兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2023.5.4
5,641 views

【姫路】「HUB BEAN」海外経験のある店主が作る本格多国籍料理を♪珍しいアルコールも豊富

JR・山陽姫路駅から徒歩すぐ。「姫路駅前第一ビル」の地下2階にある「HUB BEAN(ハブビーン)」は、多国籍な雰囲気が味わえるカフェ&バー。メルボルンに移住経験のある店主が作る本格的な多国籍料理や珍しいアルコールを、11:30~23:00まで時間を問わず味わえるのが魅力です。平日はお得なランチメニューもあるので要チェック♪

・多国籍カフェ&バー「HUB BEAN(ハブビーン)」

「HUB BEAN(ハブビーン)」は、JR・山陽姫路駅から徒歩すぐの「姫路駅前第一ビル」の地下2階に店を構えるカフェ&バー。11:30~23:00まで、アイドルタイムも無く昼から夜を通して営業しています。そのため、カフェ、多国籍レストラン、バーと3つの顔を持つ同店は全席カウンターで、おひとり様でも気軽に立ち寄りやすいのが魅力です。

店名の「HUB BEAN」は、英語で「継続」を表す「have been」に「Hub(人が集まるスペース)」と「Bean(豆)」を掛け合わせた造語だそう。「過去から未来まで、ずっとお客さんと共に成長していきたい」という店主の思いが込められています。

さまざまなカフェで働いた末、もっとコーヒーのことを学びたいと思い立ち、オーストラリアのメルボルンへ単身移住したという店主。バリスタの学校で1年勉強した後に日本に帰国。そして2022年に、念願のカフェを地元である姫路にオープンしました。


・多彩な多国籍料理が自慢♪平日はお得なランチセットも

『自家製ミートのタコライス・オニオングラタンスープ(ドリンク付き)』1,200円
※平日のランチタイム限定

同店のメニュー表を見ると、料理名の横に、世界各国の国旗や価格が$で表記されているのが目に付きます。「この店で多国籍料理を楽しんでほしい」と語る店主。多民族国家のオーストラリアで味わった、約10カ国もの多国籍料理を用意していて、世界を旅した気分が味わえます。

平日の11:30~L.O.14:00のランチタイム限定で、お得なランチセットもスタンバイ。ご飯の上にメキシカンな味付けをした自家製ミートと野菜などが彩りよく盛られたタコライスには、平日ランチ限定で『自家製オニオングラタンスープ』とドリンクがセットに。濃厚な黄身と自家製ミートがベストマッチ!チーズの香りも相まってスプーンが止まらなくなります。

『自家製オニオングラタンスープ』は、炒めタマネギから作る手の込んだ一品。タマネギの甘さがコンソメスープに溶け込み、心が和む優しい味わい。香ばしいチーズやバゲットも一緒に召し上がれ。

『とろとろ自家製牛すじカレー・サラダ・牛すじコロッケ(ドリンク付き)』1,200円
※平日のランチタイム限定

和牛の牛すじをホロホロになるまでじっくり煮込んだ牛すじカレーも大人気!牛すじと思えないほどやわらかく、細かく刻んだ野菜と共にカレールーに溶け込んでいます。上にのった牛すじコロッケも自家製で、甘めの味付けがピリ辛のカレーと相性抜群です。

『プルコギポークホットサンド』900円

軽食やブランチにもぴったりなホットサンドは、バラエティ豊かな5種類がラインアップ!2023年5月から平日のランチタイム限定で、ドリンクと同時注文で合計金額から200円引きになるセットもスタート。

男性に人気の『プルコギポークホットサンド』は、甘辛いプルコギソースで味付けした豚バラ肉がゴロッと入った食べ応えのある一品です。とろけるチーズとシャキシャキの紫キャベツがアクセント。熱々のおいしさは格別です。

付け合わせのハッシュドポテトも同店の名物。店主自慢の「グリークソース」を付けていただきます。グリークソースとは、ヨーグルトとニンニクを合わせたギリシャ風ヨーグルトソースのこと。ニンニクが利いたパンチのある味わいがビールによく合います。

・気まぐれスイーツも人気

『バスクチーズケーキ』600円

スイーツは気まぐれでメニューが変わるので、何が待っているかは当日までのお楽しみ♪常時2~3種類がラインアップし、平日のランチタイムに限り、全品400円で楽しめます。

取材日は、老若男女から愛される『バスクチーズケーキ』が登場。小麦粉は一切使わずグルテンフリーで作るのがこだわりポイント。チーズケーキの命とも言えるクリームチーズは、オーストラリアやアメリカなど海外のものを使用することで、濃厚かつ風味豊かに仕上げています。

『自家製ティラミス』700円

注文が入ってからエスプレッソを落とし、抽出したてのエスプレッソとラムシロップをスポンジにたっぷり浸み込ませて作る同店のティラミスは、コーヒー本来の苦味や香りが生きた大人な味わいが魅力。甘さ控えめでほろ苦く、口に入れた瞬間にスッと舌になじむような軽い食感で、食後でもペロリと食べられそう。

『カフェラテ』500円

バリスタの店主が一杯ずつ心を込めてアートを描いてくれる『カフェラテ』は、カフェタイムにも食後の一杯にも人気の一品。細やかさが求められるスワンなど、上級のラテアートもお手のもの。飲み進めても絵柄がほとんど変わらないほどミルクのスチームが細かいのも、バリスタとしての腕の高さを表しています。最後の一滴までアートを楽しみながら味わって♪



・アルコールメニューも個性派ぞろい!

『パープルレインスパークリング(グラス)』1,100円

ウイスキーやカクテル、ワインなど、アルコールメニューも豊富!中には希少性の高いものやここにしかないお酒も用意しています。

イチオシは、紫色の白ワイン『パープルレイン』。神秘的な紫色は、「チョウマメ」という植物の天然の色素から生まれたものだそう。見た目の美しさはもちろん、人工着色料や甘味料、香料を一切使わず、白ワイン本来の爽やかな香りを楽しめるのが魅力です。

左から『コーヒー花豆とマスカルポーネ』500円、『コーヒー焼酎モヒート』800円

バリスタの学校に通っていた店主ならではの、コーヒーを使った珍しいお酒のお供やドリンクのラインアップにも注目を!

『コーヒー花豆とマスカルポーネ』は、花豆(はなまめ)で作ったあんこをエスプレッソで炊き、マッシュしてからマスカルポーネチーズと和えたユニークなおつまみ。小豆よりも素朴な花豆は、エスプレッソの香りやマスカルポーネチーズのクリーミーな味わいとも相性がGOOD!ほのかな甘さと塩気に、お酒がぐいぐい進みます。

『コーヒー焼酎モヒート』は沖縄の“コーヒー泡盛”にならい、自己流で作ったというオリジナル焼酎。麦焼酎にコーヒー豆を漬け込み、コーヒーの香りをそのまま焼酎に移した一杯で、見た目は麦焼酎なのに香りはコーヒーというギャップがやみつきに。

料理からドリンク、スイーツまで、“ここにしかないもの”が豊富にそろい、非日常的な時間を楽しませてくれる「HUB BEAN」。ここに来れば、きっと自分のお気に入りが見つかりますよ♪

■詳細情報

■DATA

HUB BEAN(ハブビーン)

所在地
兵庫県姫路市駅前町222 姫路駅前第一ビル地下2階
電話番号
080-7285-4865
営業時間
平日/11:30〜23:00(ランチタイム11:30〜L.O.14:00)
土日/12:00〜23:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年4月14日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP