兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2024.5.23
11,805 views

【三木】「Gelateria Presso」がオープン!濃厚でなめらかな本格ジェラート専門店♪

2024年4月、三木市緑が丘町にオープンした「Gelateria Presso(ジェラテリアプレッソ)」。なめらかな口当たりと濃厚な味わいが自慢のイタリアンジェラート専門店です。ボローニャ地方の伝統的なフレーバー「クレマボロネーゼ」は、まるでカスタードクリームを舐めているような新感覚。地元で栽培されたフルーツが主役の季節限定メニューにも注目です。

・「Gelateria Presso(ジェラテリアプレッソ)」

神戸電鉄緑が丘駅からすぐの場所に店を構える「Gelateria Presso(ジェラテリアプレッソ)」。2024年4月1日にオープンした、本格的なイタリアンジェラートの専門店です。本場の伝統的な製法を守りつつ、地元産のフルーツを使うなどオリジナリティ豊かなメニューを展開しています。

店名の「Presso」は、イタリア語で“近く”を意味する言葉。地域の人々に身近に感じてもらい、ふと訪れたくなるような店を目指して名付けたそう。その名の通り、すでに男女問わず幅広い年代のお客さんで連日にぎわっています。

白と木を基調とした明るい雰囲気の店内。イートインスペースもあり、暑い日でもジェラート片手に涼をとることができます。14:00以降は混み合うことが多く、ゆったり過ごしたい人は昼過ぎまでの来店が狙い目。


・濃厚でなめらかな本格イタリアンジェラート

ショーケースには、常時7種類のジェラートがスタンバイ。優しくなめらかなミルク系と、スッキリ爽やかなソルベ系があり、ラインアップはその時々で入れ替わります。どのフレーバーも微調整を重ねた配合で、素材本来のコクを感じられつつ、後味スッキリに仕上げています。

採用したマシーンは、世界で初めてジェラート製造機を作ったと言われているイタリアの老舗メーカー「カタブリガ」社のもの。スッとほどけるようななめらかな舌触りを実現してくれます。

『シングルカップ(ミルク)』380

どれにしようか迷ったら、まず試してほしいのが「ミルク」。牛乳の優しい甘さが口いっぱいに広がる定番フレーバーです。小さな子どもから年配の人まで、世代を超えて誰もが親しみやすく、どんなフレーバーとも相性抜群です。カップには、サクサク食感のラスクが付いているのもうれしいポイント。

『シングルコーン』380円 ※期間限定

季節限定メニューとして、地元で栽培された旬のフルーツを使用するのもこだわりの一つです。取材日は、三木市吉川町の「たにい農園」から取り寄せるイチゴが登場。果実の爽やかな香りがダイレクトに伝わるみずみずしいソルベです。時期によって品種が変わるので、少しずつ異なる自然の味わいを堪能して。

今後も、三木産のブルーベリーやブドウ、稲美産のスイカなど、地域のフルーツや野菜を使ったメニューを考案しているそう。

『ダブルカップ(クレマボロネーゼ、ティラミス)』480

店主一押しのフレーバーが「クレマボロネーゼ」。イタリアのボローニャ地方で伝統的に食べられている生クリームと卵黄を合わせたクリームです。その贅沢な味わいは、まるでカスタードクリームをそのまま舐めているよう。ジェラートということを忘れそうな、新感覚の虜(とりこ)になること間違いなし。

「ティラミス」はあえてあっさりと仕上げ、コーヒーの風味をしっかり際立てたフレーバーです。口の中でほろ苦さが広がり、甘いものが苦手な男性にも好評なんだとか。まったり甘い「クレマボロネーゼ」との相性も良く、混ぜながら食べ進めるのもおすすめです。

『ダブルコーン(マンゴーパッション、チョコソルベ)』480

ソルベ系が好きなら「マンゴーパッション」を。果実をギュッと凝縮したような、爽やかな甘酸っぱさにキュンとします。

ちょっぴり意外性のあるフレーバーが「チョコソルベ」。口に含んだ瞬間ビターな風味がガツンと訪れた後、しっかり甘みが追いかけてきます。ミルク不使用ながら、生チョコやガトーショコラを思わせる濃厚さ。ソルベの概念が覆される、不思議な味わいを体感してみて。

このほか、イタリアでも定番のミルクチョコレートを使った「クラシックショコラ」や、ミルクをベースに優しい甘さのチョコチップを散りばめた「チョコチップ」などもあります。

『持ち帰りカップ』350

テイクアウト用のカップも用意しています。自宅にストックしておけばいつでも本格ジェラートが食べられると、大量買いする人も少なくないそう。側面が溶け出すまでしばらく待ち、空気を含ませるようにぐるりと混ぜてから食べることで、出来たてのおいしさが蘇(よみがえ)ります。持ち帰り用のコーン(1個20円)も販売しているので、ぜひ一緒に。

本格的なイタリアンジェラートをリーズナブルに楽しめる「Gelateria Presso」。お客さんとの距離も近く、意見もどんどん取り入れたいと店主は話します。食後のひんやりスイーツを求めに、気軽に訪れてみてはいかが?

■詳細情報

■DATA

Gelateria Presso(ジェラテリアプレッソ)

所在地
兵庫県三木市緑ヶ丘町本町1-12
電話番号
0794-60-6078
営業時間
11:00~16:00
※緑が丘駅の道路をまたいでファミリーマート横に専用駐車場があります。壁に沿って縦列駐車のご協力をお願いします。 (店舗向かいの駐車場は使用しないでください)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2024年5月16日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP