兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2023.3.8
9,537 views

【たつの】「コミュニティカフェ 扉」城下町の古民家で自家焙煎コーヒーと焼き菓子を堪能して

今もなお、昔の長屋が建ち並ぶたつの市の城下町の中に、ひっそりと佇む「コミュニティカフェ 扉」。“暮らしの中の憩いの場”として地元客から親しまれている、アットホームな隠れ家カフェです。その人気の秘密は手ごろな価格と居心地の良い古民家空間。スペシャリティコーヒー豆で淹(い)れる本格自家焙煎コーヒーが1杯400円、ケーキセットはプラス200円と通いやすい価格が評判です。城下町で気軽にひと息つくならここに決まりですよ♪

・古民家カフェ「コミュニティカフェ 扉」

「コミュニティカフェ 扉」は、昔ながらの長屋が美しく建ち並ぶたつのの城下町にある古民家カフェ。2005年にオープンして以降、“憩いの場”として地元客を中心に愛され続けるアットホームなお店です。

運営するのは「NPO法人 いねいぶる」。たつの市を拠点に、障がい福祉サービスや障がい者スポーツの周知などを行っています。2023年現在、自家焙煎コーヒー専門店「365COFFEE(サンロクゴコーヒー)」やカフェ「日山ごはん」、再生紙の加工・販売店「手すき工房 紙や」など、6つのショップを営んでいますが、「障がいを持った人と地域の人が交流できる場所を作りたい」と最初にオープンしたお店が「コミュニティカフェ 扉」なんだそう。障がいを持った人も一部調理をしたり接客をしたり、無理のない範囲で活躍しています。店名には、「障がい者と地域の人を結ぶ“扉”となる場所に」という思いが込められています。

店内はソファ席が2つだけとコンパクトですが、スタッフやお客さんとの距離が近く、アットホームな雰囲気が魅力です。地元の常連客も多く、通っている間にお客さん同士が知り合いになっているなんてことも。歴史と趣あふれる古民家空間が落ち着きをもたらし、何時間でも居たくなるような居心地の良さがあります。


・訪れるのが楽しみになる日替わりスイーツ

『きまぐれケーキセット』ドリンク代 + 200円

カフェメニューは、ドリンクが5種類とドリンク代にプラス200円で付く『きまぐれケーキセット』のみ。ケーキは日替わりで、味のバリエーションが豊富なスコーンとシフォンケーキの中から毎日2種類をスタンバイしています。

取材日のスコーンは「クルミのスコーン」。甘さ控えめの素朴な味わいの生地に、ローストしたクルミを混ぜ込んだ風味豊かな一品です。シンプルだからこそ、生クリームやフルーツ、自家製イチゴソースなどのトッピングと合わせて、アレンジを楽しむのがおすすめです。

『ミルクチャイ』400円

ミルクをたっぷり使った『ミルクチャイ』は、寒い季節に必ず人気が高まる冬の看板ドリンク。スパイスの香りが強すぎず、甘さも味わいも優しいので、小さな子どもから年配の人まで飲みやすい一杯です。鼻から抜けるような心地よいスパイスの香りが、体を内側からじわじわと温めてくれますよ。

『きまぐれケーキセット』ドリンク代 + 200円

シフォンケーキは、卵の風味を生かした味わいが魅力。一般的なレシピよりも卵黄の配合が多めで、ふわっとしたやわらかさと、ほどよい弾力も持ち合わせています。シンプルな「プレーン」のほか、「紅茶」や「チョコ」などが登場することも。いろんな味のシフォンケーキを、ぜひご賞味あれ!

・お手ごろ価格の自家製クッキーはギフトにも◎

お店の工房で手作りしたクッキーも、1袋150円という手ごろさとケーキ店さながらの本格的な味わい、オシャレなパッケージで人気を集めています。

ラインアップは全部で6種類。クッキーの種類によって、レシピだけでなく、砂糖や粉といった材料も細かく変えているのがこだわりなんだそう。

『ピスタチオ(3枚入り)』150円

人気No.1は、小麦粉不使用の『ピスタチオ』。米粉やきび砂糖、豆乳などを使い、体を気遣ったフレーバーです。ピスタチオ独特の風味とカリッとした食感がアクセント!一度食べるとやみつきになるかも。

『アーモンド(6枚入り)』150円

スタッフイチオシの『アーモンド』は、スコーンを作ったときに余る卵白を利用して作ったチュイールクッキー。パリッと軽い食感とアーモンドスライスの風味がクセになります。

クッキーはプチギフトから箱詰め(別途100円~)まで、要望に応じてラッピングをしてもらえるのでギフトにも◎。ちょっとしたプレゼントや手土産にもいかが?



・自家焙煎が自慢の「365COFFEE」

『ホットコーヒー』400円

姉妹店の自家焙煎コーヒー専門店「365COFFEE」で焙煎したコーヒーにも注目を。「コーヒーの摂取を制限されている人やあまり好きではない人も“毎日飲めるコーヒー”を」というコンセプトの通り、マイルドな味わいが魅力です。

コーヒー豆は姫路のスペシャリティコーヒー専門店「ナカザキコーヒーロースタリー」から仕入れているそう。数あるスペシャリティコーヒーの中から数種類自家焙煎し、日替わりで1種類提供しています。取材日は定番の「コロンビア」が登場。しっかりとしたコクと風味を引き出すため、中深煎(い)りで焙煎するのがポイントだそう。新鮮な香りや力強いコクを、まずはブラックで味わってみて。

『ドリップバッグ』各130円

「365COFFEEのコーヒーを毎日飲みたい」というお客さんの声から生まれた『ドリップバッグ』も販売しています。ラインアップは全部で6種類。飲み比べをして、お気に入りの一杯を見つけてみては?

・売り切れ必至!姉妹店「だいだい」の日替わり弁当

『日替わり弁当』450円

姉妹店の弁当屋「だいだい」の日替わり弁当も毎日数量限定で販売しているので要チェック!管理栄養士が考えた、栄養バランスの良い献立が人気の秘密です。取材日のメインは、旬のカボチャが主役の「カボチャコロッケ」。このほか、「キュウリとツナの和えもの」や「ミートスパゲッティ」など、日替わりで2~3品のおかずも入っています。「なるべく地元の野菜や旬を大切にしたい」という思いから、たつの市内の農家と契約をしているそう。栄養・彩り・ボリューム満点で、値段以上の価値があります。

一カ月分の献立は、毎月月末から店頭で配布しているメニュー表でチェックできます。気になる人は電話で教えてもらうこともできるので、問い合わせてみて。連日売り切れ必至なので、前日までの事前予約がベターですよ。

■詳細情報

■DATA

コミュニティカフェ 扉

所在地
兵庫県たつの市龍野町下川原28-1
電話番号
0791-63-0766
営業時間
9:30~15:00
※第2木曜日は~12:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年1月30日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP