兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2018.02.19
1,060 views 1 チョイス

【朝来】生野銀山の超スーパー地下アイドル「銀山ボーイズ」に聞きました!サイン入り写真も

昨年PVデビューを果たし、特設サイトでは半年で9万回以上のビューを獲得した朝来市の新星「GINZANBOYZ(銀山ボーイズ)」。職人気質ゆえに人前では絶対に本音を明かすことのない彼らに、タノスがコソッと胸の内を聞いてみました!

GINZAN BOYZとは?

かつて鉱山で行われていた作業をわかりやすく説明するため、『史跡・生野銀山』のさまざまな場所で当時の様子を再現しているマネキン人形。その60体が「GINZAN BOYZ」と名付けられ、超スーパー地下アイドルとして2017年7月12日に特設サイトでPVデビューしました。

GINZAN BOYZ キャッチコピーは…

生野銀山。それは彼らの世界であり、銀河であり、宇宙であった。或る男は家族を養うため、或る男は、大金を稼ぎ、名声を得るため。数えきれない男たちが一攫千銀をめざし、日々鉱脈を掘り続けた。

1973年の閉山以降、彼らの熱き魂は時を止めたまま、深さ880メートルにも達する坑道の中で眠り続けてきたという。

そして2017年、彼らの鎚音が、なぜか再びこだまする…

日本の礎を地下から支えた熱きアイドル『GINZAN BOYZ』デビュー!!

アイドルだからリーダーなど役職はあるの?ポジション争いは?

『史跡・生野銀山』は「日本の近代化に貢献し、資源大国出会った頃の記憶を残すこの施設をより多くの方に知っていただきたい!」という一心で、大手広告代理店から朝来市役所に出向中の戦略広報マネージャーに相談。スタッフさんたちのアイデアも加わってデビューが決まったグループです。

特設サイトを見ると、60体それぞれのプロフィールはしっかりと書かれていますが、各ポジションでの役割をまっとうするメンバー内では、「リーダー」や「センター」は現時点では決まっていないようです。

今後、増員や総選挙は?

男53人、女7人が属する「GINZAN BOYZ」は、今のところ増員の予定はなし。でもメンバー内では「夏までに総選挙はしたいなぁー」という話が出ていて、ほぼ開催することが確定しているとか。細かいことは気にせず、「やるんだ!」という前向きな気持ちを大事にするグループだけに、やると言ったら必ずやるはず。

一番人気は誰?

男性なら「NO.4飛鳥(あすか)」、「NO.44左門(さもん)」。

女性なら「NO.25かなめちゃんA」と「NO.26かなめちゃんB」に人気が集中しているとのこと。

昨年は『一風変わったご当地キャラ』として取り上げられましたが、今年は『アーティスト』としても打ち出していく目論みがあるので、制作予定の新曲とPVの内容次第では順位変動の可能性もありえますよね。

ツーショット撮影や握手、サインは可能?

常設のフォトブースでは握手やツーショット写真の撮影が可能。サインがほしいなら、施設内の「お土産館」で販売している「サイン入りの生写真」を購入して。

やはりアイドルとは、外の世界から厳重ガードされている雲の上の存在。ファンイベントでのふれあいタイム以外でプライベートな接触をするのは難しそうですね。

人気のグッズは、コレ!

公式グッズの人気ナンバーワンは、往年のアイドルを彷彿させる『サイン入り生写真』です!日によっては売り切れることもあるので、行った日に推しメンの写真が手に入るとラッキー!

また『Tシャツ』の売れ行きも好調で、今後は『マグカップ』や『キャップ』も登場するかも!? 余談ですが、NO.5の潮(うしお)は『銀の湧き水』を、NO.48の鈴丸は『丸太ダイエットDVD』を、と新商品を売り出す計画を胸に秘めているメンバーもいます。

今後注目のイベント

3月中旬に銀山時代の恩師コワニエの故郷フランスで、中播磨の特産品とともに『ギンギラ銀山パラダイス・フランス語バージョン』PVが紹介されます。早くも国際デビュー!?

ちなみに2018年は日仏友好160周年にあたるということで、パリでいろいろなイベントが開催されます。「ジャポニスム2018:響き合う魂」という大型日本文化紹介企画イベントへの参加を密かに狙っているそう。野望とビッグマウスは、ビッグスターにとって不可欠要素!ぜひ駆け上がってほしいものです!

確定している「新曲発表」と「総選挙」の他、地元密着型の「四季折々のファンイベント」も実施予定。地元を大切にするのが、GINZAN BOYZの愛すべきところですよね。

今後、海外出張も?

お声がかかれば、検討するとのこと。東京遠征したよさぶろうさんは、大変刺激を受けたようでやる気満々なのだとか。とはいえ、メンバーを支えている運営母体のシルバー生野さんは少人数。

「アシストするのも、音源を再生するのも、社長を先頭にスタッフ総出でやっています。なんとか手作りイベントの開催に漕ぎ着けている状態ですから、60体が一気に動き出すとなるとなかなか厳しいものがあります」と心の声を聞かせてくれました。

必要とあらば市長や地元高校生を巻き込む「チームGINZAN BOYZ」の行動力には目を見張るものが。突発的な遠征やメディア露出には間違いなく期待できますよ!

マメに更新しているツイッターやインスタグラムで、最新情報をチェックしましょう。

■詳細情報

【生野銀山】

所在地
兵庫県朝来市生野町小野33-5
入場料
大人900円
中高生600円
小学生400円
小学生未満無料
入場時間
4月~10月 9:00~17:30(観光坑道受付終了時間16:50)
11月 9:00~17:00(16:20)
12月~2月 9:30~17:30(15:50)
3月 9:30~17:00(16:20)
休館日
年末年始、12月~2月の3ヶ月間のみ毎週火曜日
(火曜日が祝日の場合は翌日)
アクセス
・播但連絡道路「生野ランプ」「生野北第1ランプ」から車で10分
・JR生野駅西口でバスに乗車、「生野銀山口」バス停下車徒歩10分
路線バスは本数が少ないため、事前の確認を
あり(普通車210台、大型バス10台)
問い合わせ先
株式会社シルバー生野
079-679-2010
生野銀山HP
http://www.ikuno-ginzan.co.jp/index.php

 

【関連記事】
生野銀山周辺の観光スポットはこちら
⇨ 『天空の城』とも呼ばれる、「竹田城跡」。雲海の見頃は?

掲載内容は2018年2月13日時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP