兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.9.13
9,116 views

【明石】大人の隠れ家「SakeWine食堂トロワ」で美酒と兵庫県産素材に舌鼓!子連れも歓迎

JR西明石駅から西へ約10分ほど歩いた線路沿いに店を構える「SakeWine食堂Trois(トロワ)」。北は丹波篠山、南は淡路島まで、兵庫県内から厳選したおいしい食材を使って作る料理と、「SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)」の資格を持つ店主がセレクトした美酒が味わえるグルメなお店です。子連れも大歓迎で、ファミリーからも人気!完全予約制の朝食もぜひチェックしてみて。

・「SakeWine食堂Trois(トロワ)」

JR西明石駅から西へ10分ほど歩いた線路沿いに「SakeWine食堂Trois(トロワ)」があります。ひっそりと周囲に溶け込むシンプルな佇まいは、まさに“隠れ家”という言葉がぴったり。リピーター客が多く、知る人ぞ知る地元で人気のお店です。

店内は、8席のカウンター席と4人掛けテーブルが一つ(要事前予約)の計12席。店主自身は子育て真っ最中のパパであることから「子どもにこそ、カウンター席に座って食事する習慣や食事の大切さといった“食育”を学んでほしい」という思いが強く、思い切って全席カウンターを決意。店主とお客さんの距離が近く、自然と会話に花が咲きそうですね。夫婦やファミリーはもちろん、おひとり様でも心地良く過ごせるアットホームなお店です。

店名の「Trois」は、フランス語で「3」を意味する言葉。「家や職場に次いで、ホッと一息つけるような“第3の場所”を提供したい」という思いが込められています。食堂という名の通り、子どもからお年寄り、お酒好きから飲めない人まで、世代や嗜好を超えて誰もが食事を楽しめるお店です。

食材は、丹波篠山や豊岡、須磨など、兵庫県内のいろんなエリアに勤めていたときに出合った“おいしい兵庫県産食材”を厳選して使用。土壌からこだわる丹波の農家「ふえのみち農園」の野菜や、明石の米農家「LAND FARM(ランドファーム)」が育てるオーガニックのマイクロリーフ、淡路島のシラス、但馬の鶏肉や牛肉など、生産者が心を込めて育てたものばかり。そんな厳選食材を使い、生パスタや前菜などの創作イタリア料理や日本酒に合う純和食、子どもが喜ぶ洋食メニューなど、幅広くそろえています。

お酒のラインアップも充実しているのもポイント。日本ソムリエ協会認定の「SAKE DIPLOMA」の資格を持つ店主がセレクトしたワインと日本酒を、それぞれ10種類以上スタンバイ。お酒にあまり詳しくない人は、店主に相談したり、少量ずつ試すことができる飲み比べセットをオーダーするも良しです。お酒の飲み口や産地は黒板メニューを確認してみて。


・生パスタやスパイスカレーが自慢!ランチタイムはミニコースも

『ランチ トロワ(明石のりとキノコのクリームソース)』2,400円

ランチタイムは、約10種類のパスタor日替わりスパイスカレー(各1,200円)から選ぶことができます。さらにサイドを追加したい人は、自分好みのパンや前菜盛り合わせ、ミニサラダ、デザートなどのオプションから追加することも。

ちょっぴり特別な日には、すべてのオプションが付くミニコース『ランチ トロワ』がおすすめ。メインにおまかせの前菜3種、無農薬マイクロリーフサラダ、本日のデザート、食後の飲み物がセットになっています。取材日の前菜は、「プロシュートと生ハム」「万願寺としらすのぺぺロン」「ポテトサラダ」の3種類でした。

メインのパスタは『明石のりとキノコのクリームソース』をチョイス。生クリームに明石のりの磯の香りと3種のキノコの香りが合わさったコクと風味豊かなクリームソースが、麺一本一本にしっかりと絡んだクリーミーな一品。麺は生パスタ専門店「淡路麺業」の中太麺を使用しているので、クリーム系はもちろん、トマトやオイル、和風などどんなソースとも相性抜群です。

『ランチ トロワ(八鹿豚と但馬うしのボロネーゼ)』2,400円

子連れ客からの人気No.1は、肉がゴロゴロ入った具だくさんのボロネーゼ。養父市で育てられたブランド豚「八鹿(ようか)豚」と「但馬牛」の合い挽きミンチをトマトとじっくり煮込み、仕上げにパルミジャーノレッジャーノをハラリと散らして完成。どこを食べても肉のうま味がしっかり感じられる満足度の高い一品です。

『スパイスカレー』1,200円

ランチを軽めに済ませたい人は、単品がおすすめ。スパイスカレーの具材や味付けは日によって替わり、取材日は『但馬鶏のココナッツミルクチキンカレー』が登場。

ホロホロになるまで煮込んだ大きめの一口サイズの「但馬鶏」がいくつも入っていて食べ応え満点!約5種類のスパイスをブレンドしたオリジナルスパイスカレーは、専門店も顔負けの本格的な味わい。鼻から抜けるエキゾチックでスパイシーな香りに虜(とりこ)になること間違いなしです。ほんのり額が汗ばむピリ辛スパイスカレーを味わい、エネルギーをチャージして。

・毎週日曜日は完全予約制モーニングも

『Troisの朝ごはん』1,320円

毎週日曜日は完全予約制でモーニングも提供しています。普段朝ご飯をとる時間がないという人も、たまには栄養バランスが整った朝食を食べてリフレッシュし、すがすがしい朝のスタートを切りませんか?

モーニングは和定食が基本ですが、店主の気まぐれで洋食や中華がゆ、魚の炊き込みごはんなどが登場することもあるそう。「今週はどんな朝食がいただけるのかな?」と毎週通うリピーターも多いんだとか。

価格は大人1人 1,320円、大人2人 2,500円、大人 2人+子ども1人3,300円、大人2人+子ども2人 4,000円と、予約人数によって割引もあるので、ファミリーでも気軽に利用して。平日も不定期で営業しているので、公式Instagramでカレンダーを要チェック。DMか公式アプリから2日前までに予約をしてから来店を。➡︎公式Instagramはこちら

和定食の日は、近海で捕れた魚が並ぶことも。「サゴシの焼き魚」は、まぶしいほどに身が白く、口に入れた瞬間フワッとほどけるほどやわらかいのが新鮮な証拠。ほど良い塩加減が、疲れた心身に染み渡ります。

徳島県産の無添加出汁を使ったみそ汁や明石市大久保の農家が育てた米、丹波の「芦田さんちの卵」のだし巻き卵など、モーニングも素材から一切の妥協がありません。普段からなじみのある家庭料理も、工夫や時間をかけて作られているので、おいしさが格別。一週間頑張った自分へのご褒美にいかが?



・「立杭焼」の器やコーヒードリップバッグの販売も

店内では、お店で使っている丹波「立杭焼」の器の販売や自家製の焼き菓子、オリジナルドリップバッグの販売もしています。料理の待ち時間や帰り際にぜひチェックしてみて。

『オリジナルドリップバッグ』各300円

2022年9月から販売をスタートした『オリジナルドリップバッグ』は、自宅で簡単に本格的なコーヒーが飲める優れもの。豆は、丹波の自家焙煎コーヒーのカフェ「MAGNUM COFFEE(マグナムコーヒー)」に作ってもらったオリジナルブレンド。有機栽培のコーヒー豆を使用するなど、フレーバーはもちろん、生豆からこだわり抜いたドリップバッグです。リモートワークやお家カフェのお供にいかが?

■詳細情報

■このスポットの利用可能なクーポン

【先着30人】ディナー利用で『オリジナルドリップバッグ』1つプレゼント!

※他券併用不可
有効期限:2022年10月15日
クーポン利用時のみタップしてください

■DATA

SakeWine食堂Trois(トロワ)

所在地
兵庫県明石市藤江999-13
電話番号
078-945-6671
営業時間
モーニング/8:00~L.O.10:00
ランチ/12:00~14:30(L.O.13:30)
ディナー/18:00~23:00(L.O.21:30)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年8月25日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP