兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2023.10.13
43,070 views

【姫路】「ごはんとおバンザイ ジグザグ」オープン!“主婦のひと工夫”が魅力のおばんざいランチを

2023年7月14日、姫路城のお膝元に広がる西二階町商店街のすぐ近くにオープンした「ごはんとおバンザイ ジグザグ」。姫路市東山にある「ごはんとプレート ジグザグ」の姉妹店で、2号店となる同店はいろんな料理をちょっとずつ楽しめるおばんざいランチが自慢です。主婦が楽しく追求したおばんざいは、個性あふれるものばかり。“手作りのあたたかみ”と“おばんざいの可能性”を秘めた同店の料理は、普段家庭料理を作り慣れている主婦を刺激してくれるかも。

・「ごはんとおバンザイ ジグザグ」

2023年3月に姫路市東山にオープンした「ごはんとプレート ジグザグ」に続き、7月14日に姫路駅近くにオープンした「ごはんとおバンザイ ジグザグ」。2号店は「主婦がおばんざいを楽しく追求したお店」がコンセプトで、主婦が創意工夫した変わり種のおばんざいが味わえます。

場所は山陽電車姫路駅から北へ6分ほど歩いたところ。姫路駅からも姫路城からも近く、仕事帰りや買い物の合間、まち歩きの途中にふらっと立ち寄れる手軽さが魅力です。

【姫路】「ごはんとプレート ジグザグ」ご飯×洋食のプレートランチが自慢♪夜はイタリアンも!

壁やカウンターを塗り直したり装飾を施したりと、スタッフ自らが作り上げた店内は、シンプルなインテリアで統一されています。壁際には、1号店の「ごはんとプレート ジグザグ」とまったく同じ素材を使ったカウンターがあり、コンセプトは違えど姉妹店ということを感じさせる共通点があちらこちらにあります。

カフェと居酒屋のいいとこ取りをしたようなカジュアルな空間は、老若男女問わず利用しやすい雰囲気。カウンター席が多いのでおひとり様も気軽に訪れてみて。

一枚板のカウンター席は、目の前で料理を作るスタッフと会話も楽しめる特等席。カウンターの隅には本を数冊用意しているので、食事の待ち時間を利用して読書にふけるのもGOOD◎。

飾り棚の上には、オーナーの実家から受け継いだ備前焼がずらり。趣がある器で味わう料理はおいしさがひとしおです。


・16種類のおばんざいが楽しめる数量限定ランチ

『16種類日替わりおばんざい定食』1,800円 ※数量限定

ランチは大きく分けて『16種類日替わりおばんざい定食』『おばんざい定食』『丼定食』の3種類があります。どのランチもお盆の上には愛情たっぷりの自家製おばんざいが数種類とご飯(佐用町産の白米or雑穀米)、出汁にもみそにもこだわった熱々のみそ汁など、こだわりの料理が並びます。

「いろんな種類をちょっとずつ味わいたい」という人は、数量限定の『16種類日替わりおばんざい定食』がイチオシ!毎日20種類ほど用意している中からスタッフが厳選した、16種類のおすすめを食べ比べできる欲張りなメニューです。

提供されるおばんざいは、旬野菜を使った「野菜のおばんざい」が12種類と、肉や魚を使った「メインのおばんざい」が4種類で構成されています。取材日は「かぼちゃの塩麹煮」「自家製お漬物」「夏野菜のいぶりがっこマヨ」などがお目見え。地元野菜や麹調味料、朝取ったばかりの合わせ出汁、きび砂糖など、素材から調味料までこだわり、“家庭で作れそうだけど作れないここだけの味”をかなえています。

「豆アジ南蛮漬け」は、シークワーサーに漬け込んだ大根をトッピングしたり、南蛮ダレにごま油を入れたりと、青魚の臭みを抑えるための隠し味がいくつも入ったこだわりの一品。頭からしっぽの先までやわらかいので、余すことなく味わって♪

白みそで甘く炊いた「もつ煮」や「ササミの梅しそ巻き」など、家庭や居酒屋などどこかで一度は見たことがあるようななじみのある料理に“主婦のひと手間”を加えるのがジグザグ流。「もつ煮」は合わせみそを使いコクを引き出したり、「ササミの梅しそ巻き」は自家製タルタルソースをかけて子どもも食べやすい味わいに仕上げたりと、一品ごとに創意工夫が感じられます。

・メインが選べる『おばんざい定食』と『丼定食』

『おばんざい定食(ハンバーグ)』1,300円

おばんざいだけでは物足りない人には、メインのおかずが選べる『おばんざい定食』と『丼定食』がおすすめ。

8種類のおばんざいに、唐揚げやサバ塩など6種類の中からメインを選べる『おばんざい定食』は、ハンバーグが老若男女問わず大人気!味付けやメニューが毎月変わり、月ごとに違った味わいを楽しめるのが魅力です。

取材日のハンバーグは、おろしポン酢でさっぱりいただく和風ハンバーグ。国産合い挽(び)き肉と炒めタマネギをたっぷり使用し、肉感を残しながら手ごねで仕上げるのがおいしさの秘密です。オーブンで焼き上げたハンバーグは、肉汁が今にもあふれ出てきそうなほどふっくらとジューシーな仕上がり。ポン酢を付けずにそのまま食べても絶品です。

『ローストビーフ丼』1,250円

肉好きにはたまらない『ローストビーフ丼』は、自家製のローストビーフが美しく重ねられた贅沢な一品。あえていろんな香辛料や調味料で風味付けせず、“おばんざいを引き立てるシンプルな味”にこだわったそう。ランチタイムはもちろん、夜ごはんにも大人気のメニューです。

これに「小松菜の酢味噌和え」や「茄子の揚げ浸し」など、ローストビーフに合う野菜のおばんざいが日替わりで4種付きます。

しっとりとしたやわらかさと美しいピンク色の断面が、その上質さを物語っています。白髪ネギと合わせて肉のうま味を堪能するもよし、自家製のローストビーフだれと合わせてコクを楽しむもよし。どちらもご飯が止まらなくなるほど絶品です!

『丼定食』はこのほかにもう1種類、月替わりの丼が登場することも。メニューは店頭の黒板をチェックして。



・ランチの定食はテイクアウトもOK!

左から『おばんざい弁当(ハンバーグ)』1,300円、『おばんざい弁当(サバ塩)』1,100円

ランチタイム限定で提供している定食の一部メニューは、テイクアウトもできます。『おばんざい定食』をお弁当に詰めた『おばんざい弁当』は、品数はそのまま。特に、お店でサバ一枚一枚に焼き塩を振って作る自家製の「サバ塩」が人気。脂のりがよく冷めてもジューシーで、絶妙な塩加減と相まって食欲がかき立てられます。

1個から注文が可能で、複数注文の場合は前日までに電話で要予約を。受け取り時間は11:00~L.O.16:00ですが、事前予約の場合は時間外でも受け取ることができます。

・“ちょい飲み”には『おばんざいセット』がおすすめ♪

『おばんざいセット』950円

水・金・土曜は、ディナータイム(18:00~22:00)も営業。自家製のおばんざいをお供に、お酒がぐいぐい進むこと間違いなしです。

軽く飲みたいときやファーストオーダーには『おばんざいセット』がぴったり♪ビール・チューハイ・ハイボールの中から好きな1杯とお店おすすめのおばんざいが3種類付く、ちょっぴりお得なセットメニューです。このほか、おばんざいを単品はもちろん、ディナー限定の一品料理も用意しているので、気分とお腹と相談しながら自由に食事を楽しんでみて!

「なじみのある食材でも、味付けや素材の組み合わせ一つでバリエーションが無限に広がる“おばんざいの可能性”を発信していきたい」と話す店主。主婦ならではの感性や細部にまで工夫を凝らした独創性こそが同店のおばんざいの魅力です。これをきっかけに、食材の未知なるおいしさを知れるかも!?おばんざいの可能性と魅力を見つけに足を運んでみては?

■詳細情報

■DATA

ごはんとおバンザイ ジグザグ

所在地
兵庫県姫路市西二階町101-1
電話番号
079-255-6888
営業時間
ランチ/11:00~15:00
ディナー/18:00~22:00 ※水・金・土曜日限定
テイクアウト/11:00~16:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年9月28日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP