兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2019.08.01
2,175 views 3 チョイス

【神河】素材を生かした和スイーツが盛りだくさんの「彩」夏のイチオシはフルーツ大福♪

神崎郡神河町にある「菓旬処 彩sai」は、創業80年の地元に愛される和菓子店。先代から引き継いだ味を守りながら、新しい発想を取り入れた創作和菓子を生み出しています。素材にこだわり、職人が心をこめて作るお菓子は、ほっとする優しい味わい。手土産にも自分へのごほうびにもおすすめです。

地域に愛される和菓子店「彩」

創業80年の「彩sai」は、三代続く和菓子店。先代から引き継いだ伝統の味を守りながら、新しい要素を加えて現代的な和菓子を生み出しています。

店内には、定番から季節限定まで、さまざまな商品がずらり。
安心しておいしく食べてもらえるようにと、素材にはとことんこだわっています。餡には北海道産小豆を、お菓子を作る水には、神河町と多可町にまたがる千ヶ峰の清らかな水を使用。自然の恵みを受けて育った地元産のお茶やフルーツも取り入れています。

地元の子どもからお年寄りまで幅広い世代に加え、神戸や大阪など遠方から足を運ぶお客さんもいるそう。

どれも食べたい♪色とりどりのフルーツ大福

【提供期間:6月~11月】
『ふるーつ大福』各185円

旬のフルーツと白餡をやわらかい羽二重餅で包んだ『ふるーつ大福』は、初夏から秋にかけての季節限定商品。フルーツの甘みを引き立てるため、白餡は甘さ控えめに仕上げています。

みずみずしい『白桃』とシャリっと爽やかな『スイカ』は、お盆までの販売。

まろやかな白餡に酸味がきいた『キウイ』とじゅわっと果汁があふれる『パイン』は、秋頃まで味わえます。
このほか、『みかん』(6月~11月)に『メロン』(お盆まで)、『柿』『ぶどう』(どちらも10月まで)などが登場。
ショーケースには、この中から5、6種類がランダムに並ぶので、お目当てのフルーツがあれば予約を。予算に応じて詰め合わせも可能です(6個入り~)。

8月11日から15日までのお盆期間のみ、宮古島産の『完熟マンゴー』(220円)と石垣島産の『黄金パイン』がお目見え。こちらもお見逃しなく。

小ぶりなサイズなので、いろいろな種類を一度に楽しめるのがうれしいですね。よく冷やしてデザート感覚で召し上がれ。

もっちり新食感⁉和テイストのアイスキャンディー

【提供期間:5月~10月頃】
『くずバー』各185円

フルーツがたっぷり入った『くずバー』は、葛を使った新食感のアイス。見た目は普通のアイスキャンディーですが、葛粉で固めているので、もっちりと弾力のある歯ごたえ。果肉の食感もしっかりと味わえます。溶けても形が崩れず水滴が垂れないので、手が汚れないのも魅力です。

ラインナップは、『白桃』『みかん』『ぶどう』『パイナップル』に加え、今後ほかのフルーツも登場する予定。凍らせてシャリッと、半解凍でゼリーのようにぷるるんと、好みの食感を楽しんで。

 300年の歴史を持つ仙霊茶の和スイーツ

【提供期間:通年】
『おしょうさんのお茶生どら』1個150円

地元の活性化につながれば、と力を入れているのが、「仙霊茶(せんれいちゃ)」を使った和スイーツ。
仙霊茶は神河町で江戸時代から栽培が続くお茶で、爽やかな甘さと渋みが同居する風味が特徴。栄養がつまった茶葉を石臼で丁寧に手挽きし、きめ細かい粉末状にして使用しています。

『おしょうさんのお茶生どら』は、きめ細かく焼いた生地に仙霊茶を練り込んだ生クリームをサンドしています。ミニサイズなので小腹を満たすのにぴったり。口に入れる前から香るお茶の香りに癒やされます。冷凍販売なので、半解凍してアイスサンドのように食べるのも、 解凍してクリーミーな口当たりを楽しむのもおすすめです。

【提供期間:6月中旬~8月中旬頃】
『ふうりん菓』140円

『ふうりん菓』は、お茶クリームと白餡を葛で包んだお菓子。ツルンとした喉ごしと透き通る見た目が涼を呼びます。6月中旬から8月中旬頃までの限定販売。

仙霊茶の煎茶、ほうじ茶は店頭販売も(ティーバッグ2個入り180円、6個入り500円、80g750円)。あっさりしているので、和菓子との相性も抜群です。

毎年新茶がとれる6月には、「新茶まつり」と題して、香りと旨味の強い一番茶のみを使った商品を販売。『お茶生どら』『ふうりん菓』に加え、大福や和風タルトなどの仙霊茶スイーツがそろいます。

カリッと、ふんわり、みんな大好き!人気のお菓子

【提供期間:通年】
『かりんとうまんじゅう』115円

上品な甘さのこし餡を沖縄県産の黒糖を加えた生地で包み、米油で揚げた『かりんとうまんじゅう』は、数々の商品の中でも特に人気を誇るお菓子。米油を使うことで、カリッと香ばしく飽きの来ない味わいに。噛むたびに黒糖の奥深い甘みが口の中に広がり、クセになります。
すぐに売り切れてしまう日もあるので、予約がベター。

【提供期間:通年】
『神河 焼きどーなつ』各175円

ふんわりとした食感と素朴な味が好評の『神河 焼きどーなつ』は、その名のとおり油で揚げないヘルシーなドーナツ。フレーバーは季節によって変わり、『ブルーベリー』『仙霊茶』『柚子』『メープル』など種類が豊富。

神河町産の新鮮なブルーベリーをジャムにして果実と一緒に練り込んだ『ブルーベリー』は、ほんのりと甘酸っぱく、粗めに挽いた茶葉と茶葉そのものを使った『仙霊茶』は、お茶の風味が存分に楽しめます。

 創業当時から変わらない味の銘菓

【提供期間:通年】
『犬寺もなか』1個185円

創業当時から変わらない味を守り続けているのが、銘菓『犬寺もなか』。丁寧に炊いた粒餡をパリッとした皮で挟み込んだもなかで、餡そのもののおいしさが味わえます。

「犬寺」とは神河町にある「法楽寺」の別名。昔この地にいた豪族が、2匹の愛犬に命を救われ建てたのがこのお寺といわれています。その言い伝えをもとに生まれたのが『犬寺もなか』で、皮には2匹の犬がデザインされています。

粒餡に栗をしのばせた栗形もなか『柴栗』も、同じく銘菓として親しまれています。
いずれもバラ売りと箱入り(5個入り~)を用意。

このほか、『かしわ餅』や『わらび餅』、『苺大福』などの季節商品が充実。四季を通じて多彩な和菓子を味わうことができるので、手土産にも自分へのごほうびにもおすすめです。お気に入りのお菓子を見つけて。

■詳細情報

■DATA

菓旬処 彩 sai

所在地
兵庫県神崎郡神河町粟賀町580
電話番号
0790-32-0039
営業時間
8:30~18:00

掲載内容は2019年7月15日時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP