兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2020.3.11
51,727 views

【姫路】廃校の幼稚園をリノベーション「農家レストラン且緩々(しゃかんかん)」でビュッフェランチを堪能しよう

廃校をリノベーションした「農家レストラン且緩々(しゃかんかん)」。木造りのあたたかなぬくもりに包まれながら、フレッシュな野菜がたくさん食べられると人気を集めています。澄んだ空気の中、心身ともにリフレッシュできるひとときを過ごしませんか?

「農家レストラン且緩々(しゃかんかん)」

山間の集落で廃校になった幼稚園をリノベーションして作られた「農家レストラン且緩々(しゃかんかん)」。内装や外装は、幼稚園として使われていた当時の様子をほとんど残したままで、今にも子どもたちの笑い声が聞こえてきそうです。

高い天井と大きな窓が特徴的なビュッフェ会場は、元々は遊戯室として使われていたんだとか。木のぬくもりに包まれる空間で、リラックスしたランチタイムを過ごすことができます。


野菜たっぷりのビュッフェランチ

『ビュッフェランチ』2,000円
※90分入れ替え制

ランチは地元で育てた新鮮な野菜やハーブが主役のビュッフェスタイル。月・火・金曜日は11:15~12:45、土・日曜、祝日は11:15~12:45、13:15~14:45の2部制で実施しています。2022年9月下旬ごろまでは、野外営業をしています。

メニューは野菜やハーブを使った料理を中心に、サラダや揚げ物、デザートなど常時20種類以上が並びます。食材は地元産や国産、調味料も保存料や着色料を使わないなど細部にもこだわりが。「負荷が少ない食事で体をリセットすることで、心身の状態が整います。」と店長の藤岡さん。工夫を凝らした月替わりのメニューや地元ごはんも登場するので何度でも通いたくなりそう。外に広がる大自然を感じながら頬張れば、日々の疲れも吹き飛びます。

料理には、食事のアドバイスが掲示されています。体に必要なものを意識して補うことができるのが魅力ですね。おなかいっぱいになっても罪悪感はなし!食後はヘルシーなデザートと香り高いハーブティーを堪能して。

ビュッフェの料理がテイクアウトOK!

ビュッフェランチの終了前12:15~と13:30~は、1,000円でテイクアウト用の容器にお気に入りの料理が詰められます。栄養満点のおかずが家庭でも味わえますよ。



地元野菜の販売もあります

ランチを待つお客さんには月替わりのお茶でおもてなし。取材時は、地元で取れた桑の葉茶を使っていました。

香寺ハーブ・ガーデンの商品を販売するショップや、地元農家が出店する野菜の直売所も併設。土日は買い物目的に訪れるお客さんでにぎわいます。

店長が「料理を通して食べることの大切さを伝えたい」との思いで営む農家レストランで、フレッシュな野菜をこころゆくまで堪能してみては。

■詳細情報

■DATA

農家レストラン 且緩々(しゃかんかん)

所在地
兵庫県姫路市夢前町山之内乙120-1
電話番号
079-338-0510
営業時間
ショップ
10:00~17:00
レストラン
(月・火・金)11:15~12:45
(土日祝)11:15~12:45/13:15~14:45※2部制
※レストランは予約制、各回90分制
最新の情報はfacebookにて確認をお願いします。

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年8月18日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP