兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2024.2.11
20,222 views

【加古川】パン屋「パーネカヴァロ」国産小麦粉を使い分けた多彩なパンが約40種類も♪

2023年12月、加古川市別府町にオープンした「PANE CAVALLO(パーネカヴァロ)」。日本各地の小麦粉を使い分け、丁寧に焼き上げるパンが自慢です。サンドイッチに挟むハムやマヨネーズに至るまで自家製というから驚き。手にとりやすいリーズナブルな価格もうれしいポイントです。希少品種を配合したシルキーな食パンは、手土産としても喜ばれること間違いなし!

・パン屋「PANE CAVALLO(パーネカヴァロ)」

山陽電鉄別府駅から車で5分ほど、明姫幹線からもアクセス良好な場所に店を構える「PANE CAVALLO(パーネカヴァロ)」。数々のベーカリーやレストランで長年修行を積んだ店主が手がけるパン屋です。

2023年12月5日のオープンからたちまち話題を呼び、幅広い世代のお客さんがひっきりなしに訪れています。

※2024年2月より定休日は月・火曜日

店名の「PANE」はイタリア語で“パン”、「CAVALLO」は“馬”を意味する言葉。ヨーロッパでは、馬蹄(ばてい)がラッキーモチーフの一つと言われていて、同店では古くからの風習にならい入り口の扉に蹄鉄(ていてつ)を飾っています。「訪れた人に幸運が舞い込みますように」との思いが込められているそう。

※馬蹄・蹄鉄とは…馬のひづめの底に打ちつける鉄の金具。

店内は、古材で作ったパン台やレジ棚にアンティーク小物を配置したぬくもりあるオシャレな空間。8種類の国産小麦粉を使い分けた、約40種類のパンがずらりと並びます。

中に詰める具材やソースまで自家製にこだわり丁寧に焼き上げるパンからは、作り手の愛情が感じられます。ほとんどの商品が出そろう11:00ごろが来店の狙い目。

売れ行きに応じて追加で焼き上げますが、サンドイッチ類は週末になると昼過ぎに完売することもあり、早めの来店がおすすめです。


・希少品種配合の食パン&自家製具材のサンドイッチ

『No.61』1本660

山型の食パン『No.61』の生地は、70年以上の歴史がある関東地方産の希少品種「農林61号」、北海道産の「はるゆたか」、九州産の「ふわらか」をブレンドしています。

瀬戸内海の藻塩、てんさい糖、北海道産バターを使用するなど細部にまでこだわった上、小麦の甘さを引き出すため湯種製法を採用。トーストすることで耳はサクッと、中はほどよくモチッとシルキーな食感が魅力です。

食パンはこのほか、食物繊維が豊富で香ばしい『全粒粉』(1本660円)があります。どちらも1斤(330円)や1食分(170円)も用意しているので、ライフスタイルに合わせてセレクトして。『No.61』は8:30ごろ、『全粒粉』は12:00ごろに焼き上がり、それぞれ1時間後からスライスしてもらうことも可能です。

『自家製ハムサンド』260

5種類あるサンドイッチの中で店主イチオシは『自家製ハムサンド』。ルヴァン種を使い長時間発酵することで歯切れよく焼き上げたチャバタに、米油と卵黄で作る濃厚な自家製マヨネーズを塗っています。

サンドするのは、ハーブ、塩、砂糖に国産の豚肉を5日間ほど漬け込んで低温調理したハム。ほのかにハーブが香るしっとり柔らかい無添加ハムが、どこから食べても味わえるほどたっぷり挟まれ、素材本来の味を贅沢に感じられます。

このほか、柔らかいフォカッチャ生地に、低温調理でしっとり仕上げたとりハムと野菜を挟み、タマネギとショウガの梅肉ソースでアクセントを加えた『自家製とりハムサンド』(280円)や、加古川産の「オクノの玉子」を使用した、食パン生地の『オクノさん家のタマゴサンド』(230円)も要チェックです。

『シュヴァル』280

店名にちなみ馬蹄を模したパン『シュヴァル』。フランスパン生地に、塩漬けした豚バラ肉、タマネギ、パルメザンチーズを織り込み、モッツァレラチーズをのせて焼き上げています。

パンチェッタの塩味とタマネギの甘みのバランスが絶妙。しっかり噛み応えがあり、ガッツリ食べたい人も大満足の惣菜パンです。

・クロワッサンやシナモンロールなど菓子パンも豊富

『クロワッサン』180

北海道産と九州産の小麦粉をブレンドした生地に「よつ葉バター」を折り込んだ『クロワッサン』。生地の配合に合わせて層の重ね方を微調整し、心地よいサクッと食感を生み出しています。

ほどよい甘みで、そのままはもちろん、サンドイッチにするなどアレンジもGOOD。子どもも食べやすいサイズの『ミニクロワッサン』(70円)も用意しています。

クロワッサン生地のパンはこのほか、ヘーゼルナッツチョコレートを巻き込んだ『パンオショコラ』(240円)や、マッシュポテトとアンチョビの塩味がマッチした『アンチョビポテト』(260円)など、全9種類を展開しています。

『シナモンロール』200

『シナモンロール』と言えば、ぐるぐると渦巻き状のパンを想像する人が多いのでは?ところが同店では、一口目から最後までしっかりシナモンクリームを味わえるよう、生地の巻き方を独自にアレンジしています。

甘く柔らかいブリオッシュ生地と、アーモンドクリーム入りのなめらかなクリームが織りなす、シナモン好きのための風味豊かなパンをご賞味あれ。

菓子パンはこのほか、自家製カスタードクリームを生地の1.5倍詰め込んだ『クリームパン』(160円)もおすすめ。オーガニックバニラビーンズペースト入りのクリームは甘さひかえめで、なめらかな口当たりがやみつきになります。

小麦粉や具材だけでなく、製法や形状など細部にまで工夫を凝らしたバラエティ豊かなパンを提供する「PANE CAVALLO」。

どれもリーズナブルな価格で、あれもこれもと欲張ってしまいそう。朝ごはんやカフェタイムのお供に、心惹かれるパンを探してみてはいかが?

■詳細情報

■DATA

PANE CAVALLO(パーネカヴァロ)

所在地
兵庫県加古川市別府町別府717-1
電話番号
079-497-7679
営業時間
8:00~18:00(売り切れ次第閉店)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2024年1月24日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP