兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.8.14
20,068 views

【加古川】「ロージーカフェ」野菜たっぷり手作りランチや炭火焙煎コーヒーが人気♪夜カフェもスタート!

JR加古川駅近くの路地裏にひっそりと佇む「ロージーカフェ」。地元の野菜をふんだんに使用した、ヘルシーなランチが人気のお店です。こだわりの炭火焙煎コーヒーはドリップパックでも販売中。2022年5月からは夜カフェもスタートし、利用できる時間帯が増えました。栄養満点の夜メニューで明日の元気をチャージしては。

アットホームな隠れ家「ロージーカフェ」

JR加古川駅から南へ徒歩3分、国道2号線の一つ北側の路地にある「ロージーカフェ」。数十年にわたる和食店での修行とコーヒー専門店での経験を生かし、食事もカフェも本格的に楽しんでもらいたいという思いからはじまったお店です。

ロージーは“将来有望な”という意味。路地裏にも掛けて名付けたんだそう。

木の温もりがあふれ、ゆったりした時間が流れる店内。2人用テーブル7卓が並び、一人でも気がねなく入れるアットホームな空間です。

ランチタイムには、近所の主婦や仕事の休憩で訪れるサラリーマンでにぎわいます。


テイクアウトOK!野菜たっぷりランチ

『ロージーランチ(コーヒー、ミニデザート付き)』1,100円 

メイン料理、小鉢、サラダ、茶碗蒸し、みそ汁、ごはんが付いた週替わりランチ。健康的で体への負担が少ない味付けを心がけ、稲美町で採れた野菜や兵庫県産の米など約20品目を使用しています。作り置きは一切せず、毎朝とる出汁を使った優しい味わいの料理が並びます。

豆腐を混ぜたヘルシーなハンバーグは、2カ月に1度登場する人気メニュー。季節によってソースが変わり、取材日は、甘めで濃厚な八丁味噌を使った和風のデミグラスソースが味の決め手に。季節感を大切にしたいと、トッピングにオクラ、ナス、甘長ししとうを。夏を感じる一皿です。

小鉢の卯の花や炊き合わせにも地元の野菜をふんだんに使用し、一つひとつ丁寧に手作りしています。7、8月の茶碗蒸しは冷製で。コリンキーやサラダケールなど、ちょっと珍しい野菜が登場する彩り豊かなサラダには、宮崎県から取り寄せるスッキリとしたドレッシングをかけて召し上がれ。

『ロージーランチBOX』900

週替わりランチはテイクアウトもOK。前日までの予約制です。ロージーブレンドのドリップパック付きは1,000円です。

炭火焙煎コーヒーと自家製スイーツ

『ロージーブレンド』500

コーヒーは「神戸珈琲」の紀州備長炭で焙煎した豆を使用。ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹(い)れています。深めの中煎(い)りで酸味は少なく、パンチのある苦味とコクが特徴的。炭火焙煎特有の、ふわっと広がる炭の香りを楽しんで。

ドリップパックは一つ150円で販売。自宅でも手軽に本格的なカフェタイムを再現できます。ちょっとした手土産に、まとめ買いするリピーターもいるそう。

『炭火アイスコーヒー』500

アイスコーヒーはネルドリップで抽出。まったりとした口当たりで重厚感があり、豆本来の風味やコクをしっかり感じられます。コーヒーはテイクアウトOK。ホット、アイスともに300円です。

『ミニコーヒーゼリー(コーヒーor紅茶付き)』880円 

苦味の利いたコーヒーゼリーと、ほんのり甘いブランマンジェが二層になった大人味のスイーツ。バニラアイスとの相性も抜群です。ランチを注文した人は、プラス330円でミニデザートからの変更もOK。



木曜限定!夜カフェをスタート

『夜定食』1,200円~

2022年5月からは夜カフェがスタート。週に1回、木曜限定で営業しています。

週替わりメニューが毎週3種ほどスタンバイ。肉や魚を中心としたメインに、サラダや小鉢、汁物が付いて栄養もボリュームも満点!昼間とはちょっと違ったゆっくりできる空間を求めて、女性客や子連れママが多いとか。

2022年8月は木曜に加えて金曜も夜カフェを営業中。週の後半が始まる木曜日、ちょっと疲れが溜まってきたら、栄養満点のカフェ飯で週末に向けて元気をチャージしませんか?

■詳細情報

■DATA

ロージーカフェ

所在地
兵庫県加古川市加古川町寺家町66-15
電話番号
079-427-5239
営業時間
ランチ/11:00〜15:00
ディナー/17:00~21:00(L.O.20:00) ※木曜限定

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2020年8月3日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP