兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2018.08.11
3,325 views 9 チョイス

【加古川】地元の食材をふんだんに使用したヘルシーランチが人気!「古民家カフェ 七宝(しっぽう)」

2018年6月にオープンしたばかりの加古川の「古民家カフェ 七宝(しっぽう)」。旬の食材を生かしたランチが人気のカフェです。スタッフの栄養士が作るメニューは、身体の健康を考えたものばかり。健康を気遣う人なら、行ってみる価値あり!

「古民家カフェ 七宝(しっぽう)」

加古川町木村に2018年6月7日にオープンしたばかりの「古民家カフェ 七宝(しっぽう)」。JR加古川駅南口から徒歩10分程南に歩き、「加古川図書館」前の細い路地を入ると店が見えてきます。店の入り口は赤いのれんが目印。

スタッフは主婦3人で、もともと子供が同じ幼稚園に通っていたころのママ友同士です。
以来20年以上の付き合いで、以前からやってみたかったカフェの開店にいきついたそうです。

スタッフのひとりのIさんは、栄養士の資格を持ち、店のメニューを考える役目。

自身のご両親が糖尿病を患ったこともあり、今まで以上に栄養バランスにこだわった食事メニューを考える機会も増えたということ。そのこだわりが、メニューにも生かされています。

おばあちゃんの家や親せきのおばさんの家に来たみたいに、ほっこりと落ち着ける店内。懐かしくノスタルジックな雰囲気が漂います。

以前はブックカフェが営まれていたという店内には、そのなごりの本棚がたくさん設置されています。

落ち着ける畳のスペースにも本棚があります。

店を始める時、自分たちの身の丈にあった手ごろな物件をさがしていたところ、古民家の素朴なたたずまいを残しながら、直近まで使用されていたため、手を入れ綺麗な状態で残っていたこの物件を見つけたそうです。

朝から元気が出るモーニングメニュー


『とりハムモーニングセット』250円+ドリンク代

鶏の胸肉から手作りした『とりハムのサンドイッチ』と、日替わりのスープとサラダが付いて250円(プラスドリンク代)。じっくりねかせて作ったとりハムは、あっさりした味付けでとてもジューシーです。


『ローストビーフモーニングセット』350円+ドリンク代

ご飯に味噌汁、だし巻き卵と小鉢と漬物が付いた『和モーニングセット』150円(プラスドリンク代)や手作りローストビーフの『ローストビーフモーニングセット』350円(プラスドリンク代)などもあり、バラエティ豊か。

こだわりは、どのセットにも栄養バランスを考えた具だくさんスープや味噌汁が付いていること。朝からしっかり栄養補給して元気な1日を始めてほしいからだそうです。

『アイスコーヒー』500円

アイスコーヒーに入れる氷は、コーヒーを凍らせたもの。時間が経って氷が溶けても味が薄くならず最後までおいしく飲めるよう工夫されています。細やかな気配りが嬉しいですね。

旬の食材を生かしたランチメニュー

『七宝ランチ』1,700円

牛肉の特製ビーフシチューに、小鉢、サラダ、味噌汁、ご飯、デザート、ドリンクが付いて1,700円の豪華なランチ。

3~4日かけて煮込んだビーフシチューは絶品。シチューはほんのりと甘く、肉は口の中でとろけます。

食材の牛肉の仕入れは、肉へのこだわりとコストとの兼ね合いで、納得できるものを調達するのにとても苦労するそうです。

食材の種類の多い小鉢やサラダで、野菜も多く摂れそうですね。妥協しない牛肉の仕入れの関係で、今のところ1日限定5食の提供です。

『週替りランチ』1,200円

『日替わりランチ』800円や『週替りランチ』1,200円などランチメニューの種類が豊富。
どの献立も栄養士のIさんが、摂取カロリーや必要品目に気をつけて考えた自慢のメニューです。。ヘルシーでカロリー計算もばっちりなので安心して食べることができます。

カロリー計算の他にも、食材にもこだわっています。近隣の農作物の生産者から無農薬野菜を仕入れることも多いとか。
ご飯は地元加古川産の玄米を仕入れ、お店で精米した新鮮なものを使用しています。

自慢のかき氷は手作りソースで!

『手作りイチゴソースと練乳のかき氷』500円

夏場には、期間限定の『かき氷』がおすすめ。手作りソースをかけて召し上がれ。

みぞれのみの『プレーンかき氷』は300円。みぞれはおかわり自由。トッピングは数種類あり、すべて100円。お好みでトッピングを足していくスタイルです。

期間限定の『手作りイチゴソース』は、地元加古川のイチゴ畑を持つ方から仕入れたイチゴを使っています。小粒で酸味が強めのイチゴを使用することで、煮詰めてソースにしたとき甘すぎずちょうど良い感じの甘酸っぱさになるそうです。

手作り練乳のポイントは、砂糖に高級和菓子などによく使われる「和三盆」を使用していること。普通の砂糖よりも高価ですが、まるでパウダーのようにきめ細かい「和三盆」を使うことで、さらっとしているのにとても濃厚な練乳に仕上がっています。

その他にも抹茶ソースやあんこや白玉もすべてこだわりの手作りです。全部各100円なので、いろいろ試して食べてみたくなります。

「古民家カフェ 七宝(しっぽう)」のコンセプトは、自分が食べたいもの。自分の大切な人に食べさせてあげたいもの。シンプルですが、だからこそよりおいしく、安心できて安全な食を追求していくのかもしれません。

優しくて、芯がしっかりした日本のお母さんというイメージのスタッフ達が作るメニューは、とても安心して食べることができるおふくろの味。今後は子育て中のお母さんなどを対象に「食」の講習会の企画などもあたためているそうです。

身体や心が弱ってきたなと思う時、ふと立ち寄ってみたくなるそんな路地裏の古民家です。

■詳細情報

■DATA

古民家カフェ 七宝(しっぽう)

所在地
兵庫県加古川市加古川町木村227
営業時間
9:00~16:00(L.015:00)

掲載内容は2018年6月30日時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP