兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2024.7.8
758 views

【赤穂】ワイン専門店「ヴァンティーム・マトノ」でお気に入りの一本を!限定ワインやご当地ワインも

JR播州赤穂駅から南へ徒歩約15分。赤穂大石神社の西に店を構える「VINTIME-MATONO(ヴァンティーム・マトノ)」は、数々のメディアで紹介されたことがある有名女性ソムリエ・真殿さんが営むワイン専門店です。店主自らワイナリーへ足を運び、おいしさや品質に納得した厳選ワインをなんと100種類以上もラインアップ!中には限定品やご当地ものの取り扱いもあり、初心者もワインの世界にどっぷりハマること間違いなしです♪

・「VINTIME-MATONO(ヴァンティーム・マトノ)」

JR播州赤穂駅から南へ歩くこと約15分。赤穂大石神社のすぐ西隣に2004年に創業したワイン専門店「VINTIME-MATONO(ヴァンティーム・マトノ)」。

店主は、学生時代に携わったとあるプロモーションをきっかけにワインの世界へ足を踏み入れ、ワインの知識や資格を取得するようになったそう。

その後は、ワインの卸会社のアンテナショップの立ち上げや企画、セミナーの講師を務め、ここを拠点にワインの魅力を広げる活動を行っています。

ショップでは、常時100種類を超えるワインがスタンバイ。開店当時より年に数回にわたってカリフォルニアのワイナリーを訪問し、テイスティングで納得したものやオークションで獲得したワインの魅力をを、有名・無名問わずお客さんに届けています。

中には、店主がベルギーやスペインで暮らしていたときに築き上げた、地元のお店やソムリエ、生産者との交友関係を生かし、日本国内ではここでしか取り扱っていない限定商品も。

ほかにも、年に1回しか入荷されない希少なワインや、播磨エリアで製造されたご当地ワインなども販売しています。

ショップの横には、テイスティングスペースをスタンバイ。ワインを普段から嗜(たしな)んでいる人はもちろん、初心者も気軽にワインの魅力を体験してほしいとの思いで、希望者向けにテイスティングを行っています。

週末にはワインの試飲会やセミナーなども開催することがあるので、公式Instagramから最新情報をゲットして。➡︎公式Instagramはこちら

「好きな食べ物や普段のライフスタイルなどを聞き、お客様の嗜好に歩み寄った提案を心がけています」と話す店主。会話の中では主観的な意見に偏りすぎず、お客さん一人ひとりの好みを大切にする姿勢がひしひしと感じられます。


・初心者が飲みやすい「ビギナー向けワイン」

『ボデガ・イニエスタ・コラソン・ロコワイン』2,255円

プロサッカー選手「アンドレス・イニエスタ」の家族が営むスペインのワイナリーを知っていますか?有機栽培のブドウから作ったオーガニックワインは、白・赤・ロゼの3種類を用意しています。

白はキリッとした余韻が残るやや辛口なテイストですが、口当たりがさらりとしていて軽やかなのが特徴。食欲が落ちる夏の暑い日も、ごくごくと飲める一杯です。

澄み切った見た目とスッキリとした味わいから、和食や中華、デザートまで、ジャンルを問わずどんな料理にも合うのも『ボデガ・イニエスタ コラソンワイン』の魅力。ナッツやチーズなど、塩味の利いたおつまみとの相性も抜群です。

赤と白がセットになった『紅白ギフト』(4,960円)は、手土産やギフトによく選ばれています。迷ったときは参考にしてみては。

『おたる冷やしておいしい生ワイン(ロゼ)』1,089円 ※6月~8月ごろ限定

毎年夏になると入荷する北海道小樽のワイナリー「おたる醸造」のワインは、熟成段階で加熱をしない“生ワイン”。収穫したてのブドウを新鮮なうちに搾り、発酵・熟成させているので、果実感あふれるフレッシュな香りを堪能することができます。

色鮮やかなロゼは、麗(うるわ)しい見た目に飲む前からうっとりと見とれてしまいそう。ほんのり甘くてフルーティーな味わいで、普段ワインをあまり飲まないという人からも人気があります。

ペアリングを楽しむなら、イチゴやベリーなどの酸味のあるフルーツがおすすめ。合わせることで、一層甘さが際立ちます。

『ランブルスコ・ロッソ キアリ』1,210円

白のスパークリングは飲んだことがあっても、赤は見かけたことがないという人も多いのでは?

一般的に、赤ワインは酸味や渋みが強めで飲みづらいという人も多く、初心者には好まれにくいと言われていますが、『ランブルスコ・ロッソ キアリ』は微発泡なのでサッパリと飲みやすいのが特徴です。赤ワインならではの芳醇さに爽快な泡が加わることで、渋みが抑えられてやわらかい口当たりに仕上がっています。

グラスの細さや形状で、味の感じ方が変わる繊細さを持っているのもスパークリングワインの魅力。ぜひ、いろんなワイングラスに注いで飲み比べを楽しんでみて。

『サングリア オーガニックブラン』1,100円

ワインにいろんなフルーツを入れて作られたワインカクテル「サングリア」も、お酒を普段あまり飲まない女性から「飲みやすい!」と人気なんだそう。

有機ブドウの白ワインにオレンジ・レモン・グレープフルーツの有機フルーツジュースをブレンドしたもので、ハチミツのようなこっくりとした甘さを余韻まで楽しめます。

・ワインになる前のブドウ果汁100%ジュース「モスト」も

『ワインのベイビーモスト』各1,944円~

同店では、「お酒が飲める人も飲めない人も関係なく、ワインの味わいを楽しんでほしい」と、ワインになる前のブドウ果汁100%ジュース「モスト」も販売しています。

ワイン同様、収穫したてのブドウを搾って作るのですが、ワインとの違いは“アルコール発酵をするかどうか”。甘味料が一切入っていないとは信じられないほどジューシーで甘く、ワインのように製造年度やブドウの品種で味がガラッと変わるのも魅力です。

『しらはた農園MOTO(シャインマスカット)』3,500円

赤穂市の隣町・上郡にある「しらはた農園MOTO」のブドウで作ったモストもファンの多い一品です。瓶一本におよそ2房分ものブドウが使われた贅沢なブドウジュースです。

同店では、奥行きのある甘みを持つシャインマスカットのモストを数量限定で販売。瓶の底に沈殿しているの果実からも、その濃厚さが想像できるはずです。

6月末以降には、「しらはた農園MOTO」の新ヴィンテージワインもお目見え!子どもはモストを、大人はワインを片手に、同じ品種のブドウのおいしさを共有できるのがモストの特権です。



・テイスティングスペースでは試飲や試食を常時開催

『しょう油ラスク&オリーブオイル・赤穂塩』550円

外のテイスティングスペースでは、一杯660円~グラスワインの試飲や、ワインの飲み比べが楽しめます。ショップで購入したワインをその場で開けてもらうのもOK(別途550円・小皿おつまみ付き)。

どんなワインにも合う岡山県「鷹取醤油」の『しょう油ラスク』や、『イタリアオリーブの塩漬け』(660円)など、いろんなおつまみが用意されているので、店主に相談しながらペアリングを考えるのもおすすめです。

日本女性初となる「プロフェッショネル・ソムリエ」や「ワインコーディネーター」など、ワインにまつわる資格を持つ女性ソムリエと語らいながらワイン選びが楽しめる「ヴァンティーム・マトノ」。

ワインの世界に一歩足を踏み入れてみたいという人は、まずは気軽に訪れてみては?

【赤穂】テイクアウトグルメ&スイーツ14選!駅周辺で買い物してピクニックへGO♪赤穂土産も紹介

■詳細情報

■DATA

VINTIME-MATONO(ヴァンティーム・マトノ)

所在地
兵庫県赤穂市上仮屋南4-5
電話番号
0791-45-3101
営業時間
10:00~18:00
※公式Instagramで営業スケジュールを確認してから来店を。

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2024年6月7日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP