兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2024.6.15
9,765 views

【稲美町】土日営業の「lunch&cafe美(ちゅら)」オープン!体に優しいおうちごはんを♪

東播磨南北自動車道加古川医療センターICを降りて車でおよそ5分。のどかな田舎道を進んだ先にある住宅街の中に、「lunch&cafe美(ちゅら)」が2024年4月6日にオープンしました。長年、料理教室の講師を務めてきた店主が“体に優しいおうちごはん”をコンセプトに、野菜・調理法・調味料・お水にこだわって作るランチが、早くも地元客から大人気!テイクアウトもスタートしたので、自宅でゆっくり味わうのもおすすめです♪

・「lunch&cafe美(ちゅら)」

2024年4月6日、稲美町に「lunch&cafe美(ちゅら)」がオープン!場所は、東播磨南北自動車道加古川医療センターICから、東へ5分ほど車を走らせたところ。のどかな風景が広がる住宅街の中にあります。

長年、料理教室の講師を務めてきた店主は「自分のお店を持つのが夢だった」と話します。一歩前に踏み出せない店主の背中を押してくれたのが息子夫婦だったそう。平日は店主とそのご主人、そして息子夫婦も外へ勤めに出ていますが、土日は全員がここに集まります。

店名にある「美」という字は、店主の名前と若奥さんの名前、稲“美”町、“美”味しいといった、店主にとって関わり深い4つのワードに共通して入ることからもらったんだとか。「ビ」ではなく、沖縄で“美しい”を意味する「チュラ」という呼び名に決めたのは、沖縄好きの息子夫婦。それぞれの思いがこの一文字に込められています。

お店の中に入ってまず驚くのが、天井の高さ。天然木をあしらった勾配天井や立派な梁(はり)が、空間全体に開放感や立体感を生み出します。柱やカウンター、テーブルまで、あらゆるところに木を使い、ログハウスのような温かみのある雰囲気を演出。そこに、一灯一灯デザインにこだわり抜いたペンダントライトが、かわいらしいアクセントをプラスしています。

お店の奥には4人掛けテーブルやソファ席、2人が横並びで食事を楽しめるミニカウンター席など、いろんなタイプの席をスタンバイ。キッズチェアも3席あるので、ベビーカーを用意しなくても気軽に子連れで利用できるのがうれしいですね。子どもも大人もつい時間を忘れて、長居しちゃう人も多いんだとか。

座敷×キッズメニューおむつ替え台×
個室×離乳食持ち込みベビーカー入店
キッズスペース×子ども用食器喫煙×
授乳スペース×子ども用イス

 


・一番人気の『月替わりおまかせランチ』

『月替わりおまかせランチ』1,370円
※写真はプラス50円で『雑穀米』に変更

同店のコンセプトは“安心して食べていただける体に優しいおうちごはん”。地元野菜や無水・無油調理、厳選調味料、特殊な3層フィルターでろ過した浄水などにこだわって、店主が一品ずつ心を込めて手作りしています。

ランチメニューは『月替わりおまかせランチ』と『特製ちゅらカレー』の2種類。特にメイン料理に3種の小鉢、ご飯、汁物、香の物が付く『月替わりおまかせランチ』が人気です。ご飯以外のすべての料理が月ごとに変わるので、その時々で献立も味わいも見た目もがらりと変わるのがポイント!月に一度は食べに訪れたくなりそう。

6月のメインは「ヘルシーハンバーグ」。お店でミンチにした豚肉と鶏肉の合い挽き肉を使い、油を使わずふっくら焼き上げたハンバーグは、あっさりとした味わいが魅力です。ソースは「おろしそポン酢」or「オーロラソース」から選べるのがうれしいポイント!

小鉢は、海洋深層水の塩のみで味付けをした「ジャーマンポテト」と「塩豆腐」、自家製ドレッシングを和えた「キノコのホットサラダ」の3種類。汁物は、夏野菜をふんだんに使った「冷製野菜ポトフ」が登場!どれも調味料は最小限に抑え、野菜本来の甘みを生かしたほっこりと和む味わいに仕上がっています。

ランチにプラス200円でドリンクを、プラス300円でミニデザートを、プラス430円すればドリンクとミニデザートを付けることができます。オプションを付けるかどうかは、食後にお腹と相談してからでもOK!ですが、ドリンクもデザートもこだわりぞろいなので、付けないほかありません。

セットドリンクは「コーヒー」「紅茶」「ジンジャーエール(瓶)」など10種類以上がスタンバイ。『トロピカルマンゴー』(+100円)や『こだわりぶどう』(+150円)など、プレミアムなドリンクも単品よりお得に味わうことができます。

デザートは『ショコラムース』『チーズケーキ』『シフォンケーキ』から好きなものをチョイスして。すべてオーブンで焼かずに、7層の多重構造鍋で蒸し焼きにするのが“ちゅら流”。ブラックチョコをふんだんに使った『ショコラムース』は甘さと苦さのバランスが絶妙で、甘いものが苦手な人にもおすすめです。

『月替わりおまかせランチ』1,200円

2024年5月末から、お客さんの声を受けてテイクアウトがスタート!テイクアウトの『月替わりおまかせランチ』はスープが付かない分、お値段もちょっぴりリーズナブルに。彩り・栄養・ボリューム満点のお弁当はスタートして間もないにも関わらず、この地域に住む年配のお客さんを中心にリピートされています。売り切れ次第終了なので、前もって電話予約しておくのがおすすめですよ♪

・水をほとんど使わない!?フルーティーな『特製ちゅらカレー』

『特製ちゅらカレー』1,080円

水をほとんど使わず作る『特製ちゅらカレー』も人気!野菜を油で炒める過程もやわらかくなるまで大量の水で煮込む過程も経ず、鍋一つで作り上げるという常識を超えたカレーです。おいしく作る秘訣は時間をかけてしっかり煮込むことだそう。そうすることで、野菜の風味を一切逃さずに鍋の中に閉じ込め、カレーのうま味となるんだとか。

また、カレーの具材として真っ先に思いつくニンジンやジャガイモは使わず、タマネギとリンゴ、お肉は鶏肉を使うのがこだわり。リンゴはジュースではなく、生のリンゴを使う贅沢さなしには、このカレーのおいしさは生まれません。ベースはフルーティーなのに、後口はスパイシーで大人な味わい。この甘辛さがクセになること間違いなし!

カレーのお供には、手作りの福神漬けも忘れずに。ダイコンのシャキッとした食感を残すため、調味液にくぐらせるように少しだけ煮たダイコンを一度引き上げ、調味液だけをぐつぐつ煮るのがポイントなんだそう。付け合わせの福神漬けの味付けにもJAS認証の有機調味料を使うなど、こだわりが尽きません。



・心と体に優しいケーキやパフェも♪

『デザートセット(こだわりぶどう+ チーズケーキ)』950円

カフェメニューは終日オーダー可能。スイーツとドリンクは一緒に注文すると『デザートセット』になり、合計金額から100円引きになるので、セットがおすすめです。

スイーツの中で人気No.1の『チーズケーキ』はベイクドチーズケーキですが、今までに食べたベイクドにもバスクにも、レアにもない、むっちりとした食感が特徴。ほんのりレモンを利かせた爽やかな味わいが老若男女から愛される理由です。

『ちゅらんぷるー』600円 ※内容は季節替わり

南国気分を満喫できるオリジナルパフェも必食♪内容は季節によって変わり、5月~8月ごろまでの夏季はオレンジとマンゴーをふんだんに使ったトロピカルなフレーバーが楽しめます。

下から生クリーム、自家製マンゴーオレンジゼリー、「特製ちゅらあいす」の順に重ねられたパフェは、色鮮やかで、見ているだけで気分まで上がりそう。トップを飾るアイスクリームは、凍らせたバナナやミカン、黄桃で作られていて、味わいはもちろん、フルーツ本来の味わいや食感が生かされています。ぷるんぷるんのゼリーや生クリームとのコンビネーションも最高です!

『エスプレッソアフォガード』650円

抽出したてのエスプレッソをバニラアイスの上にたっぷり注ぐアフォガードは、大人のためのご褒美スイーツ♪クリーミーなバニラアイスにエスプレッソを合わせれば、コーヒーの苦みが抑えられて濃厚なカフェオレのような味わいに。しっかり混ぜてから食べるのがおすすめです。

お弁当だけでなく、ドリンクもテイクアウトが可能になって、ますます気軽に立ち寄りやすくなった「lunch&cafe美」。仲良し家族が営むアットホームな空間で、食べるとなんだか懐かしさがこみあげてくるようなおうちごはんを、ゆっくり味わってみては。

■詳細情報

■DATA

lunch&cafe美(ちゅら)

所在地
兵庫県加古郡稲美町北山1113-1
電話番号
080-9568-9914
営業時間
11:00~16:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2024年5月27日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP