兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2024.6.23
10,439 views

【明石】「Chez Colette(シェ コレット)」本格的な創作フレンチをコースで気軽に♪

JR西明石駅から北へ約7分歩いたところにある閑静な住宅街の中にある、フランス料理店「Chez Colette(シェ コレット)」。日本国内だけでなくフランスでも腕を磨いた女性シェフがたった一人で切り盛りする、アットホームで居心地の良いお店です。本格的なフレンチのコース料理を2,000円台から手軽に味わえると、オープンしてから早くも話題に。不定期開催のアフタヌーンティーも要チェックです♪

・「Chez Colette(シェ コレット)」

JR西明石駅から徒歩7分ほどのところにあるフランス料理店「Chez Colette(シェ コレット)」。場所は神田公園のすぐ目の前で、ブルー一色に塗られた欧風チックな外観がひときわ目を引きます。

フランス語で“家”を意味する「Chez」と、フランスで一番お世話になったコレットさんの名前を組み合わせた「Chez Colette」という店名。「“Chez Colette(コレットさんの家)”のように温かくお客様をお迎えしたい」という思いが込められています。

店内は、おしゃれなペンダントライトがささやかに明かりを灯す、落ち着いた雰囲気が漂います。まるでヨーロッパ郊外にある小さなアトリエかと錯覚してしまいそうな洗練された空間は、ほとんど店主と店主のご主人が自らの手で作り上げたそう。

壁に色を塗ったり床のタイルを剥がしたりといった内装から、水回りや電気関係の専門的なことまで、業社に頼らずに完成させました。出来上がった空間には、アンティークショップで買いそろえた家具や入り口の扉などを配されていて、見渡す限り店主のこだわりとセンスが光ります。

店主がフレンチの世界に足を踏み入れたのは、専門学校で習ったのがきっかけ。卒業後は、約3年間の渡仏経験を経た後に、西宮市夙川(しゅくがわ)にあるフランス料理店で6年以上もシェフを務め、自宅がある西明石に2023年4月、お店を開店しました。今でも店主の手がける繊細な料理を求めて、西宮方面からわざわざ足を運ぶ常連客も多いんだとか。


・1日3組限定のランチコース

『ランチコース(Aコース)』2,300円

ランチは1日3組限定なので、電話or公式InstagramのDMから予約をしてから来店するのがおすすめです。ランチは2,300円~、ディナーは5,500円~と時間帯問わず、フレンチとしては比較的リーズナブルな価格帯なので、月に何度も通うお客さんも少なくありません。

ランチコースは前菜+スープ+肉or魚から選べるメイン料理の『Aコース』と、肉と魚のどちらもメイン料理が楽しめる『Bコース』(3,300円)の2種類がスタンバイ。コースの内容は日替わりもしくは月替わりなので、訪れるたびに新しい料理と出合えるのが通いたくなるポイントです。

一皿目は前菜プレートが登場。取材日は姫路市家島町で養殖されている「白鷺サーモン」のマリネをサラダに仕立てたカラフルな一皿でした。脂がのったサーモンは、酸味の利いた自家製ビネガードレッシングや野菜とサッパリ味わうのもおすすめですが、香味野菜をブレンドしたラビゴットソースとも相性抜群!素材一つひとつの五味を丁寧に感じながら味わってみて。

次に運ばれてくるのは神戸市和田岬にある人気ベーカリー「メゾン ムラタ」のバゲットと旬野菜を使ったスープ。吸い込まれそうなほど真っ白で、思わず見とれてしまうほど美しい「ジャガイモとフェンネルのスープ」は、ミルキーな味わいの中にコクやハーブの香りがほんのり感じられる上品な味わいが楽しめます。

【神戸兵庫区】「メゾンムラタ」日常に寄り添うパン屋!天然酵母のハード系パンが自慢

『Aコース』の最後は、選べるメイン料理が飾ります。取材日は魚のメイン「明石鯛のポワレ」をチョイス。白ワインとハーブを使ったソースは、鯛からとったスープをベースにしているためうま味がたっぷり。白身魚の淡白な風味を引き立てるため、ソースは生クリームを使って濃厚に仕上げるなど、味のバランスやメリハリが新たなおいしさを生み出します。

魚のメインは仕入れ状況によって内容が変わりますが、明石の魚屋から直接仕入れているため、基本は明石産や近海で捕れたものがほとんど。メニューは来店するまでのお楽しみです♪

『ランチコース(Bコース)』3,300円

ワンランク上の『Bコース』は、メイン料理が一品増えてボリュームアップ!肉か魚を選びきれないという人や、ちょっぴり贅沢をしたいときにぴったりなコースです。

6月の肉のメインは「若鶏のロースト」。「ゲランドの塩」やコショウで味付けをしたジューシーな鶏のローストに、バスク地方の家庭料理「ピペラード」が添えられた一皿です。本場の唐辛子パウダー「ピーマンデスペレット」を使った本格的な味わいで、ピリッとした辛みと唐辛子の風味が特徴。トマトベースなので、食欲が落ちがちな梅雨どきでもサッパリと味わえます。

食後はプラス300円で『食後のドリンク』、プラス400円で『食後のデザート』、プラス600円で『食後のドリンク+デザート』を追加することができます。「コースの内容が全ておまかせなので、ドリンクやデザートだけでも選ぶ楽しみを感じてほしい」と、デザートは日替わりで3~4品ほどスタンバイ。その中から好きなものが選べます。

フランスの代表的なスイーツと言えば「クレームブリュレ」。同店のものは焼きプリンのようにしっかりと火が通っているため、老若男女問わず食べやすく幅広い世代から人気があります。表面のカラメリゼをスプーンで叩き割りながら食べ進めて、香ばしさを食感でもお楽しみあれ♪

・不定期開催の「アフタヌーンティー」も注目!

『アフタヌーンティー』4,200円〜 ※次回開催日未定。完全予約制

ランチタイム終了後からディナータイムが始まるまでの約3時間を使って、完全予約制のアフタヌーンティーも不定期で開催しています。開催スケジュールは未定なので、こまめに公式Instagramをチェックして最新情報を入手して。開催日の3~4週間前に告知&予約受付が開始されます。➡︎公式Instagramはこちら

予約は15:00~、15:30~、16:00~の3部制。一人でも利用できるので、だれもがちょっぴり憧れる“おひとり様アフタヌーンティー”もかないます。2時間制でフリードリンク(1時間半制)付きなのもうれしいポイント!お気に入りのドリンクやスイーツを片手に、2時間たっぷり語り尽くせます。

アフタヌーンティーは3段で構成されていて、下段から順に食べるのが流儀。一番下は「セイボリー」の段で、自家製の全粒粉入り丸パンを使ったサンドイッチやスコーン、クロックムッシュ、スープがのっています。

2段目から上は「ペイストリー」。お口直しのジェラートやケーキ、フルーツで作ったスープなど、指でつまめるような小ぶりなスイーツがお皿にちょこんとのっています。

取材日の2段目は、口当たり滑らかな「ガトーショコラ」や人気の「クレームブリュレ」、「イチゴのサンド」、爽やかな香りがたまらない「タイムのアイス」が登場。「どれから食べようか」と悩む時間も幸せなひとときです。

上段はタルトやパンナコッタなどのちょっぴりリッチなスイーツがお目見え。旬のフルーツをたっぷり使った季節感あふれるスイーツに夢中になること間違いなし!

本格的なフレンチのコース料理を2,000円台から手軽に味わえるフランス料理店「Chez Colette」。ディナーは完全予約制、ランチも予約でほぼ満席になるので実質予約制ということもあり、昼夜問わず落ち着いた大人な時間を過ごすことができます。店主が敬愛するコレットおばさんの温かいおもてなしを、店主の繊細な料理や心遣いから感じ取ってみては。

■詳細情報

■DATA

Chez Colette(シェ コレット)

所在地
明石市野々上3-14-7
電話番号
078-926-1387
営業時間
ランチ/11:30~14:30(L.O.13:30)
ディナー/18:00~21:30(L.O.20:30)
※営業スケジュールを公式Instagramで確認してから来店を。

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2024年6月11日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP