兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2023.11.12
18,043 views

【神戸】夜景スポット11選!デートやドライブにぴったり♪併設施設やアクセス・駐車場情報も

美しい夜景の街として名が知られている神戸。観光はもちろん、夜景デートやドライブにぴったりなスポットを集めました。今回は、眼下に広がる夜景を一望できる“山側エリア”、都会の賑やかな光が美しい“中心街エリア”、海沿いを散歩しながら夜景が見渡せる“ベイエリア”の3つに分けて紹介します。おしゃれな雰囲気があふれる神戸で、素敵な時間を過ごしてみては?

 

神戸の夜景といえば?

数々の観光名所があり、おしゃれな街並みの神戸。六甲山や摩耶山などから眼下に広がる市街地の光を眺められる山側エリア”は神戸の夜景を見るなら一度は訪れたい場所です。

このほか、神戸の中心地の賑やかな夜景が楽しめる中心街エリア”や、神戸を象徴する「ポートタワー」や「メリケンパーク」など、港の景観とともに夜景が望める“ベイエリア”は、雰囲気もよく、ゆったりとした時間が過ごせますよ。

■夜景が綺麗に見える条件

・遠くの光まで見渡せる冬がベストシーズン!
夜景は季節を問わず年中楽しめますが、より綺麗に見えるのは11月〜3月ごろ。冬は空気中の水蒸気やチリが少なくなるため、空気が澄み、よりクリアに見ることができます。

・「トワイライトタイム(マジックアワー)」を狙って
日没直後から薄暮のわずかな時間のことを指す「トワイライトタイム(マジックアワー)」。夕焼けの空がダークブルーに輝き、幻想的な雰囲気に包み込まれます。

・オフィス街がきらめく平日の20:00ごろまでが見ごろ
オフィスやショッピングセンターが立ち並ぶ神戸の夜景は、ビルの明かりが中心。平日の20:00ごろまでが一番光の量が多く、キラキラとした夜景が楽しめます。

・雨上がりの晴天もgood!
夜景がクリアに見える条件として、大気の状態も大切。雨上がりの晴れた日は、空気中のチリや埃を落としてくれるため、夜景を綺麗に見ることができます。

1.摩耶山 掬星台(きくせいだい)

まるで無数にある星のよう♪日本三大夜景と称される、圧巻の夜景が眺められるスポット!

神戸市灘区に位置する「摩耶山」。山頂近くには展望広場「掬星台(きくせいだい)」があり、1,000万ドルの夜景スポットとして多くの人に知られています。

展望台から見える市街地の灯りが無数にある星のように見え、“手で星が掬(すく)える”ほどの絶景が眺められることから「掬星台」と名付けられたんだそう。摩耶山の標高は700mほど。より高い位置から神戸の街並みや六甲アイランドなどのベイエリア、大阪の市街地、関西空港までを一望することができます。

アクセスは車が便利でおすすめ!近隣にコインパーキング「天上寺前駐車場」がありますが、通り過ぎてしまいやすいので注意して。駐車場からは徒歩約10分ほどで「掬星台」に行くことができますよ。駐車場に関する詳細情報は「登山口駐車場」のHPをチェックして。➡︎「摩耶山 掬星台駐車場」の駐車場についてはこちら

■イベント情報
なし

■詳細情報
住所:兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2 MAP
アクセス:各線「三宮駅」、または地下鉄・新幹線「新神戸駅」→「摩耶ケーブル駅」まで「神戸市バス(18系統)」で約15分〜25分、摩耶ロープウェー乗車後、「星の駅」まで約10分
阪神高速3号線「魚崎IC」から約50分
※ケーブル/ロープウェーの運行状況については「まやビューライン」の公式HPで確認を。➡︎公式HPはこちら

駐車場:なし(近隣にコインパーキング「天上寺前駐車場」あり) ※パーキングからは600mほど歩きます
トイレ:あり(紙あり)
カフェ・レストラン:あり(※月・水・木曜日は17:00まで、金〜日曜日・祝日は19:00まで営業)

2.鉢巻(はちまき)展望台

神戸の街並みが浮かび上がったように見える!?臨場感抜群の人気夜景スポット!

「表六甲ドライブウェイ」に併設されていて、六甲山の中腹に位置する「鉢巻(はちまき)展望台」。標高675mほどで「掬星台」や「天覧台」に比べて低いところにあり、天候に左右されにくいところが特徴です。展望台からはカラフルな色で埋め尽くされた街並みを一望でき、圧巻の景色を楽しめます。

夜景までの距離が近く、迫力満点!周りが山に囲まれていて、Vの字に広がる夜景はまるで空中に浮かんでいるよう。ドライブウェイの途中にあり、車でのアクセスは良好。駐車場からもすぐなので立ち寄りやすい夜景スポットです。デートの締めにもおすすめですよ♪

■イベント情報
なし

■詳細情報
住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町東山ノ内西谷 MAP
アクセス:阪神高速3号神戸線「魚崎IC」から約20分
阪神高速3号神戸線「摩耶IC」から約20分

駐車場:あり(無料)
トイレ:なし
カフェ・レストラン:なし



3.天覧台

大阪平野から和歌山まで見渡すことができる1,000万ドルの夜景スポット

六甲山の定番夜景鑑賞地である「天覧台」。その昔、昭和天皇が立ち寄ったことでも有名で、その記念に名付けられたそう。

六甲ケーブルで登り、六甲山上駅を降りてすぐの場所にあることから、アクセス良好で多くの人が訪れます。神戸の市街地はもちろん、大阪平野から和歌山までが一望でき、目の前に広がる1,000万ドルの夜景が圧巻ですよ!

■イベント情報
なし

■詳細情報
住所: 兵庫県神戸市灘区六甲山町一ケ谷1−32  六甲山上駅 3階 MAP
アクセス:六甲ケーブル「六甲山上駅」下車すぐ
三宮から車で阪神高速7号北神戸線〜裏六甲ドライブウェイに進んで約35分
※開放時間は7:10~21:00(夏季は延長する場合あり)

駐車場:あり(無料/約30台)
トイレ:あり(1カ所/紙あり)
カフェ・レストラン:なし

➡︎公式HPはこちら

4.六甲ガーデンテラス

六甲山の中で最も標高が高い展望台から眺望できるスポット

神戸市灘区、六甲有馬ロープウェー六甲山頂駅から徒歩7分ほどにある「六甲ガーデンテラス」。日本でも有数の眺望スポットで、西は神戸の美しい街並みや明石海峡、東は大阪平野や関西国際空港まで大パノラマな景色が広がり、夜には1,000万ドルの夜景を眺望できます。

四季によって光る色が変わる「自然体感展望台 六甲枝垂れ」にも注目を。夜間になるとライトアップアーティスト伏見雅之(ふしみまさゆき)氏による光のショー「Lightscape in ROKKO しょくぶつのあかり」を開催。1,000万色以上の色彩表現が可能なLEDライトで、六甲高山植物園に生育する植物たちが織りなす四季の移ろいを表現します。

展望台から眺望する夜景は、普段味わえない特別な時間を過ごせること間違いなし!ぜひ、この幻想的な空間を体験しに訪れてみては。

■イベント情報
「シダレミュージアム2024 パワーワード展」
会場:「自然体感展望台 六甲枝垂れ」
期間:2024年4月5日(金)〜11月24日(日) 10:00~21:00(20:30受付終了)
※木曜定休(7月25日〜11月21日は無休)
※入場有料

■詳細情報
住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町五介山1877-9 MAP
アクセス:六甲山上バス「六甲ガーデンテラス」下車 徒歩約1分

駐車場:あり(普通車  1,000円/日、繁忙期 2,000円/日)
トイレ:あり(2カ所/紙あり)
カフェ・レストラン:あり

➡︎公式HPはこちら
➡︎公式Instagramはこちら

   入場料 六甲ダーデンテラス エリア内無料
【自然体感展望台 六甲枝垂れ】大人(中学生以上) 1,000円、小人(4歳~小学生) 500円、0~3歳は無料
営業時間2024年3月16日(土)~11月24日(日)/10:00~21:00(最終入場受付20:30)
※レストランや物販の店舗など各施設の詳細は公式HPで確認を。

5.旧居留地

レトロな洋風の佇まいが残る、異国情緒あふれる街並みがおしゃれ♪

「旧居留地」は各線三宮駅に繋がる「フラワーロード」から元町駅の南側「メリケンロード」、国道2号線「湾岸通」に囲まれた500m四方のエリアです。神戸港開港とともに外国人の住居や働く場所として栄え、当時のヨーロッパ近代都市計画技術にならって造られた建物が今も変わらず残っています。

夜になるとエリア内に立ち並ぶ洋館や街灯、街路樹がライトアップされ、日本にいるのを忘れてしまうほどの雰囲気に変わります。(※街路樹のイルミネーションは秋から冬限定)

おしゃれなブランドショップやレストランがが多く、レトロな雰囲気の中でショッピングを楽しむのは神戸ならでは。また、ゆっくり歩きながら美しい街並みを巡ることができ、ロマンチックなひと時を過ごせること間違いなしです♪

■イベント情報
なし

■詳細情報
住所:神戸市中央区海岸通、京町、明石町ほか
アクセス:各線「三宮駅」から徒歩7分、各線「元町駅」から徒歩5分、地下鉄湾岸線「旧居留地・大丸前駅」から徒歩すぐ

駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)
トイレ:なし
カフェ・レストラン:あり

➡︎公式HPはこちら

6.神戸布引ハーブ園/ロープウェイ

季節ごとに変わるハーブや花の香りに包まれながら夜景を満喫。ロープウェイの空中散歩も♪

神戸市中央区、市営地下鉄新神戸駅から歩いて5分ほどの場所にある「神戸布引ハーブ園/ロープウェイ」。ロープウェイで10分ほど空中散歩を楽しんで山頂に登ると、標高400mから神戸の街並みを眼下に夜景を堪能することができます。9月から※は土日祝限定のナイター営業。週末ゆっくり過ごせるスポットとしておすすめです。

※春、秋・・・土日祝(クリスマスシーズンも)実施。夏・・・全日実施

季節ごとに変わる花々やハーブが色とりどりに咲き、自然の空気や香りも同時に楽しめ、五感で満喫できる同園。そこに神戸の夜景が相まって、ほかでは味わえない至高の空間が広がります。

秋はロープウェイ山頂駅を降りてすぐにある展望プラザでは、建物や城門、周囲の木々などが夜空の中に浮かびあがり幻想的な空間を演出する「光の森~Forest of Illuminations~」や、11月からは全長25mの大きな「森のクリスマスツリー」が登場するクリスマスイベントも開催します。夜になるとキラキラ輝く園内のイルミネーションも楽しめ、インスタ映えスポットとしてもGOOD。

季節の移り変わりを感じながら、自然と幻想的な空間で夜景が楽しめる「神戸布引ハーブ園/ロープウェイ」。週末は優雅な時間を過ごしに訪れてみてはいかが。

■イベント情報
「光の森~Forest of Illuminations~」
2023年3月18日(土)〜11月5日(日)の土日祝のみ21:00まで

「古城のクリスマス2023−ボタニカルクリスマス」
「神戸クリスマスマーケット」
「森のクリスマスツリー」
2023年11月11日(土)〜12月25日(月)
※11月11日(土)、12日(日)、17日(金)~26日(日)の金土日祝、12月は24日までの金土日および25日(月)は特別ナイターを実施。

■詳細情報
住所:兵庫県神戸市中央区北野町1丁目4−3 MAP
アクセス:各線三宮駅→神戸市営地下鉄「新神戸駅」下車後、「ハーブ園山麓駅」まで徒歩約5分
阪神高速「京橋IC」から車で約10分、山麓バイパス「三宮IC」から「ハーブ園山麓駅」まで約12分
ロープウェイ「ハーブ園山麓駅」よりロープウェイで約10分

駐車場:なし(近隣パーキングあり)
トイレ:あり(9カ所/紙あり)
カフェ・レストラン:あり

 

入園料

 【通常料金】
大人(高校生以上)1,800円、子ども(小・中学生)900円、未就学児(小学生未満)無料
【ナイター料金】
大人(中学生以上)1,100円、子ども700円
※クリスマスシーズン11/11(土)~12/25(月)大人2,300円、子ども1,150円(期間中のナイター料金はなし)
ロープウェイ乗車料往復+入園料込
※そのほかの詳細は公式HPで確認を
営業時間9:30〜16:45
※11/12(日)までの土日祝、11/17(金)~12/24(日)の金土日祝、12/25(月)は9:30~20:15
※いずれもロープウェイ上り時刻

➡︎公式HPはこちら
➡︎公式Instagramはこちら

【神戸布引ハーブ園/ロープウェイ】ハーブや花々、標高400mからの絶景を楽しむ日本最大級のガーデン

7.神戸ハーバーランド

イルミネーションや大観覧車、神戸ポートタワーなど見事な光を堪能♪

神戸市中央区、各線神戸駅から歩いてすぐのところにある「神戸ハーバーランド」。「umie」や「mosaic」などショッピングやレストランなどが多く並ぶ複合商業施設があるエリアです。特に「神戸ガス燈(とう)通り」は、ライトアップされた並木道と観覧車のコラボレーションが見どころ。

11月〜12月は「KOBE UMIAKARI」が開催され、ハーバランド全体がイルミネーションで輝く街になります。煌らかでロマンチックな空間で、ぜひ思い思いの時間を過ごしてみて♪

同エリア内にある「神戸煉瓦倉庫」にも注目を。オレンジカラーが大人のムーディーな雰囲気を漂わせ、落ち着いた空間が広がります。「神戸ガス燈通り」よりも人は少ないので、穴場スポット。静かに過ごしたい人にオススメです。

身近に夜景を楽しめるエリアの「神戸ハーバーランド」。ショッピングやデートのついでに気軽に訪れてみて。

■イベント情報
「KOBE UMIAKARI」
11月4日(土)〜12月25日(月) 各施設により点灯時間が異なるので詳しい内容は公式HPにて確認を。

■詳細情報
住所:兵庫県神戸市中央区東川崎町1 MAP
アクセス:JR神戸線「神戸駅」徒歩約5分、神戸高速線「高速神戸駅」かた徒歩約7分、神戸市営地下鉄海岸線「ハーバーランド駅」から徒歩約3分

駐車場:施設内あり(有料)
トイレ:施設内あり
カフェ・レストラン:施設内あり

➡︎公式HPはこちら
➡︎公式Instagramはこちら

8.神戸メリケンパーク

観光スポットでもある憩いの広場♪大型モニュメントと記念撮影も

神戸市中央区、JR元町駅から歩いて10分ほど、神戸駅からは歩いて13分ほどのところにある「メリケンパーク」。神戸の象徴でもあるポートタワーや遊覧船など、観光スポットにもなっている広場です。日中は公園としてにぎわいますが、夜になると気軽に訪れることができるデートスポットとしても人気。

2017年に神戸開港150年を記念して設置された「BE KOBEモニュメント」。夜になると色鮮やかに光が灯され、ひと際目を引きます。神戸港や、周辺の夜景と相まっておしゃれな雰囲気に。ここで撮影する人も多いので、記念の一枚に収めてみては。

※「BE KOBEモニュメント」は年間スケジュールにより、ライトカラーが変わります。

同広場には噴水もあります。夜になると水と光が融合し、幻想的な空間が広がります。きれいなイルミネーションがロマンチックな雰囲気を演出。日中はファミリーも多く訪れますが、夜はムーディーな空間になるので、大人のデートにいかが?目の前の芝生広場でくつろいだり、岸壁沿いを散歩したり、思い思いの時間をゆっくりと堪能して。

※ポートタワーは改修工事が進んでいるため、現在と様子が違います。

■イベント情報
詳細は各SNSや公式HPで随時更新するので確認を。
➡︎公式HPはこちら
➡︎公式Instagramはこちら
➡︎公式Facebookはこちら

■詳細情報
住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2 MAP
アクセス:JR神戸線「元町駅」東口から徒歩約10分
神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町駅」2番出口から徒歩約8分

駐車場:あり(有料)
トイレ:あり(1カ所/紙あり)
カフェ・レストラン:あり

9.新港第一突堤

メリケンパークやハーバーランド、神戸大橋まで一望できる穴場スポット!

神戸市中央区の京町筋から海側に向かったところにある「新港第一突堤」。海を挟んで西側は「メリケンパーク」や「ハーバーランド」、「オリエンタルホテル」など、神戸を代表する建物や夜景を一望できます。

広々とした遊歩道が整備され、温泉やウェディング施設を囲むようにして緑地になっているので、おしゃれな空間が広がります。植え込みにはベンチがあるので、ゆったりと夜景を満喫できますよ。

また、緑地の最南端からはポートアイランドの夜景も眺めることができ、真っ赤にライトアップされた「神戸大橋」も見渡せます。広々としているので、のんびりと過ごせる夜景スポットとしておすすめです♪

■イベント情報
なし

■詳細情報
住所:兵庫県神戸市中央区新港町1 MAP
アクセス:各線「三宮駅」から徒歩約25分、各線元町駅から約23分
阪神高速3号神戸線「京橋出入口」から車で約1分、ハーバーハイウェイ「新港出口」から車で約1分

駐車場:なし(近隣のコインパーキングあり)
トイレ:あり(1カ所/紙あり)
カフェ・レストラン:あり

10.ポートアイランド北公園

真っ赤な神戸大橋が輝かしくライトアップ!海を挟んで眺める神戸市街地は絶景♪

「ポートアイランド北公園」は、神戸港内に作られた人工島、ポートアイランドの北側にある公園。公園からはポートターミナルへ入出港する船などを眺めることができ、海の挟んで向かい側にはハーバーランドやポートタワーなど、港全体を見渡せるのが魅力です。

また、本州側とポートアイランドの間に架けられた、真っ赤な「神戸大橋」を間近で見ることができ、海を行き交う客船とのコラボレーションする豪華な景観は迫力満点!

公園の近くには水上警察や水上消防署もあり、神戸ならではの港町の風景を堪能できますよ。

■イベント情報
なし

■詳細情報
住所:兵庫県神戸市中央区港島2 MAP
アクセス:ポートライナー「中公園駅」より北へ徒歩約8分

駐車場:あり(有料)
トイレ:あり(1カ所/紙あり)
カフェ・レストラン:なし

11.兵庫県立舞子公園

カラフルにライトアップされる明石海峡大橋を間近で望めるスポット♪

神戸市垂水区にある「兵庫県立舞子公園」は、明石海峡大橋に面した広大な公園です。駅から歩いてすぐの場所なので、気軽に訪れることができる夜景スポットとして人気。

本州側から最も間近でダイナミックな橋を見渡すことができ、そのスケールは壮大で感動するはず!夜になると橋のネオンがさまざまな色に輝き、海面に映し出される美しさに思わずうっとり。

季節や時間帯によってネオンの色が変わり「パールブリッジ」と呼ばれ、何度見ても楽しめますよ♪また、日没付近の時間帯に訪れるとマジックアワーが見られることも!赤やオレンジ、ピンク、紫など幻想的な風景とともに、街の光が灯しはじめる煌(きら)びやかな夜景を楽しんで♪

■イベント情報
なし

■詳細情報
住所:兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051 MAP
アクセス:JR「舞子駅」、山陽電鉄「舞子公園駅」下車、南へ徒歩約5分
神戸淡路鳴門自動車道「垂水IC」から南西へ約20分
第二神明道路「高丸IC」をから南西へ約15分

駐車場:あり(1時間200円、上限1,000円)
トイレ:あり(2カ所/紙あり)
カフェ・レストラン:なし

➡︎公式HPはこちら

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年10月17日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP