兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2019.01.15
65,090 views 48 チョイス

【姫路】和スイーツが楽しめる古民家カフェ「あまねや」限定のパフェが新登場!

姫路市内に2店舗ある「甘音屋」の古民家カフェ「あまねや」が2018年4月にオープン。手土産や進物におすすめの和菓子の販売はもちろん、新店でしか購入できない限定商品もあります。2018年12月から登場した新商品の『WAYOU パフェ』もチェックして。

「あまねや 大津長松店」

2018年4月にオープンした古民家カフェ「あまねや 大津長松店」。姫路市内に2店舗ある「甘音屋」の姉妹店です。

場所は山陽電鉄網干線「平松駅」から徒歩9分。車では、県道421号線「平松」の交差点から200m東側にある「平松橋」を渡ってすぐの角を北に左折します。

一つ目の角の右側にある「長松消防車庫」を右折。200m程で左側に「amaneya」と書かれた黒い木造の納屋と二階建ての家屋が現れます。
※道幅が狭いので事前に問い合わせがおすすめ

築80年以上の古民家を約1年半かけてリノベーション。城下町の風情を残したしっとりとした佇まいで、奥ゆかしく懐かしさを感じます。

古い材質を生かしつつ、近代的な新しさを取り入れた古民家カフェ。古くからあるお城や新しい街並みがある「姫路」をイメージして作り上げました。

経営者は姫路の創作和菓子店として人気を集める「甘音屋」のオーナー。お菓子の販売はもちろん、カフェとして利用できる新しいスタイルの「あまねや」が誕生しました。

●甘音屋のお菓子の記事はこちら
インスタ映えするかわいいスイーツ7選!季節限定のパフェが食べられるカフェも
姫路で人気のお土産10選!地元民が選ぶおすすめのお菓子&スイーツはコレ【駅周辺】
姫路周辺でフォトジェニック発見!SNS映えするスイーツ&グルメ8選!

歴史深い家具が並ぶ 和モダンな店内

もとは、納屋だったスペースをカフェスペースに。改築が必要な天井や床などは、オーナーが自ら解体したそう。
壁には「黒漆喰(くろしっくい)」や姫路城の外壁にも塗られている「白漆喰(しろしっくい)」を使用。日本らしい和の雰囲気で、落ち着きのある店内です。

存在感のあるレトロな食器棚は、なんと約100年前のもの!
大正時代から使われていたそうで、保存状態がよいからこそ実用できているのだとか。
中には有田焼と丹波焼の食器がズラリ。オーナーが足を運んで仕入れた食器の数々が並びます。

ソファ席にあるテーブルは全てオリジナル。
オーナーが所有していたそうめん蔵に使われていた廃材を貼り合わせて作りました。

多目的スペースとして設けられたガラス張りの部屋には、作家の作品を展示しています。
今後、催しやギャラリーなどに使用する予定だとか。

ひとむかし前にタイムスリップしたかのような空間で、時間を忘れてまったりと過ごせそうですね。

平日限定商品! 注文が入ってから作るわらび餅

『真蕨 shinwarabi(しんわらび)』900円

材料はとってもシンプルで本わらび粉、砂糖、水の3つだけ。
希少な本わらび粉100%にこだわっているので、余計なものは入れません。
もっちりとした程よい弾力につるんとしたのどごしが特長。

沖縄の波照間産の黒糖で作った黒蜜と深入りきな粉をかけていただきます。
素材本来の味を生かした優しい甘さで、いくらでも食べられそう。

オーダーが入ってから作るので、一皿10分〜と提供まで時間がかかります。混雑具合で時間が変動することも。

人気の和スイーツ かりんとう×アイス

有田焼のおしゃれな器で登場。蓋を開ける瞬間は、心がワクワクします。

『果里(クリーム)kari cream(かりクリーム)』550円

金箔をあしらった冷んやりスイーツがお目見え。
濃厚なバニラアイスにかりんとうの衣の部分をたっぷりトッピングしています。
一緒に食べると黒蜜アイスのような和スイーツに変身。衣だけで食べると、カリカリとした食感で黒糖の甘みがしっかり感じられます。

中にはクラッシュしたかりんとうも。いろんな味や食感に出合える新感覚のスイーツです。

単品のスイーツのほか、ドリンクとセットになったメニューも用意。
夏は、冷やしみたらしやエスプーマをトッピングしたかき氷を販売します。
大津長松店でしか食べられないメニューもあるので、何度も通いたくなりそう。

ドリンクメニューは宇治茶とイタリアのコーヒー

『うたかた utakata』600円

カフェ注文できるドリンクはお茶4種類とコーヒー(HOT/ICE/オレ)。
お茶は全て京都の「宇治茶」を使用しています。

『うたかた』はその名の通り、表面に泡が浮かぶ抹茶ラテ。
優しく丸い口当たりになり、抹茶のうま味を引き立てます。好みで砂糖を入れて甘さ調節して。

ほかにも、煎茶、薄茶、碾茶(てんちゃ)があり、どれも注文ごとに点(た)てる本格的なお茶です。
甘みや渋み、苦味、うま味などお茶の独特な味わいを楽しんで。

『可否 kahi(コーヒー)』550円

「ナカザキコーヒーロースター」のコーヒー豆を使用しています。香ばしい苦味とコクのある一杯。
挽きたて淹れたてのコーヒーでほっと一息しませんか。

NAKAZAKI COFFEE ROASTERの記事はこちら!
スペシャリティコーヒーだけが並ぶ!自家焙煎珈琲豆にこだわる小さな古民家焙煎所

持ち帰り商品が充実!限定のフレーバーも

カフェだけでなく本店の和菓子の販売もあります。
人気商品の『せせらぎ(冷しみたらし)』や『みかん大福 味感(みかん)』も購入可能。
詰め合わせもあるので、手土産にもぴったりです。※『WA YOU』は本店のみ

限定の商品もチェックして。
姫路の船津産のショウガを使ったかりんとう『果里(かり)しょうが』100円や大納言小豆を使った栗入りどら焼き『焼音(やきおと)栗入り』220円、こしあんを使った『焼音 こしあん』220円は大津長松店だけ!

電話予約で本店での受け取りも可能ですが、商品の数によって予約できない場合も。
事前に問い合わせがベストです。

大津長松店限定のWA YOUパフェが登場!

『WA YOUパフェ かさね 茶』800円

長松店のカフェ限定で、和菓子の枠にとらわれない個性豊かな『WA YOUパフェ』が登場。

『かさね 茶』は、抹茶エスプーマ、三笠生地、白玉、抹茶ゼリー、小豆など和素材を丁寧に重ねた一品。上には抹茶アイスがのっていて、なんともぜいたく。それぞれの食感を一つひとつ楽しみながら味わってみて。

ニューヨークのラジオ番組で姫路の和菓子店として紹介されたこともある「amaneya」。世界からも注目される「amaneya」から目が離せません!

■詳細情報

■DATA

あまねや 大津長松店

所在地
兵庫県姫路市大津区長松424-1
電話番号
079-239-1230
営業時間
10:00〜18:00 LO.17:00

■関連記事はこちら
インスタ映えするかわいいスイーツ7選!季節限定のパフェが食べられるカフェも
姫路で人気のお土産10選!地元民が選ぶおすすめのお菓子&スイーツはコレ【駅周辺】
姫路周辺でフォトジェニック発見!SNS映えするスイーツ&グルメ8選!

掲載内容は2019年1月7日時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP