兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2023.7.20
10,987 views

【三木】「Cafe Mon Chouchou(モンシュシュ)」でフレンチな軽食や絶品スイーツを♪

三木市別所町にオープンした「Cafe Mon Chouchou(モンシュシュ)」は、ホテルで修行を積んだ店主が手掛けるコンパクトなカフェ。フレンチな軽食やスイーツが自慢で、その繊細な味わい一つひとつから丁寧な仕事ぶりが伝わってきます。時間を忘れさせてくれそうな、異国情緒あふれる空間も魅力。フォトジェニックな一枚を撮影してみてはいかが?

・「Cafe Mon Chouchou(モンシュシュ)」

神戸電鉄志染(しじみ)駅から歩いて3分ほどの場所に店を構える「Cafe Mon Chouchou(モンシュシュ)」。神戸のホテルで修行を積んだ店主が手掛ける、フレンチ風の軽食やスイーツが楽しめる店です。

店名の「Mon Chouchou」は、フランス語で“私のお気に入り”。店主が好きなものを詰め込みつつ、お客さんにも喜んでもらえる場所を提供したいと2023年5月10日にオープンしました。

南フランスのプロヴァンス地方をイメージした店内。アンティーク風の壁やインテリアが、非日常なカフェタイムを演出してくれます。おひとり様でも気兼ねなく利用できる雰囲気で、読書をしながらのんびり過ごすお客さんもいるそう。


・軽食にぴったり!エッグベネディクト&ガレット

『エッグベネディクト』1,000円(ドリンク付き)

イングリッシュマフィンに、ベーコン、ポーチドエッグ、チーズをのせて軽く炙った『エッグベネディクト』。“女王様の朝食”とも称される、ちょっぴりリッチな気分が味わえるメニューです。素材の味を引き立てる、酸味の利いた自家製オランデーズソースが味の決め手。カリッとしたパンとベーコンに、とろりとあふれ出る黄身を絡めて召し上がれ。

『そば粉ガレット』1,000円(ドリンク付き)

ブルターニュ地方の伝統的な朝食『そば粉ガレット』もあります。パリッとモチッとした食感にこだわり、素材の塩味にマッチするよう生地にハチミツでほんのり甘みをプラス。チーズ、ハム、卵を包んで蒸し焼きにしています。

軽食はこのほか、ベシャメルソースたっぷりの『クロックムッシュ』(800円)や、コンソメ風味で食べやすい『ペペロンチーノ』(1,000円)などがラインアップ。すべて時間帯を問わずオーダーできるので、ランチとしても、小腹がすいた時のおやつとしても楽しめます。

・パティシエの技が光る繊細なスイーツ

『シフォンケーキ』500

人気No.1のスイーツは『シフォンケーキ』。メレンゲを多めに配合した生地で、ふんわり柔らかい食感に仕上げています。空洞にはフルーツをぎっしり詰め、生クリームで美しくデコレーション。トップには飾り切りのフルーツがあしらわれ、プレミアム感満載です。甘さ控えめなので見た目以上に軽く、食後でもぺろりと食べられますよ。

『レモンタルト』600

サッパリとした味わいが魅力の『レモンタルト』も要チェック。アーモンドプードルと純粉糖でさっくり感を重視したタルト生地に、メレンゲで中和されるようしっかり酸味を利かせたレモンカードを詰めています。惜しみなく絞った特製クリームは、117℃に煮詰めたシロップを垂らしながら泡立て続ける手法“イタリアンメレンゲ”仕立て。驚くほどなめらかで、その繊細な口当たりに店主のパティシエとしての技が光ります。

このほか、薄めのスポンジ生地とイチゴジャムを3層に重ね、生クリームでデコレーションした上に生チョコを垂らした『キューブケーキ』(500円)もおすすめ。香ばしいシュトロイゼルになめらかなレアチーズケーキをのせ、イチゴソースで味を変えながらいただく『レアチーズケーキ』(400円)などもあり、手間を惜しまず作られたスイーツはどれも絶品です。



・こだわりコーヒーやSNS映えドリンクも

『カフェモカ』500

コーヒー豆は3種類を使い分けるこだわりぶりです。『カフェモカ』には、チョコレートの甘さに負けないよう、苦味をしっかり感じられる深煎(い)りの豆を使用。キメこまかな泡のスチームミルクを合わせた、口当たりまろやかな一杯です。

このほか、『アメリカーノ』(300円)には、コーヒーが苦手な人でも飲みやすいよう浅煎りのフルーティな豆をチョイス。『カフェオレ』と『カフェラテ』(各400円)には、香り高くほど良い苦味が特徴的な豆を選んでいます。スイーツと一緒に注文すれば100円引きととってもお得。

『オーダークリームソーダ』650

4種類あるクリームソーダの中でも注目したいのが、『オーダークリームソーダ』。好きな2色もしくは単色のグラデーションを選んで作ってもらえます。フォトジェニックなビジュアルで、流行りの“推し活”のおともに写真を撮るお客さんも多いとか。取材日にお願いした「虹色」もオーダーできるので、気軽に声掛けを。

エキゾチシズムが織り込まれた空間で、軽食やスイーツを堪能できる「Cafe Mon Chouchou」。店主のエネルギッシュな人柄に引かれて通うリピーターも少なくありません。リラックスしたい時はもちろん、元気が欲しい時にも、ふらりと立ち寄ってみてはいかが?

■詳細情報

■DATA

Cafe Mon Chouchou(モンシュシュ)

所在地
兵庫県三木市別所町小林734-7
営業時間
10:00~17:00(L.O.16:30)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年6月16日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP