兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.5.2
21,298 views

【三木】農家が営むカフェ「birica(ビリカ)」で朝採れ野菜のヘルシーランチを味わって

三木市細川町にある「birica COFFEE & FRESH VEGS(ビリカ コーヒー&フレッシュベジズ)」は、農家が営むアットホームなカフェ。朝採れ野菜をふんだんに使用した、おいしくて健康的な食事を提供しています。こだわりのスペシャルティコーヒーや自家製スイーツも要チェック。

農家直営カフェ「birica COFFEE & FRESH VEGS(ビリカ コーヒー&フレッシュベジズ)」

三木東ICから車で10分、のどかな田園風景に溶け込むカフェ「birica COFFEE & FRESH VEGS(ビリカ コーヒー アンド フレッシュ ベジズ)」。自家農園で育てた新鮮な野菜や地元産の食材をたっぷり使ったオリジナル料理を提供する農園カフェです。

店に隣接するビニールハウスで育てる野菜やハーブは約20種類。小松菜、リーフレタス、レッドパクチョイなど、水耕栽培で年中収穫できる葉物野菜が中心です。基本的には農薬を使わず、“安全でおいしい”野菜作りを心掛けているそう。

扉を開けると、田園風景とは真逆のソリッドな空間がお出迎え。木材を使わず、あえて無機質でシンプルな内装に。オープンキッチンでライブ感を楽しめるのも魅力の一つです。

店内では朝採れ野菜の販売も。高い栄養価のまま味わえる、サラダなどの生食に適した野菜が並びます。店主のオススメは、8種類の野菜をミックスした鮮やかなサラダリーフ。フレッシュな野菜を目当てに買い物だけに立ち寄るリピーターも多いんだとか。


朝採れ野菜のヘルシーランチ

『新鮮野菜とハーブたっぷりのホーリーバジリコスパゲッティ(スープ、トースト付き)』1,200

新鮮な朝採れ野菜を使ったヘルシーランチが同店の自慢です。約10種類の野菜を使用し、素材本来の味を生かしたヘルシーなバジルスパゲッティは、ソースももちろん手作り。一般的に使用されるスイートバジルではなく、ミントを思わせる独特な風味のホーリーバジルが味の決め手です。ナッツの食感と香ばしいアクセントも楽しんで。

季節によって替わるスープにも野菜がたくさん。取材日は新玉ねぎが主役の冷製スープ。ナスとズッキーニ入りで、あっさりと飲みやすい口当たりです。

『biricaのチキンオーバーライス(スープ付き)』1,000

ニューヨークの屋台飯「チキンオーバーライス」を「birica」流にヘルシーにアレンジしたランチも。地元産のコシヒカリを使用したターメリックライスに、香り豊かな野菜とスパイシーなジャークチキンを乗せて、さらに、たっぷりの野菜をオン。辛さは控えめで食べやすい仕上がりです。

このほか、サンドイッチやバインミーなど軽食のラインアップも。食事は全メニューオールタイム注文OKなので、モーニングや遅めのランチなど好きなタイミングで楽しめるのもうれしいですね。

こだわりドリンクと自家製スイーツ

『オリジナルブレンドコーヒー』450

コーヒーは和歌山県の焙煎所「THE ROASTERS(ザ ロースターズ)」の豆を使用。同店のイメージに合うようブレンドしてもらったスペシャルティコーヒーは、苦味と酸味のバランスがよく、特徴的な香りがクセになります。オーダーを聞いてから、ハンドドリップで丁寧に淹(い)れています。

『biricaのレモネード』550

広島県産のノーワックスで無農薬の「しまなみレモン」を使用したレモネードは、夏にぴったりの爽やかな一杯です。ミニセロリと合わせて飲むことでよりスッキリとした口当たりに。しっかり混ぜて召し上がれ。

『トマトとディルのビスケット』180

スイーツにも地元の農産物を使用し、常時3種類がスタンバイしています。『トマトとディルのビスケット』には「麗旬(れいしゅん)」と呼ばれる、濃厚なうま味が凝縮された品種のトマトを贅沢に使用。甘すぎないヘルシーなスイーツは心もカラダも喜びます。

■詳細情報

■DATA

birica COFFEE & FRESH VEGS(ビリカ コーヒー&フレッシュベジス)

所在地
兵庫県三木市細川町瑞穂3643
電話番号
0794-60-7769
営業時間
10:00~L.O.17:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年4月27日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP