兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2021.09.24
17,147 views

【佐用】姫路の人気和菓子店「重次郎 平福茶房」がオープン!和尽くしのジェラートやかき氷に注目

姫路城近くにある人気和菓子店「重次郎-JYUJIRO-」。その2号店「重次郎 平福茶房」が2021年8月5日、佐用町にオープンしました。色とりどりでころんとかわいいおはぎや小餅など、若い人でも食べたくなるような工夫がされた和菓子がスタンバイ。ジェラートや期間限定のかき氷にも和菓子がトッピングされていて、「こんな食べ方ありなんだ!」と驚きの連続が待っています。

姫路で人気の和菓子店「重次郎」の2号店が佐用町に

2021年8月5日、「重次郎 平福茶房」が佐用町平福にオープンしました。

まずは世界中から観光客がやってくる場所で挑戦したいと、姫路に1店舗目を立ち上げた「重次郎」。姫路店のファンに、オーナーの地元である佐用町にも足を運んでもらい、ここを拠点に地元を盛り上げたいとの思いで2号店をオープンしました。

古民家と周辺地域の再生に取り組む「NIPPONIA(ニッポニア) 平福宿場町」の複合施設内にある同店。江戸時代の酒蔵をリノベーションした店内は、古風とモダンが融合した雰囲気が広がっています。カフェスペースが併設されているので、ゆっくり利用できるのがうれしいですね。

店内の一部の扉やテーブルは酒樽をリメイクしたもの。いたるところから当時の息吹が感じられ、タイムスリップしたような非日常的な時間が流れます。

胸キュン必須のおはぎや小餅、お得なセットも

『穂-SUI-』各152円

看板商品の『穂』はもちろん2号店でも販売。コロンとかわいい小ぶりなおはぎを、柚子や栗、きなこなどさまざまな味わいで食べ比べてみて。もっちりやわらかなもち米のやさしい甘味が、素材の味を引き立てています。

『恵-MEGUMI-』各152円

『穂』と並ぶ人気商品の小餅も。粘りの強いもち米「はりまもち」を蒸して丹念に搗(つ)いているため、コシを残しながらもふわっとした食感に。自社農場で育てた無農薬の大納言小豆はあっさりとした甘味で、思わずもう1つ食べたくなる一品です。詳細は1号店の記事をチェックして。

【姫路】お城近くのセレクトショップ「重次郎」自然の恵みがつまった和菓子を召し上がれ♪

『生菓子セット』(干菓子・ドリンク付き)600円〜

『穂』・『恵』から好きな生菓子を2つ味わえるお得なセットも。カリっと食感が楽しい『玄米おこし』と交互に召し上がれ。ドリンクは、ほうじ茶か有機コーヒー(セットで800円)が選べます。

トッピングは和菓子!真新しいジェラート

通年販売されているジェラートも要チェック。香料など一切使用しておらず、佐用産牛乳の濃厚な甘みがダイレクトに味わえるミルクジェラートです。

『白-HAKU-(あん)』550円

有機栽培のスッキリとした小豆をのせた『あん』。味噌と醤油の塩味が効いたポン菓子と合わせて食べるとびっくり。ミルクの甘みと絶妙にマッチして、ポン菓子なしでは物足りなく感じるほど。

『白-HAKU-(きな粉)』550円

佐用特産「もち大豆」のきな粉がふわっと香るジェラート。シンプルに塩味のみで味付けされたポン菓子がアクセントに。おうちでも再現したい人は、ポン菓子の購入を忘れずに。

ジェラートはこのほか、『ほうじ茶』(650円)や期間限定の『苺』(650円)があります。


期間限定のかき氷にも注目

『雫-shizuku-(抹茶)』600円

週末は行列ができるほど人気のかき氷。5月〜10月上旬までと、長い期間楽しめます。

小さなおはぎが2つのっていて、「おはぎ氷」とも呼ばれている『抹茶。氷にお米という意外な組み合わせですが、おはぎを食べた後に自家製抹茶シロップが染み込んだ氷を食べれば後味スッキリ。

『雫-shizuku-(梅)』600円

地元で獲れるみずみずしい梅を漬け込んだ自家製シロップがとろり。氷全体にも甘酸っぱい梅の味が染み込んでいて、どこを食べても涼を感じる一品です。

『雫-shizuku-(ほうじ茶)』700円
※平日限定

無農薬栽培の茶葉で作る『ほうじ茶』。氷全体にほんのりと苦味が広がる大人の味わいです。シャリシャリの氷やふわふわのクリーム、トッピングの種実のさまざまな食感の変化が楽しめます。

かき氷はこのほか、土日祝限定の『甘酒』(700円)、期間限定の『苺』(700円)や『紫蘇』(600円)の全6種類。テイクアウト可能なので、外で佐用の澄んだ空気とともに味わうのもいいですね。

自然の恵みを活かした和菓子は手土産にも◎

素材の持ち味を生かした商品づくりが得意な「重次郎」。店頭には自然の恵みが感じられる、体にやさしいお菓子がずらりと並びます。若い人でも手に取りたくなるようにと、パッケージも洗練されています。手土産にも喜ばれそうですね。

『玄米おこし』119円

『玄米おこし』は、2019年の「西播磨フードセレクション」金賞を受賞した自慢の商品。佐用町のひまわりから大量に採れる種を丸ごと生かすために、2年もの開発期間を経てできあがったそう。

塩味と甘みのバランスがとれた味わいと、口の中に広がる種実の香ばしさに、噛みしめるのが楽しくなるはず。玄米はパフ化されているので、牛乳と一緒にグラノーラのようにして食べるのもおすすめです。

『特製詰合せ』(箱入り2,106円、かご入り1,144円)

さまざまな場面で活躍してくれそうな詰め合わせも。“お年寄りでも食べられるほどよい硬さがうれしい”、“無添加なので赤ちゃんにも安心して食べさせられる”と幅広い世代の人が買いに訪れ、リピーターも多いお菓子は、手土産によろこばれること間違いなし。

ジェラートやかき氷にも和菓子や地元素材を取り入れ、スイーツや農業の可能性を広げる「重次郎」。自社農場を営んでいて作り手の気持ちが分かるからこそ、“農産物をおいしく味わってもらいたい”という思いが随所に感じられます。

【姫路】お城近くのセレクトショップ「重次郎」自然の恵みがつまった和菓子を召し上がれ♪

■詳細情報

■DATA

重次郎 平福茶房

所在地
兵庫県佐用郡佐用町平福475-1
電話番号
0790-71-0088
営業時間
9:00〜15:00 (LO.15:00)
※グーグルマップで登録されているレストラン「kumotsuki(クモツキ)」と同施設内にあります

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2021年6月4日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP