兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2020.05.28
4,780 views

【加西】「がいな製麺所」の本格讃岐うどんが絶品!地元コラボの卵かけご飯も

兵庫にいながらにして本格讃岐うどんが味わえる、うどん好きがリピートする「がいな製麺所」。加西市郊外の田園地帯にあるお店は、マスコットキャラクターの「がいなばあちゃん」の大きな看板が目印です。優しいおばあちゃんの笑顔とおいしいうどんに笑顔の輪が広がります。

小さなガレージから始まった「がいな製麺所」

加西市ののどかな田園風景の中にある「がいな製麺所」。静かな立地にもかかわらず、本格讃岐うどんを食べに訪れるお客さんは県内外を問いません。リピーターが多く、土日は行列ができ、1時間以上待つことも。

創業は2004年、小さなガレージでのうどん作りから始まりました。それが人気が高まるとともにお店を増築。明るい店内にテーブル席が48席とカウンター席が8席(うち8席は屋外)と広々しています。

店主が修業を積んだ本場讃岐の名店「池上製麺所」の名物おばあちゃんが「がいなおばあちゃん」と呼ばれていたことから、この名が付きました。いつも笑顔のおばあちゃんのように笑顔と幸せがあふれるお店にしたい願いが込められています。ちなみにがいなとは、「強い」「根性のある」という意味の香川の方言だそう。パワフルなおばあちゃんがそれだけすごいと思われてたんですね。

お店の外にはインパクトのあるがいなばあちゃんの大きな看板が。幸せがあふれるおばあちゃんの笑顔がお客さんを見守ります。お店を訪れたらぜひ記念撮影をどうぞ!

こだわりの原料で丁寧に作る本格讃岐うどん

お店自慢のうどんは、コシがやや強めの中太めん。水、粉、塩にこだわっておいしいうどんが作られます。

うどん作りに欠かせない水はすべて浄水されています。うどんだけでなく、手洗い用など敷地内に出る水はすべて浄水にする徹底したこだわりぶりです。粉は香川県から取り寄せたブレンド小麦粉。

うどんは作るというより「育て上げるもの」。おいしくなれと愛情を注いで練り上げると、うどんが成長してくれるのだそう。大きな釜でゆっくりとくっつかないように丁寧にゆで上げられた、もっちりとしたコシのあるめんはゆでたてが最高に美味です。

うどんのカルボナーラ!?「バター釜玉」

『バター釜たま』710円

もっちり中太めんに玉子の黄身とバターがからんでクリーミーな『バター釜たま』は、まるで“うどんのカルボナーラ”。あらびきの黒コショウがピリッと効いて、トッピングは洋風なベーコンの天ぷら。だししょうゆをかけていただく、女性に大人気のうどんです。

早い者勝ち!お得な「がいな特別定食」

『がいな特別定食』980円

数量限定の『がいな特別定食』は、海老天とマイタケ天のおろしぶっかけ、がいなのTKG(卵かけご飯)、ミニチーズケーキがセットに。

ぶっかけうどんは温と冷が選べます。本来のコシやおいしさを冷たいめんで味わってもらうのがおすすめ。カツオといりこと昆布で丁寧にうまみを抽出した出汁としょうゆのバランスが取れたつゆがGOOD!

卵かけご飯は、ごはんと卵とだし昆布、刻みネギをちょっと甘めのしょうゆで混ぜ合わせていただきます。新鮮卵のおいしさをしょうゆが引き立ててごはんが進む絶品です。

加西市のサクライズミ 高橋醤油 のしょうゆと夢前産の卵を使い、一杯のなかに地元のおいしいがぎゅっ!

デザートもご近所のチーズケーキ専門店cotoさんとのコラボ。加西のおいしいものが一度にいろいろ味わえてきっと満足できるはず。

『がいな特別定食』の内容は、季節によって変わります。

テイクアウトもOK!体験講座やイベントも

『がいなの生麺(4人前)』だししょうゆ付き 620円、だししょうゆなし 540円

こだわりの手打ちめんはお持ち帰りもできます。自宅で本格讃岐うどんを味わって!おいしいゆで方も教えてもらえます。

『半生麺』3人前 500円、6人前 1,100円

お土産用に水分を抑えて日持ちをよくした半生麺もあります。その他に県内外のイベントに出店したり、うどん打ちの出張体験講座を行ったりしているので、身近なところで本場讃岐のおいしいうどんに出合えるかも。

■詳細情報

■DATA

がいな製麺所

所在地
兵庫県加西市和泉町25−3
電話番号
0790-45-0848
営業時間
10:30~15:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2019年12月13日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP