兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2020.05.12
31,869 views

【姫路】オーガニックカフェ 「ametuchi (あめつち)」無添加ランチが登場♪テイクアウトやお弁当も

アスリートの夫婦が営むオーガニックカフェ「ametuchi(あめつち)」は、素材をつきつめ、身体にいいものをおいしく安心して食べられるオアシスのような居場所。炭素埋設!?素粒水!? 私たちの知らないことをたくさん知っていて、カフェに来たお客さんに元気を与えるオーナー夫婦。全国各地を飛び回り、選りすぐりのものだけを店に置く、こだわり抜いたスタンスが支持されて、遠方からもお客さんがやって来ます。

大人キレイな女性必見! 「ametuchi (あめつち)」

JRはりま勝原駅から車で5分。イオンモール姫路大津の南に2018年1月にオープンしたオーガニックカフェ「ametuchi (あめつち)」。オーガニック志向なお客さんが遠方からも通い詰める人気店です。

店内は木のぬくもりが感じられるナチュラルな雰囲気です。ゆったりとスペースを確保してあるソファ席が魅力。店外の地中には“炭素埋設”という、500ℓもの量の炭チップを埋めて付近を浄化するための工夫が。

大きなマイナスイオンを蓄電している乾電池のようなイメージです。神社や医療機関でも炭素埋設が有効活用されています。なんと言ってもインパクト大なのがこの丸太のテーブル。このサイズの丸太は樹齢100年を越えるそう。

テーブル5枚分の厚さの丸太を購入し、カットして表面を樹脂でコーティング。くち方もそれぞれ違っていて味があります。なかなかお目にかかれない樹齢100年の木のパワーを感じてみて。

お店の入り口すぐの場所には、全国各地を飛び回るオーナー夫婦が選りすぐった、有機ジャムや無添加の洗剤、特製の焼き菓子などを販売するコーナーも。焼き菓子は事前予約制なので公式HPからチェックを。

シンプル・オシャレ・オイシイ!モーニングセット

『たまごかけモーニング』ドリンク代+500円

相生市矢野庄の無農薬栽培米と有機古代米(黒米)を毎朝精米し、混ぜて炊きあげるこだわり。
米はレンゲ農法という、春に咲かせたレンゲを土に混ぜこんで肥料にしてしまう、戦前まではよく見かけた農法で栽培しています。

手間のかかる農法ですが、化学肥料は一切必要とせず、栄養たっぷりで身体にも環境にもやさしい農法です。
味噌汁は多可町の「足立醸造」の有機米みそと不知火(しらぬい)海のあおさをあわせたもの。ダシは毎日ソウダガツオとイワシでとります。

上郡町の「門積(かどづみ)農園」の無農薬リーフサラダは、無添加胡麻ドレッシングで。農薬に由来するえぐみなどが一切なく、安心して濃いリーフサラダ本来の奥深い味わいです。
玄米黒酢で漬けた、たくあんも名脇役。大根の甘みを残しながらガリッと小気味よい食感がアクセントに!

卵は三重県の平飼い有精卵を使用。濃厚でおいしい有精卵は1パック800円というお値段!

“有精卵は食べた時に得られるパワーがほかのものとは全然違うんです”とご主人。

醤油は奥出雲の井上古代醤油をセレクト。濃厚な卵の味を引き立たせる程度にかけてみて。

『トマトとたまごのハーフ&ハーフ オープンサンド』ドリンク代+450円

モーニングメニューは、ごはんのほかにパンも用意。
丹沢天然酵母のライ麦ブレッドのバタートーストやオープンサンドなどがあり、たまごの乗っていないものにはゆで卵が付きます。

写真のオープンサンドは、トマトソースもたまごもどちらも食べたい!というお客さんのリクエストを叶えた『トマトとたまごのハーフ&ハーフ』。自家製トマトソースは、淡路産玉ねぎを酸化しにくい米油で炒めて、竹炭入りの海洋深層水で精製された塩で軽く味付け。たっぷり入った炒めタマネギ甘さが味の決め手に。豆乳マヨと混ぜてつくったたまごサラダもこんもりと盛られ、その上から無添加のよつ葉チーズをかけた、こだわりの詰まった一品です。

『パンモーニング トッピング』ドリンク代+200円

3種類のお好きなトッピングを選べるスイーツオープンサンドのモーニングも。選べるトッピングは全部で6種類あり、あなた好みの”マイブレッド”がきっと見つかるはず。

店内でも販売している『砂糖不使用濃厚ブルーベリージャム』は砂糖を使っていないので甘さは控えめ。
まるで果肉をそのまま食べているような味わいでファンも多いんだとか。『有機小豆あんバター』は、6種類のトッピングの中で人気NO.1。麦芽水あめと有機アガベシロップで炊いたあんこのやさしい甘さと、よつ葉バターから感じられる塩味が絶妙にマッチ!たっぷりの無添加の生クリームに有機シナモンパウダーをかけた『生クリーム&有機シナモンパウダー』はまるでケーキのような味わい。ふわっとしたクリームの軽さに驚くはず。

モーニングは11時半まで注文OK!いつもよりちょっぴり優雅なモーニングタイムを満喫して。

無添加×オーガニックなランチセットが登場!

『日替わりヘルシーランチ』1,300円

オーガニック素材だけを使い、無添加の調味料で味付けをした究極のランチセットが新しくメニューに登場しました。中でも、ヘルシー志向な女性客から一番人気なのが『日替わりヘルシーランチ』。リーフサラダや黒米ごはん、あおさの味噌汁に、日替わりの手づくりおかずのワンプレートがセットになっています。

メインの車麩(くるまふ)のミソカツは、ブイヨンで煮込み味を染みさせた車麩の表面に、「足立醸造」の有機米みそをたっぷりと塗り、特別栽培のパンから作ったパン粉でコーティング。カラッと揚がったミソカツは、とても麩と思えないほどジューシー!

そのほかのおかずに使っている野菜も無農薬野菜だけをセレクトし、栄養バランスを考慮して、クルミやアーモンドなどのナッツを積極的に使っています。

『有機米粉をつかったグラスフェッドビーフのハヤシライス』(ゆで卵・サラダ・ドリンク付)1,280円

ガッツリな気分の人はハヤシライスがおすすめ。牧草でのびのびと飼育され、引き締まった赤身と栄養価の高さが自慢の“グラスフェッドビーフ”が主役。肉のうまみと淡路「池上農園」のタマネギの甘さが楽しめる至極の一品です。ルーには小麦粉を使わず有機米粉を使用しているのでグルテンフリー。単品なら1,000円です。

『焼きハヤシ』(ゆで卵・サラダ・ドリンク付)1,380円

ハヤシライスの上に「よつ葉」のシュレッドチーズをたっぷりとかけて、こんがり焼き上げた『焼きハヤシ』もあります。チーズがコクをアップ!ハヤシライスのトマトの酸味が苦手な人におすすめです。単品なら1,100円です。

『平飼い有精卵のたまごかけごはん&鶏しぐれ』(サラダ・ドリンク付)1,280円

人気のたまごかけごはんのセットに、自家製鶏しぐれとドリンクが付いた『平飼い有精卵のたまごかけごはん&鶏しぐれ』。鶏しぐれとは、蒸し鶏のこと。平飼いの鶏肉を低温で1時間半かけてゆっくりと蒸すことで、鶏のうまみを1滴逃がさず閉じ込め、水分たっぷりのジューシーな蒸し鶏に仕上げているんだそう。厚めにカットされた蒸し鶏はまるで、鶏のステーキ。噛めば噛むほど肉汁がじゅわっと広がります。

ランチは11時半~15時半まで注文OK。

焼き上げに2時間半も?! 自家製『よつ葉のベイクドチーズケーキ』

『よつ葉のベイクドチーズケーキ』650円

通常40分ほどで焼き上げるチーズケーキを、低温でじっくり2時間半焼き上げるのが「ametuchi」流。

北海道産よつ葉クリームチーズに無添加サワークリーム、契約酪農生乳、てんさい糖を加えて作ります。なめらかでしっとり、濃厚なチーズケーキを是非一度ご賞味あれ。

すべてを有機の素材で作る贅沢なカットケーキも人気。期間限定のケーキも登場し、約10種類ほどのケーキを用意しています。どのケーキにもきび粗糖やてんさい糖、ピュアメープルを使用しています。

写真は左から『クラシックショコラ』600円、『3種の有機ナッツと4種の有機ドライフルーツのガトーショコラ』660円、『よつ葉のベイクドチーズケーキ』660円、『有機ラズベリータルト』550円、『フレッシュフルーツタルト』(季節のフルーツにより値段変動あり)680円~。店内飲食の場合は、無添加のホイップも添えて提供されます。

『クラシックショコラ』と『3種の有機ナッツと4種の有機ドライフルーツのガトーショコラ』はどちらも、有機米粉を使用してグルテンフリー。甘さ控えめでちょっぴりビターで濃厚な『クラシックショコラ』は大人な味。同じガトー生地にナッツとドライフルーツを混ぜ込んだ『3種の有機ナッツと4種の有機ドライフルーツのガトーショコラ』はドライフルーツの甘酸っぱさがアクセント。ごろりと入った大粒のナッツの食感も楽しい一品です。

『ホールケーキ』(予約制) 4,200円~

ホールケーキでのオーダーはご覧の通り、アルファベットクッキーが添えられインパクト大!
インスタ映え間違いなしの一品です。

“ナッツ控えめ”などの要望も聞いてもらえるオーダーメイドオリジナルケーキ。店頭受け取りだけでなく郵送でのお届けも可能です。

店内でのお祝いにはこちら!
ケーキをオーダーすると、無料でアルファベットクッキーを用意してくれます。(要事前予約)

有機素材や水にこだわる「ametuchi」のドリンク

『カフェ・オ・レ』(ICE) 650円

オーナー夫妻は高知の「JOKI COFFEE」(ヨキコーヒー)で修行。「ametuchi」のコーヒー豆は、同店から仕入れた焙煎豆を挽きたてで一杯一杯丁寧にハンドドリップしています。『カフェ・オ・レ』のミルクはパスチャライズ牛乳か有機無調整豆乳から選べます。

※パスチャライズ牛乳とは
フランスのパスツール博士が発見した食品の加熱殺菌処理法。乳牛より搾乳した生乳の自然な風味・性質・栄養を生かすため65℃30分間加熱して殺菌される。

『有機ココア』650円

お店オススメの『有機ココア』。こちらもパスチャライズ牛乳か有機無調整豆乳から選べます。
注文が入るたびにココアパウダーときび粗糖を配合。まったりと濃厚なのに、甘さがまろやかなのが特徴。ホイップと一緒に飲めばクリーミーさがアップしますよ。

左から『アランチャータ ロッサ』(ブラッドオレンジ)580円、『スパークリング』500円、『オーガニックコーラ』580円。

GALVANINA(ガルヴァニーナ)というオーガニックビバレッジのボトルがカワイイ!と話題に。ボトルを持ち帰るお客さんが続出なんだとか。

お近くの人限定!テイクアウトフード

ドリンクやケーキ、一部フードはテイクアウトもできます。テイクアウトできるケーキは全部で4種類。

『ametuchi お弁当』1,100円

イートインを自粛している期間限定で『日替わりヘルシーランチ』をテイクアウトができるように。前日13時までの完全予約制で、受け取り時間は翌日10:30~13:30で時間を指定します。いつもは店内でしか味わえない「ametuchi」の食事を家庭で楽しめるチャンス!

ただ、ケーキもお弁当も安定剤や保存料などの添加物を一切使用していないため、持ち帰り時間が短い人に限っています。

多才すぎる夫婦にズームイン!

オーナー夫妻は、過去にサッカー国際審判員としてFIFAの試合を務め、現在もJリーグ審判員として活躍中のご主人と、奥様も同じくサッカーの元女子一級審判員で、なでしこリーグを担当されていたという
トップアスリートなお2人。

選手よりタフであることが求められる審判員というポジションは過激な運動量を必要とし、急速な老化を感じることがあったそう。そこから食の大切さを痛感し、自身の健康の土台作りに専念。その経験を生かしオーガニックカフェ「ametuchi」のオープンに至りました。

コーヒーをドリップする姿が素敵なご夫婦。サッカーの審判員というアスリートからのオーガニックカフェのオーナーに。

それだけでも感嘆してしまいますが、驚くことなかれ…

実はご主人、似顔絵作家としても活躍中。写真は“よ~いドン!”の取材で訪れた織田信成さんの似顔絵です。

誕生日・お祝い・結婚式のウェルカムボードなどのオーダーも承ります。

ちなみに奥様はチョークアートが得意だそう。看板のブラックボードもお手の物です!ロゴの鳥の絵やメニューのイラストもプロ並みのお手前。

栄養価の高いものをおいしく食べる=脳はそれを幸せ、と認識するよう。混じりけのないホンモノを口にする幸福は自分への最高のごほうびです。

simple is the best! を「ametuchi」で体感してみては。

■詳細情報

■DATA

オーガニックカフェ ametuchi(あめつち)

所在地
兵庫県姫路市大津区天満306-6
電話番号
079-227-6109
営業時間
9:00~17:00 (L.O. 16:30)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2020年4月22日
時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP