兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.12.28
26,443 views

【神戸元町】行列の絶えない「パンやきどころRIKI」“生地から具材まで手作り”がおいしさの秘訣

神戸市中央区、阪神元町駅から南へ2分ほど歩くと、行列を連ねる一軒のお店が。その店こそが人気ベーカリー「パンやきどころRIKI(リキ)」です。6人までしか入店することができないほどコンパクトな店内では、焼きたてパンの甘くて香ばしい香りが立ちこめ、自慢のパンが所狭しと並んでいます。パンのラインアップはなんと200種類以上も!朝から夕方まで焼いているので、通勤通学の道中や昼の休憩時間、買い物の寄り道など、シーンやタイミングを問わず、焼きたてパンと出合えるのが魅力です。ぜひふらっと立ち寄ってみては?

・「パンやきどころRIKI(リキ)」

神戸市中央区、阪神電車元町駅から南へ徒歩2分。飲食店などのショップが建ち並ぶ「元町パークロード」にある「パンやきどころRIKI(リキ)」は、いつ訪れても行列が絶えないほどの人気ベーカリー。木の扉と店のロゴが目印です。

神戸市民はもちろん、パン好きの兵庫県民からも「リキ」の愛称で知られ、県内のベーカリーの中でも有名な同店。評判を聞きつけて、県外から足を運ぶお客さんも少なくありません。その人気の秘密は、おいしさはもとより、一日に焼きあげるパンが200種類以上というバリエーションの豊富さにもあります。

「昼以降に来店したときに完売を目のあたりにし、悲しんだり残念な思いをしてほしくない」との思いで、オープンのタイミングでは菓子パン系や食パン系、11:00~ハード系、昼ごろには天然酵母パン、午後は惣菜系や定番人気のパンというように、朝から夕方まで絶えずパンを焼き続けているそう。一日に1回しか焼かない売り切れごめんのものもありますが、『メロンパン』や『クリームパン』などの定番商品は、午前中に完売しても午後にまた焼きあがるので、午後も意外と品ぞろえが充実しているんだとか。

平日や土日、午前や午後というように、時間帯や曜日を問わず行列ができていますが、日曜日の夕方以降が比較的落ち着いているそう。食パンのみ電話で事前予約が可能なので、食パンの場合は予約をするのがベターです。


・サクサクと繊細で芳醇なデニッシュ

『コルネ』270円

人気No.1は意外にも、パイ生地にカスタードをたっぷり詰めたスイーツの『コルネ』。食べるとケーキ屋も顔負けのおいしさで、その人気の高さに納得すること間違いなしです。

パイ生地は、噛むたびに「サク!サク!」と音が鳴るほどサクサクで、軽い食感が特徴。その中には、みじんのすき間も無いほどたっぷりのカスタードクリームが詰まっています。コクが豊かな「木次牛乳」を贅沢に使用した濃厚なカスタードには、仕上げに生クリームをブレンド。サクサクのパイとまったり濃厚なクリームのコンビネーションは最高です。

『クロワッサン』250円

国産バターを惜しみなく使い、均一に何層も折り重ねた『クロワッサン』も自慢。くっきり浮かび上がる美しい層が、おいしさを物語っています。外はパリっと、中はふわっとやわらかくしっとりで、まさにクロワッサンの極み!食べると、バターが一層一層からジュワーっと染み出て、口いっぱいにバターの香りと甘みが広がる至極の逸品です。いつまでも続く余韻まで堪能して。

・モチモチ食感がやみつきのフォカッチャ

『ポテトフォカッチャ』230円

同店の人気パンと言えばフォカッチャ。もっちりとした歯ごたえとあっさりとした味わいが、リピーターの心をつかんで離しません。

もっちり感の正体はジャガイモ。ゆでたジャガイモをほどよくマッシュし、生地に練り込んでいるそう。ジャガイモが歯を弾くような弾力と素朴な味わいに夢中になり、口に運ぶ手が止まらなくなるかも。

『木こり風』350円

ふかふかのフォカッチャの上に、自家製ソースや野菜、チーズなどの具材をこんもりとのせた“惣菜系フォカッチャ”も7~8種類と、豊富にそろいます。

『木こり風』は、キノコなどの森の食材やツナをトマトソースで和えた「ボスカイオーラ」というパスタをフォカッチャにアレンジしたもの。トマトから煮込んで作っているという自家製トマトソースは、トマトのフレッシュな酸味がほどよく利いて、ツナやチーズのコクを引き立てます。仕上げにバーナーでこんがり焼き色を付けるのもポイント!コゲの香ばしさが相まったスモーキーな味わいもたまりません。



・国産小麦の風味が生きた風味豊かなハード系

『枝豆とレッドチェダーのバトン』300円

店の入り口を入って右の陳列棚を埋め尽くすのは、さまざまな形や種類のハード系。ベーシックなバゲットはもちろん、低温でじっくり発酵させる“熟成製法”のものや、自家製天然酵母のものなど、いろんな製法をパンによって使い分けています。

スタッフのイチオシは『枝豆とレッドチェダーのバトン』。むっちりとした弾力のある生地に、枝豆と角切りにしたレッドチェダーチーズをごろごろ混ぜ込んでいます。チーズの塩気と表面に塗ったガーリックオイルがアクセント!深みのある味わいでやみつきになりそう。ビールやワインなど、お酒のお供にもぴったりです。

『ホワイトチョコとマカダミアナッツの天然酵母パン』300円

天然酵母パンは、日ごとに変わる食感や味わいを楽しめるのが醍醐味。同店では、オーガニックレーズンから起こした天然酵母を使っているので、天然酵母の中でも比較的クセがなく、子どもから大人まで食べやすい味わいが特徴です。

特に、ホワイトチョコレートとマカダミアナッツを使った甘い系の天然酵母パンは、子どもにも人気!噛めば噛むほど広がる酵母とチョコの甘みと、マカダミアナッツのカリっとしたアクセントの組み合わせは、一度食べるとハマること間違いなしです。

生地や酵母、クリームはもちろん、具材やソースなどのトッピングまですべて手作りにこだわる「パンやきどころRIKI」。お客さんの“おいしい”という声と笑顔のために、手間暇を惜しまない情熱が一品一品から感じられます。ぜひ元町に訪れたら、行列に並んでリキのこだわりパンを購入してみて♪

■詳細情報

■DATA

パンやきどころRIKI

所在地
兵庫県神戸市中央区栄町通2-7-4
電話番号
078-392-8585
営業時間
8:00~18:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年11月23日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP