兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2020.06.25
6,628 views

【たつの】隠れ家台湾カフェ「咲菴(しょうあん)」本格台湾スイーツとフードで本場の気分を味わって♪

2019年10月に、たつのの城下町にオープンした台湾カフェ「咲菴(しょうあん)」。長屋の一角にたたずみ、初めて来た人は入り口を見つけられないほどの隠れたお店です。「台湾人監修の本場さながらのランチやスイーツが味わえる」と口コミで評判が広がり、遠方からもお客さんが訪れます。ランチは数量限定なので事前予約がオススメ!

隠れ家台湾カフェ「咲菴(しょうあん)」

風情漂うたつのの城下町の中心部に残る長屋を改築し、お土産処や飲食店が2019年10月にオープン。「咲菴(しょうあん)」は、そのテナントの内の1店舗で、ブティック&台湾カフェです。カフェメニューは、本場の味を日本人が食べやすいようアレンジしているので、「咲菴」の台湾フードはどれもおいしく食べやすいと口コミで評判が広がっています。

長屋に入って、看板と暖簾(のれん)がかかっているのが、入口の目印。

暖簾(のれん)をくぐれば秘密の空間につながる階段があります。初めて来店するお客さんはほとんどの人が迷ってしまうそう。迷ったときは電話で気軽に道を聞いてみて。

2階に上がってすぐの空間はブティックに。奥がカフェになっています。ブティックでは京都で活躍している、オーナーの息子の藍絞り染め作家“村上耕太”の作品が展示・販売されています。収納性と持ちやすさにこだわった鞄や、世界に一つしかない柄の洋服が並んでいます。

同フロアでは、台北のレザーブランド“Tim leathers”の革製品も販売しています。革の裁断・縫製・仕上げまですべてデザイナーが一貫して行っている、こだわりの詰まった作品たち。使うほどに色や質感が変化し、独特の味が出てくるのが醍醐味です。

事前予約がオススメ!日替わりの台湾ランチ

『ルーロウハン』800円

ランチは角切り豚バラ丼『ルーロウハン』、甘辛タレのかかった鶏肉丼『ジーロウハン』、茄子とひき肉の炒め煮丼『ユイシャンチェズ』の3種類から、日替わりで1種類提供されます。スープと小鉢、漬物が付いて800円です。写真の『ルーロウハン』は、豚バラ肉の角切りを、どんこ椎茸のうま味とごま油、五香粉などで甘辛く味付けした丼。豚バラ肉は脂が少なめの部位を選び、香りの決め手となる五香粉を控えめにすることで、本格的な味わいながらも日本人が食べやすいように工夫しています。

毎月12日は『精進カレー(800円)』が登場。同市のお寺「宝林寺」の和尚さんから、直々にレシピを教わったという秘伝のカレーです。肉や魚は一切使わず、根菜やこんにゃく、厚揚げなどがメイン。隠し味に赤ワインと野菜ジュースを使い、さらりとしているけれどコクのあるカレーに仕上げています。

自家製台湾スイーツ『芋圓(イモエン)』と『豆花(トウファ)』

『芋圓(イモエン)』500円

台湾といえば美容と健康に良いスイーツが有名!人気の『芋圓(イモエン)』は2種類のいも餅に、あんことタピオカがトッピングされ、カラフルな見た目が印象的。黄色いいも餅はさつまいも、紫色のいも餅は紫芋からできています。「咲菴」では、蒸したお芋に台湾から取り寄せたタピオカでんぷんと片栗粉をこねて、一から作るほどのこだわりぶり。トッピングのあんこも自家製です。

『豆花(トウファ)』500円

土日は限定メニュー『豆花(トウファ)』がイチオシ!『芋圓』との違いは、いも餅の代わりに自家製豆腐がメインに使っていること。高たんぱく低カロリーな女性に人気のスイーツです。豆腐に使う豆乳は京都から厳選したものを取り寄せ、にがりと混ぜて毎朝2時間かけて蒸しています。夏場は蒸したものを冷蔵庫で冷やしているので、ひんやりとした『豆花』が、少し肌寒くなった秋からは蒸しあがったものを常温に置いた、ほんのり温かい『豆花』がいただけます。

『芋圓』も『豆花』も、あんことタピオカの上にかかった三温糖の甘さのみ。あっさりと食べやすく、甘いのが苦手な人でもぺろりと一皿食べられますよ。

タピオカドリンクはお持ち帰りOK

『タピオカドリンク(抹茶)』550円

城下町歩きのお供に「咲菴」のタピオカドリンクはいかが?ドリンクメニューはすべてお持ち帰りOK!タピオカドリンクはコーヒー、紅茶、ほうじ茶、抹茶の4種類。抹茶のみ550円で他の3種類は500円です。主役のタピオカは台湾から取り寄せた大粒のものをセレクト。ドリンクにはシロップを使わず、味付けは茹でたタピオカにかけた三温糖の甘さのみ。ビターで大人な味わいが自慢です。

4種類ある味の中でイチオシの抹茶は、注文が入ってから丁寧に粉からお抹茶をたてて、牛乳と混ぜて作っているので、香りの良さが際立ちます。鼻から抜ける抹茶の風味を感じて味わってみて。

今後は台湾から仕入れた物品の販売にも力をいれていくそう。台湾情緒を存分に楽しめる「咲菴」で、異国に旅行しにきたような気分を堪能しませんか?

■詳細情報

■DATA

咲菴

所在地
兵庫県たつの市龍野町川原町151-1
電話番号
0791-78-9270
営業時間
10:00〜16:30 LO.16:00
土日は不定休あり。電話で確認を。

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2020年5月29日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP