兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2023.12.19
37,900 views

【加古川】「パントアーウ」新作スイーツパンや店内で楽しめる『贅沢ワッフルプレート』が新登場♪

加古川の老舗「ニシカワ食品」が手がける新店舗「PANTOAAU(パントアーウ)」。JR加古川駅から徒歩約3分とアクセス良好な場所にあります。小さな子どもからお年寄りまで幅広い世代が集うべーカリーを目指し、子どもが自分で買い物ができる「キッズコーナー」や、本格的なカフェを併設。看板商品『にしかわフラワー』のミニサイズや、お酒に合うおつまみ系パン、地元産小麦を使ったもちもち食感の食パンなど、多彩なラインアップが魅力です。新商品のスイーツパンやワッフルメニューにも注目!

・「PANTOAAU(パントアーウ)」

1947年にJR加古川駅前で創業して以来、長きにわたって愛され続けている老舗「ニシカワ食品」。“ニシカワパン”の愛称で親しまれ、直営店や学校給食、コンビニ、スーパーマーケットなど、関西を中心に幅広く展開しています。

2023年6月24日に、同社が手がけるベーカリー「PANTOAAU(パントアーウ)」が誕生。JR加古川駅前にある「カピル21専門店街」1階の角地に位置し、駅から徒歩3分とアクセス良好です。

思わず口ずさみたくなる印象的な店名には、コロナ禍で人と会えない状況を乗り越え、「人と人とが出会える場所」「パンに合う本格的なドリンクが味わえる場所」など、さまざまな“あう”が実現する場所になるように、という思いが込められているそう。

店内に入ると、ずらりと並んだパンがお出迎え。その数なんと80種類以上!パン作りの長い歴史と高い技術、豊富なアイデアを持つニシカワパンだからこそなせる業です。稲美町の工場から毎朝焼きたてのパンが直送されています。

内装はヨーロッパテイストでまとめられ、清潔感あふれるホワイトの壁に、ブルーのアクセントクロスが上品な印象。陳列台は木目調で統一され、中には一点物のアンティーク家具も並びます。デザイン性の高いおしゃれなライトにも注目です。

パン販売スペースを抜けると、柔らかな自然光が差し込むカフェが広がります。テーブル8席、カウンター4席の全12席。「ワンドリンク制なので購入したパンと飲み物を楽しみながら、ゆったりくつろいでいただきたい」との思いから、スペースにゆとりをもって座席を配置しています。

コンセプトにある「パンに合う本格的なドリンクが味わえる場所」を実現するため、有名ホテルでも採用されているエスプレッソマシンを導入。コーヒー豆は30種類以上を試飲して厳選したという姫路の「成田珈琲」の豆や、地元加古川にある「播磨珈琲焙煎所」のスペシャルティコーヒーなどを採用。オーガニック系の紅茶も充実していて、人気のノンカフェインのルイボスティまでそろっています。

さらに、ベーカリーでは珍しいワインの販売も!ハード系のパンはワインなどのお酒に合うように作られていて、おしゃれなおつまみパンなどが並びます。女子会で昼飲みを楽しんだり、仕事帰りに立ち寄ってゆっくりと飲むのもおすすめです。


・子ども自ら買い物体験ができる「キッズベーカリー」

“周囲に気を遣うので、子連れでパン屋を訪れるのはハードルが高い”と感じているパパ・ママは多いのでは?同店では、ぜひ子どもと一緒に訪れて「子ども自ら“買い物体験”を楽しんでほしい」との思いから、「キッズベーカリー」を設置しています。

ウィリアムモリスの壁紙を採用し、ヨーロッパ調の内装とマッチしたパンの陳列台は特注。子どもが利用しやすい低めの設計に加えて、手を挟まないように蓋がゆっくりと閉まるようになっています。

また、子どもが持ちやすいサイズのトングやカゴが用意されているので、子どもが自分でパンを選んでカゴに入れることができます。

左から『クマ』、『かめ』各129円

「キッズベーカリー」では、かわいらしいアニマルパンを販売。『クマ』『かめ』『うさぎ』『パンダ』『わんこ』(各129円)などが勢ぞろいしています。食べるのがもったいないほどキュートな見た目にくぎ付けになりそう!

・目にも楽しい新作スイーツパンが登場!

『Melty Woody(左からフランボワーズ、チョコ、ピスタチオ)』各280円

『Melty Woody(メルティー・ウッディー)』は、パン職人が一から手作りしたデニッシュに、フランボワーズやチョコ、ピスタチオをコーティングしたスイーツパンです。

デニッシュ生地の中には、カスタードクリームが惜しみなくイン!生地全体にカスタードクリームが行き渡るように丁寧に絞り込まれています。

『クリクロ(左からカスタード、チョコ)』各216円

三角屋根のような見た目がかわいらしい『クリクロ』。韓国スイーツで人気のクロッフルをサンド風に作り、カスタードやチョコクリームをたっぷり入れました。

トップには、雪をイメージして砂糖をふりかけ、甘党さんが満足できるよう工夫。まるで雪が積もったお家のようなビジュアルのかわいらしい一品です。

『アップルホイップサンド』180円

ダイナミックなサイズの『アップルホイップサンド』も新登場!しっとりしたコッペパンの中にはなめらかな味わいのホイップと、砂糖で煮つめたリンゴジャムを詰め込んでいます。

半分に割ってシェアするのもよし!オーダーを受けてからホイップとジャムをトッピングしてくれるので、作り立てを味わえます。ぜひご賞味あれ。

『いちじくのシュトーレン』2,500円 ※12月25日(月)まで販売

ドイツ発祥のクリスマスの風物詩「シュトーレン」が期間限定で登場!バターを使った生地に、イチジクやレーズン、クルミなどをたっぷり練り込んでいます。イチジクの甘酸っぱさがクセになり、ワインとの相性も間違いなし!

オリジナルのボックスでラッピングしてもらえるので、手土産やギフトにもおすすめ。今年のクリスマスは、『いちじくのシュトーレン』をお供に迎えてみては?



・店内で楽しめる『贅沢ワッフルプレート』に舌鼓♪ 

『シュガーバターワッフル』(1個)200円

某大手ワッフル会社にも劣らないワッフルを作る使命を下された、「ニシカワパン」のスタッフたちによる試行錯誤の一品『シュガーバターワッフル』。

4ヶ月もの月日をかけて開発し、サクサク食感に仕上げるように、生地やバターの配合にこだわりました。甘さも控えめなので、自宅で好きなトッピングと一緒に楽しむのも◎!

『贅沢ワッフルプレート』800円

自慢のワッフルが華やかに盛り付けられたイートイン限定のプレート。ワッフル2枚に、乳脂肪たっぷりの濃厚なホイップクリームとバニラアイスをトッピング。ミックスナッツやミックスベリーも絡めて、風味や食感の変化も楽しんで。

男性からも「満足感たっぷり!」と好評のボリューム満点メニュー。カフェでしか味わえない特別な一品をぜひご賞味あれ。

・あの看板商品がミニサイズになって登場!

『ミニフラワー』各150円

プレーンとカラメル入りの2種類の菓子パン生地を交互につなげ、バニラ風味のクリームをふんわりと巻き込んだ、ニシカワパンの看板商品『にしかわフラワー』。その様子が花束のように見えることから、この名前が付いたそう。子どもや小食の人でも食べやすい『ミニフラワー』になって新登場しました。

定番フレーバーに、「抹茶チョコレート」や「ストロベリー」などの新フレーバーが加わり、計5種類を販売。いずれも「パントアーウ」だけの限定商品です。

写真は左下から時計回りに「チョコレート」「ミニフラワー」「抹茶チョコ」「ミルクチョコ」「ストロベリー」です。

店頭では透明のカップに入って販売されているので衛生的。専用のボックスに入れてもらうこともできるので、お土産やギフトにもおすすめです。


・ふわもち食感の生ドーナツも多数ラインアップ

『生ドーナツ』151円~

SNSなどで話題の生ドーナツもラインアップ!老舗ベーカリーが手がける特徴的なふわもち食感はもちろん、SNS映えしそうなカラフルでかわいらしい見た目にもテンションが上がること間違いなしです。

真ん中に穴が開いたスタンダードな形のものと、ふんわりと丸くコロンとしたフォルムが印象的な2種類が並びます。何個か購入してシェアするのもいいですね。

『生ドーナツ チョコ』253円

要冷蔵の『生ドーナツ』も販売。生地の表面にまぶされた粉砂糖も相まって、外はザクッと、中はふわもち食感に。チョコレートクリームがあふれんばかりにたっぷりと入っているので、一つでも十分な満足感が味わえます。

甘めなので、「パントアーウ」自慢の本格コーヒーと一緒に注文してみては?このほか『生ドーナツ カスター』(253円)も用意されています。

・地元産の小麦にこだわったもちもち食パン

『パントアーウ食パン』1,080円

弾力のある食感を生み出す加古川産の小麦「ゆめちから」と、風味が魅力の兵庫県産の小麦「せときらら」を特別にブレンドした『パントアーウ食パン』。「パントアーウ」だけの限定販売です。

トーストするとよりおいしくなるように考えてブレンド、ミキシングされているそう。袋から取り出すと、ほんのり甘い香りがふわり。トーストしてみると、より小麦の香ばしさが感じられ、驚くほどもちもち食感に!まずは何も塗らずに、小麦本来の甘さをじっくり味わって。

・食べやすいサイズ、価格がそろう「ミニパン」

店内入って左手には、手のひらに乗るミニサイズのパンを豊富にラインアップ。大人も子どもも“パンを選ぶ楽しみ”を感じてもらえるように、「サイズ感・食べやすさ・購入しやすい価格」を意識しているそう。

原材料の価格高騰により、各ベーカリーでパンの値上がりが続いていますが、「少しでも買い求めやすい価格でおいしいパンを食べてもらいたい」という気持ちから、「パントアーウ」限定で販売することになったそう。

『ミニハムロール』129円

フワッとした軽い生地で、ハムと辛子風味のマヨネーズを贅沢に巻き込んだ『ミニハムロール』。ちょっと小腹が空いたときに食べたくなるサイズ感が魅力です。『ミニウインナー』(129円)や『ミニタマゴパン』(129円)などもあるので、いくつか購入して朝食やランチにするのもおすすめです。

・お酒に合うおつまみ系パンも充実♪

『ソーセージ&ブロッコリー』259円

店内中央はハード系パンのスペース。“お酒に合うパン”を目指して開発された商品が目白押しです。『ソーセージ&ブロッコリー』は、しっとりとした生地のハードパンに、濃厚なミートソース、ブロッコリー、ソーセージ、粉チーズをトッピングした一品。

パンと具材がどちらも多すぎず少なすぎず、絶妙なバランスで保たれています。酸味と甘みをどちらも感じられる味わいはワインにぴったりです。

『おつまみトマト』151円

もちもち生地に、お酒に合う具材がトッピングされた「おつまみシリーズ」もおすすめ!生のプチトマトを使った『おつまみトマト』は、見た目の鮮やかさに食欲をそそられます。ブラックペッパーが練り込まれた生地に、塩味とピリッと辛さを感じるソース、トマトをトッピング。

『おつまみバイエルン』(151円)や『おつまみオリーブ』(151円)も一緒に購入して、ぜひカフェでワインと合わせて楽しんで。

子どもと一緒にパンの買い物を楽しんだり、コーヒーやワインを飲みながら語り合ったり。手に取りやすい価格のパンが豊富にそろい、幅広い世代の人が集う「パントアーウ」をぜひ訪れてみては。

■詳細情報

■DATA

PANTOAAU(パントアーウ)

所在地
兵庫県加古川市加古川町篠原町21-8 カピル専門店街1階
電話番号
079-497-5515
営業時間
9:00~19:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年12月12日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP