兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.11.19
8,539 views

【西脇】古民家ダイニングカフェ「kinoko.」季節の食材を使ったランチやスイーツが人気!

西脇市を流れる加古川沿いにある古民家ダイニングカフェ「kinoko.(キノコ)」。季節の食材を最大限に活かした、こだわりの創作フレンチが味わえると人気です。古民家をリノベーションした店内に、庭師がデザインした風情ある庭など、雰囲気も抜群!のんびりと食事を楽しみたい人にオススメです。

・古民家ダイニングカフェ「kinoko.(キノコ)」

西脇市を流れる加古川沿い、自然豊かな場所にある「kinoko.(キノコ)」。フレンチレストランやステーキハウスで料理を学んだオーナーが、念願の古民家カフェをオープン。「自分が食べたいと思う料理」をコンセプトに、旬の食材をたっぷり使用した創作フレンチを提供しています。

築90年の古民家をリノベーションした店内は、木の温もりを感じられる広々とした空間。建具などはできるだけ当時のものをそのまま使用しているそうで、趣ある雰囲気になっています。

テーブルの他に8名まで利用可能な掘りごたつの個室も完備。

目の前に広がるのは、庭師がデザインした風情あふれる庭。開放的な空間で四季を感じながら、のんびりと食事を楽しめます。


・オススメはおまかせランチコース

『おまかせランチコース』2,500円

オススメの『おまかせランチコース』は、前菜、スープ、メインなどがセットになっていてボリューム満点!月ごとに変わる季節の食材を生かした料理は、色鮮やかで目でも楽しめます。友人の陶芸家に作ってもらったという器も味わいがあります。

コースの最初に登場するのは「きのこのフラン」。フランとは、卵と牛乳を使った洋風茶碗蒸しのようなもの。そこにキノコのうま味と香りが合わさり絶品です!

前菜は左から、「ホタテとアボカドのタルタル」、「スイートポテト」、「ローストビーフ」、「イチジクの生ハム巻き」、「しらすと大葉のキッシュ」。旬の食材をたっぷり使った前菜は、少しずつ色々な料理を楽しめると大人気!

ナッツのような風味が特徴のバターナッツを使ったスープは、濃厚でほっとする甘さ。寒い季節にぴったりのスープです。

取材時(10月)のメインは、「淡路どりのポワレ〜シェリービネガーのソース」。ジューシーなもも肉にほどよく酸味のあるソースがアクセント。メインは牛、豚、鶏、魚などが月替わりなので、公式Instagramを要チェック。ご飯はプラス220円で天然酵母パン(数量限定)に変更も可能です。➡︎公式Instagramはこちら

食後にはコーヒーか紅茶と、キノコをモチーフにしたかわいいプチフールを。ランチの時間帯は混み合うこともあるので席の予約を忘れずに。
※コース内容は季節や仕入れ状況により変更します。

・野菜たっぷり!自家製キーマカレー

『kinoko.自家製キーマカレー(コーヒーor紅茶、プチフール付き)』1,300円

タマネギ、ニンジン、セロリ、トマト、ショウガ、ニンニクなど、すり潰した野菜をたっぷり使用した、甘みのあるキーマカレー。辛さよりもうま味重視で調合されたスパイスを使用しているので、辛いものが苦手な人にもオススメ!トッピングにはカラフルな揚げ野菜も。



・ケーキやパフェなどのカフェメニューも充実!

『本日のケーキ(単品)』550円

店の近くにあるケーキ工房から届く、ケーキもオススメ。写真は『黒いちじくのタルト』。料理同様、ケーキも旬のものを味わえます。どんなケーキが登場するのかは仕入れ次第とのこと。料理、またはドリンクと一緒に注文すると110円引きになるので、食後のデザートにいかがですか?

『ミニパフェ(単品)』550円

白玉、ほうじ茶アイス、ミルクアイス、抹茶のスポンジケーキに黒蜜をかけた和風パフェは、食後でもぺろりと食べれるミニサイズ。ほろ苦いコーヒーとの相性も抜群です!

自宅にいるような居心地の良さを感じられる古民家ダイニングカフェ「kinoko.」。オーナーこだわりのおいしい料理と丁寧な接客に、お腹も心も満たさせること間違いなし!西脇に来たらぜひ立ち寄ってみては?

■詳細情報

■DATA

kinoko.(キノコ)

所在地
兵庫県西脇市黒田庄町津万井278-1
電話番号
070-1779-6416
営業時間
11:00〜18:00(L.O.17:00)
※おまかせランチコースのみL.O.14:30

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年10月26日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP