドーム型テントが並び、最高のロケーションが最大の魅力です。バーベキューで島の恵を味わったり、潮風を感じながらサウナ体験をしたり、極上のグランピングステイが楽しめます。

グランピング気分をさらに高めてくれるドーム型テントは全部で7棟。1棟貸切でプライベート空間を独り占め。何といっても魅力は客室からのロケーション!各テント内は広々とした開放感たっぷりの空間には、異国情緒あふれるオシャレなインテリアや冷暖房を完備した快適な空間が広がっています。

直径7mを誇る大型ドーム型テントの「あいいろテント」や、専用バレルサウナが付いた「るりいろテント」、ワンちゃんも一緒に宿泊できる「こんいろテント」など、シーンにあわせて3種のタイプから選べるのもうれしいポイント。

「るりいろテント」は4人まで宿泊可能なのでファミリーや友人同士で利用したい人におすすめ。テラスには本格フィンランド式サウナ専用のバレルサウナが装備されています。潮風を感じながら整う、極上のひとときを体験して。

「こんいろテント」にはワンちゃん専用のゲージもスタンバイ。同じ空間を共有できるのもうれしいですね。専用ドッグランもあるので、海風を感じながら愛犬を思いっきり走らせてあげることもできます。

夕暮れ時は浜辺やテントでリラックスチェアに身を預けながら、ピンク色に染まりゆくマジックアワーを眺めるのもいいですね。

◇詳細情報
【料金】素泊まり1,4420円~/1泊2食(BBQ込)2,4870円~
【定員】5名
【利用時間】チェックイン15:00/チェックアウト翌10:00
【予約】WEB予約のみ ➡︎専用予約サイトはこちら
【持ち込み】食材、飲み物持ち込み可
子連れ可/犬との宿泊可※「こんいろテント」のみ/サウナあり※「るりいろテント」のみ

■DATA

るりいろヒルズ淡路島

所在地
兵庫県南あわじ市津井1890-1
電話番号
050-3135-2324

 

【兵庫県】オシャレなグランピングスポット16選!手ぶらBBQやキャンプ、宿泊を楽しんで

【淡路】海が見える絶景カフェ8選!おしゃれなランチやインスタ映えのスイーツを♪ペット可の店も

【淡路島】アートスポット10選!インスタ映えなフォトスポットが充実♪タマネギの巨大オブジェも

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年10月5日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP