兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2021.12.09
21,572 views

【播磨町】「jamjam cafe」が移転オープン♪ランチは自家農園の無農薬野菜がたっぷり!

神戸市垂水区で7年間愛され続けてきた人気店「jamjam cafe(ジャムジャムカフェ)」が、2021年12月5日播磨町へ移転オープン!自家農園の無農薬野菜をたっぷり使った栄養満点のランチが自慢です。メインが3種類から選べるランチは、すべてテイクアウトOK!ぜひ事前予約をしてから訪れて。

垂水から播磨町へ「jamjam cafe(ジャムジャムカフェ)」が移転オープン

2021年12月5日、「jamjam cafe(ジャムジャムカフェ)」が移転オープン!場所は、山陽電車播磨町駅から西に約10分歩いたところにあります。営業日は水曜日と日曜日の週2日なので、来店日に注意して。

以前は神戸市垂水区で7年間営んでいた同店ですが、縁あって播磨町へ移転することに。シンプルな外観に、シロクマの彫刻がインパクト大!このシロクマを目印に場所を見つけて。

理想をすべて詰め込んだという洗練された店内。店主の旦那さんが設計を手掛けたそう。モルタルの壁と床に囲まれた空間に、無垢材のテーブルとアイアンのチェアを配し、男前なインテリアに仕上げています。

所々に観葉植物やドライフラワーも取り入れ、カントリー風の雰囲気も感じさせます。洗面台や扉、天井に吊るした流木オブジェなどは、旦那さんのDIYなんだとか。夫婦の思いがたくさん詰まった素敵な空間は居心地抜群です。

席数は17席。カウンター席もあるので、おひとり様も気軽に訪れて。


自家農園の採れたて無農薬野菜が自慢のランチ

地元・加西市に自家農園をもつ同店。ここで店主の父が育てた無農薬栽培の野菜を味わえるランチが自慢です。

“保田ぼかし”という有機肥料を一から作り、野菜に付く虫は手作業で除去するなど、毎日、早朝から日が暮れるまで手塩にかけて育てているのがおいしさの秘密。春夏、秋冬それぞれのシーズンごとに約20種類もの野菜を、「jamjam cafe」のランチで提供するためだけに育てています。ランチを通して、無農薬野菜のおいしさをかみしめて。

『唐揚げランチ』1,250円

ランチはメインのおかずを唐揚げ、ハンバーグ、週替わりの3種類からチョイス。そのほか、旬の野菜を使った日替わり惣菜が4種類とサラダ、十四穀米、日替わりスープがセットになっています。取材日の日替わりスープは『根菜のミルクスープ』。サツマイモやダイコンなど、6種類の根菜の甘みが溶け出た優しい味わいが、体に染み渡ります。

メインの1番人気は唐揚げ。創業当時から変わらぬ味と人気の一品。若鶏のモモ肉を、特製ダレにしっかりと漬け込んで寝かすのがポイント。外はカリッと、中はジュワッと肉汁があふれ出す、まさに理想的な100点満点の唐揚げです。大きめサイズの唐揚げがたっぷり4個もお皿にのってボリューム満点!

『デミハンバーグランチ』1,250円

150gもあるハンバーグの上に、濃厚な自家製デミグラスソースがたっぷりかかった食べ応え抜群なハンバーグも自慢。野菜が豊富で健康志向なランチが自慢の「jamjam cafe」が、女性客だけでなく男性客からも愛される理由は、おいしいのはもちろんのこと、メインがとことんがっつりボリューミーなところにもあります。

『週替わり チキン南蛮ランチ』1,250円

取材日の週替わりのメインは『チキン南蛮』。衣をまとったチキンに甘酢ダレを絡めて、上には特製タルタルソースをこんもりと。ソースがこってりしすぎないように、ヨーグルトとピクルスの爽やかなアクセントを加えるのが「jamjam cafe」流。付ければ付けるほどさっぱりする絶品タルタルソースを、惜しまず贅沢に付けて召し上がれ。

ナスが旬の夏は『ナスのはさみ揚げ』や、ネギが旬の冬は『油淋鶏(ユーリンチー)』など、旬野菜に合わせてメニューを決めることが多いそう。季節感あふれるランチを食べたい日は、週替わりのメインを選ぶのがおすすめです。

小鉢、プレート皿、茶碗など、陶器の食器は店主が陶芸教室ですべて手作り。手にそっとなじむようなやわらかい曲線や食材を引き立てる色味など、手作りとは思えないクオリティの高さです。そんなところからも、店主の「jamjam cafe」への思い入れの強さが感じられますね。

ランチはテイクアウトもOK♪事前予約がおすすめ

『週替わり チキン南蛮弁当』970円

ランチはすべてテイクアウト可能。前日までに電話で事前予約が必要です。店内で食べるランチと変わらず、ボリューム満点なのがうれしいポイントです。自宅や外でカフェ気分を味わってみては。



雑貨やドライフラワーの販売スペースも要チェック!

店内には作家の手作り雑貨やアクセサリーなどの販売スペースも。2021年12月時点の作家は6人ほど。売れたタイミングや季節の変わり目で、並ぶ商品が変わるので、こまめにチェックして。

実用的なバッグや帽子などのファッション雑貨まで、ジャンルはさまざま。ご主人お手製の棚にセンス良く並べられ、ついつい手に取りたくなります。

ドライフラワーのスワッグの販売も。スワッグを販売しているのは、店内の装飾も手掛けた「cozyworks(コージーワークス)」。クリスマスリースやしめ縄など、季節のドライフラワーも登場する予定です。

販売スペースをぶらりと見に立ち寄るも良し、野菜たっぷりのランチで栄養をチャージするも良し。洗練された空間で心を和ませて。今後は店主手作りのケーキも登場し、食後のデザートまでゆっくりくつろげるようになる予定だそう。その日の気分に合わせて、自分らしい時間を過ごしてみては。

■詳細情報

■DATA

jamjam cafe(ジャムジャムカフェ)

所在地
加古郡播磨町北本荘4丁目7-11
電話番号
070-8450-4646
営業時間
11:00~15:00 LO.14:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2021年11月16日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP