兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2019.04.16
26,203 views 17 チョイス

【宍粟】老舗酒屋直営の「老松ダイニング」オープン!発酵食尽くしのランチでおいしく健康に!

宍粟市山崎町で250年の歴史を持つ「老松酒造(おいまつしゅぞう)」がプロデュースする「老松ダイニング」が、2019年2月9日にオープン。美容・健康効果が期待される発酵食を存分に味わえるランチが人気を呼んでいます。由緒ある建物を改装したお店は日本庭園に臨み、老松自慢のお酒を試飲できる展示販売スペースを併設。造り酒屋ならではの発酵食尽くしの料理とおいしいお酒を楽しんで。

老松酒造直営の「老松ダイニング」


宍粟市山崎町の情緒ある酒蔵通りに、2019年2月9日にオープンした「老松ダイニング」。1768年創業の老舗酒屋「老松酒造」直営のレストランです。

県の景観形成重要文化財に指定されている築200年の母屋を改装した店内は、日常を忘れさせてくれる飴色の空間。窓から望む日本庭園には、梅やもみじ、水仙などが植えられ、四季折々の景色が楽しめます。

「お酒はもちろん、日本酒の原料となる麹を使った発酵食で、おいしく健康になってもらいたい」と、発酵食尽くしのランチを提供。麹を知り尽くした造り酒屋ならではの料理が味わえます。

発酵食尽くしの『発酵繋ランチ』でおいしく健康に

『発酵繋ランチ』1,800円

ランチは2種類で、人気は『発酵繋(つながり)ランチ』。酵素玄米をはじめ、麹を使った料理が並ぶ5種盛り、天ぷら盛り合わせ、酒粕汁など、発酵食を思う存分味わえます。

選べる食前酒は、おすすめの日本酒、甘酒、ザクロのビネガーの3種類。もち米と麹だけで作ったノンアルコールの甘酒は、飲むというより「食べる」がぴったりくる、もっちりとした食感です。

自慢の酵素玄米は、玄米と小豆を圧力鍋で炊き、3日間じっくりと熟成発酵させたもの。酵素の働きが活性化し、消化もよくなるのだそう。

ごはんはもちろん、お酒にも合うようにと考えられた品々は、すべてに発酵食や発酵調味料が使われています。
塩麹をつけて焼いたローストビーフは柔らかく、野菜の煮付けは添えられた自家製もろみと合うよう薄味に。塩麹と醤油麹で和えたお総菜はしっかりとした、それでいてまろやかな味。滋養に富む麹が、素材のうま味を引き出してくれるのだとか。醤油麹は天ぷらの隠し味にもなっています。
また、体を温めてくれる酒粕は、粕汁のほか、豆腐やお肉の粕漬けにも使用。

食後には、ドリンク(コーヒーor生姜紅茶)と季節のフルーツ、玄米ヨーグルトがつきます。コーヒーは、有機栽培の豆を石窯で焙煎した、奥深い味わい。

無農薬玄米を1週間かけて発酵させ、豆乳を混ぜてさらに発酵させた『玄米ヨーグルト』(1個160円で販売)は、植物性なのでおなかに優しく、整腸作用があると好評なのだとか。

こちらもおすすめ!麺がメインの『発酵ありがとうランチ』

『発酵ありがとうランチ』1,300円(コーヒーor紅茶、玄米ヨーグルト付き)

メインの麺料理にお総菜3種、かき揚げ、五目ちらし寿司、食前酒がセットの『発酵ありがとうランチ』もおすすめ。麺料理は、パスタやうどん、そうめんなど、季節によって変わります。

この日は、香り豊かで旨味のある酒粕がたっぷり入った粕汁うどん。醤油麹で煮込んだ牛すじ肉がアクセントになり、食べごたえのある味わいです。
老松の酒粕は、日本酒と並ぶ人気商品(250g297円から販売)。毎年冬になると、注文が殺到するのだそう。
パリっとした歯ごたえのかき揚げには、播磨特産の揖保乃糸そうめんが入っています。

『繋ランチ』『ありがとうランチ』ともに、野菜はできる限り地元産のものを仕入れ、調理やドリンクには活性化効果のある素粒水を使用するなど、こだわりがつまった健康にも美容にもうれしいランチ。盛りだくさんの内容ですが、体になじむ味で、ぜんぶ食べても胃がもたれません。

ランチは数量限定なので、予約がベストです。

『塩麹ピザ』や『酒粕ラスク』も要チェック

『塩麹ピザ』380円

生地に塩麹を混ぜ込んだ『塩麹ピザ』は、人気のサイドメニュー。ふんわりもちもち食感の生地はあっさりとしていて、ランチのあとでもペロリと食べられます。添えられたオリーブオイルをかけて、焼きたてアツアツを頬張って。

『コーヒー』ラスク付き450円(コーヒー単品なら400円)

酒粕をのせて焼いた、カリッと香ばしい『酒粕ラスク』もぜひ。
ドリンクはコーヒ―のほか、すりおろした生姜を入れた『生姜紅茶』、食前酒でもいただける『甘酒(ホット)』(どちらもラスク付きで450円)も。

今後は発酵スイーツを充実させる予定なのだとか。どんなスイーツがお目見えするのか楽しみですね。

また、酒蔵らしく『老松のみくらべ』も用意。『選べる三種(30㏄×3種)』400円は、老松を代表する純米吟醸や果実酒からチョイス。『酒の肴三種盛り』400円はお酒と同時オーダーで100円引きに。お酒好きにぴったりのメニューです。

展示販売スペースでは試飲もOK!お気に入りを見つけて

地域が誇るおいしい水とお米から作る、老松のお酒。販売展示スペースには、日本酒や果実酒がずらりと並びます。お米は主に兵庫県産山田錦、宍粟市産の兵庫夢錦などを、ゆず酒、りんご酒にはそれぞれ地元産の新鮮なゆずとりんごを使っています。
商品の説明を聞きながら試飲もできるので、お気に入りを見つけて。手土産にもおすすめですよ。

「播磨国風土記」の記述から、日本酒発祥の地とされる宍粟市。発酵のまちとして市もPR活動を進めていて、今後ますます注目されそうな「老松ダイニング」。

老舗酒蔵の雰囲気を楽しみながら、こだわり抜いた発酵ランチとお酒をゆったりと堪能してはいかが?予約すれば酒蔵の見学もできるので、気軽に尋ねてみて。

■詳細情報

■DATA

老松ダイニング

所在地
兵庫県宍粟市山崎町山崎12
電話番号
老松酒造:0790-62-2345
営業時間
11:00~17:00
※予約優先

 

掲載内容は2019年3月25日時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP