兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.7.11
12,253 views

【明石】ケーキ店「マリアージュ」併設のカフェでモーニングやランチはいかが?夏季限定かき氷も

JR朝霧駅から北へ徒歩10分の場所に店を構える、地元で人気のケーキ店「Mariage(マリアージュ)」。併設のカフェでは、パティシエ自慢のケーキはもちろん、モーニングやランチもいただけます。5月下旬~9月の夏季限定で登場する、ケーキのように華やかなかき氷も必見です♪

・「Mariage(マリアージュ)」


JR朝霧駅から北へ徒歩約10分。ティファニーブルーの外壁がひときわ目を引く一軒のパティスリー「Mariage(マリアージュ)」があります。


店名の「Mariage」とは、フランス語で“結婚”を意味し、日本では“料理と料理、料理とドリンクなど食べ合わせる相性の良さ”の意味でよく使われる言葉。店名には、「さまざまなドリンクやシーン、そして老若男女問わないお客さんなど、あらゆるものと“マリアージュ”するケーキを提供したい」という思いが込められています。

店に入ると、きらびやかなケーキに彩られたショーケースが。同店のケーキは、ふんわり口溶けの良いスポンジと、純生クリームを使用していながらもあっさりとした仕上がりで、小さい子どもから年配の人まで食べやすいのが特徴です。

毎日朝からパティシエが心を込めて作るケーキやシュークリームなどのスイーツは、常時20種類以上。『苺のショートケーキ』(420円)や『マリアージュロール』(380円)などの定番のケーキ以外に、旬のフルーツが主役の季節限定ケーキも豊富なので、訪れるたびに新しいケーキと出合える楽しみがあります。ホールケーキはシンプルなデザインから似顔絵ケーキまで、さまざまなリクエストに対応してもらえるオーダーケーキも充実しています。

扉を入ってすぐ右手には、白でまとめられたラグジュアリーなカフェスペースが。おひとり様にぴったりなカウンター席が4席ほどあり、奥にはのんびりとくつろげるソファ席も完備してます。


・併設のカフェでティータイム♪モーニングやランチも

『ランチA』830円

併設のカフェでは、9:30~11:00はトーストが付くお得なモーニング(600円~)が、11:00~16:00には3種類のランチがいただけます。ランチタイムはL.O.16:00と、提供時間が少し長めなのがうれしいポイント。遅めのお昼ご飯や午後のティータイムにもぴったりです。

ランチはAとBの2種類で、いずれもサラダ、日替わりデリ、デザート、ドリンクがセットに。軽めに済ませたい人は、メインをトーストかスコーンから選べ、ゆで卵も付くブランチメニューの『ランチA』をチョイスして。自家製のスコーンは全粒粉入りで、小ぶりながらも食べ応えがある一品。自家製コンフィチュールや純生クリームをお好みで付けて味変も楽しんで。

『ランチB』950円

『ランチB』は、自家製のサンドイッチが4つものったボリューム満点の一品。サンドイッチは、特製卵サラダとシャキシャキのキュウリ、スライスハムをサンドした、創業から変わらず愛されるミックスサンドです。注文が入ってから一点ずつ作るからこそ生まれるパンのしっとり感も人気の秘密です。

取材日のデリは、焼きハンバーグとジャガイモのグラタン。一緒に食べると、互いにコクを引き立て合いおいしさがアップ!デリは、ラザニアやエスカベッシュなど、洋食メニューを基本に献立しています。

※エスカベッシュとは…揚げた白身魚をビネガーなどに漬け込んだ地中海料理のこと。

『デザートメロン』600円 + 『アイスティー』520円
※『デザートメロン』は6月~7月中旬限定(メロンが無くなり次第終了)

10:00~17:00に注文できる、ちょっぴりお得な『ケーキセット』もおすすめ。ケーキもドリンクも好きなものを選べ、同時に注文すればドリンク代が100円引きになります。とびきり優雅なティータイムを過ごしたいときには、フルーツをダイレクトに楽しめる季節限定スイーツを選んで。取材日は、完熟のクインシーメロンを使った『デザートメロン』が登場。メロンの上に、自家製カスタードクリームやジュレ、数種類のフルーツを盛り付けた華やかなビジュアルに目も心も奪われること間違いなし。

「カカオバリー社」のチョコレートを使った濃厚な『ショコラ』(460円)や『エクレア』(260円)、かわいらしいプチシューがのった『ミルクレープ』(480円)など、定番どころも目が離せません。約20種類のラインアップの中から、その日の気分や好みでティータイムのお供を見つけ出して。

・夏季はパティシエ自家製シロップを使った贅沢なかき氷も登場!

『果実の輝き 苺ミルク』900円
※5月下旬~7月下旬ごろ限定

毎年5月下旬~9月ごろはかき氷が登場!フワッとエアリーな氷とパティシエが作る自家製シロップを組み合わせた、ケーキ店ならではのリッチな仕上がりが自慢です。5月下旬~7月下旬ごろは毎年人気のフレーバー『果実の輝き 苺ミルク』、7月中旬~8月ごろは大人な『ティラミス』、それ以降は『イチジク』や『プリン氷』、『モモ』などが随時2種類ずつ登場します。

『果実の輝き 苺ミルク』は、シロップにもトッピングにも国産イチゴをふんだんに使用。食べ進めて行くと、氷の底にもスライスした生のイチゴが隠れていて、どこを食べてもイチゴを楽しめるイチゴ尽くしの一品です。自家製のイチゴシロップは果肉感と甘酸っぱさを生かしているので、まるでイチゴをそのまま食べているかのよう。たっぷりかかった練乳と合わせて、ミルキーな味わいも堪能して。



・“明石土産”にぴったりなご当地スイーツが豊富

『たこつぼプリン』530円

明石といえば「明石ダコ」や「明石鯛」が有名。「マリアージュを訪れた人々に、明石の良さを知ってもらいたい」との思いで、ご当地銘菓も販売しています。雑誌やSNS、ふるさと納税でも紹介されたこともあるほど話題性の高い商品も取りそろえているので、もらった人も喜ぶこと間違いなしです。

同店の看板商品が『たこつぼプリン』。タコを捕獲するときに使用するタコつぼをイメージした器に入ったインパクト抜群の一品です。フタを開けると、大吉から大凶まで5種類のタコおみくじが。とろ~りなめらかな口当たりのプリンの下には、タコ墨をイメージした竹炭入りの黒いキャラメルソースも入っています。明石土産に迷ったときはこれに決まりですね!

『明石の実りプリン』400円
※夏季限定(ゴールドラッシュが無くなり次第終了)

明石で育てられた「ゴールドラッシュ」という品種のトウモロコシを使った、ちょっぴり変わり種のプリンも。神戸市西区にある「流通科学大学」の学生と、「明石市の特産品を広めたい」という思いで一緒に共同開発したこだわりのスイーツです。主役はもちろん「ゴールドラッシュ」。舌触りを良くするため、潰してから丁寧に裏ごしするのがポイントだそう。トウモロコシ本来の弾けるような甘みを思う存分味わって。

『明石鯛マドレーヌ(2種10個セット)』2,540円

「明石鯛」をモチーフにしたマドレーヌは持ち運びしやすく日持ちもするので、遠方への手土産にぴったり。フレーバーは定番のプレーンとショコラと、春限定フレーバーの桜鯛の3種類。特製の型で焼いたマドレーヌはしっとり柔らかく、食べた瞬間にフワッと香る「よつ葉バター」の芳醇な香りが魅力。晴れの日やめでたいときに使われる鯛をモチーフとしているので、お祝いのギフトにもぴったりですね。

『なついろ』3,000円 ※夏季限定

このほか、期間限定のギフトも豊富にラインアップ。暑中見舞いなどの夏のギフトには、自家製ゼリーとマドレーヌの詰め合わせ『なついろ』が定番です。神戸六甲のおいしい水を使用し、フルーツの果肉やアロエを加えた食感も楽しいゼリー。ブドウや温州ミカン、ブラッドオレンジ、モモ、パイナップルなど、フレーバーも多彩にそろいます。暑中見舞いのシーズンになると完売していることが多いので、早めの購入がベターです。

ご当地色や旬を大切にした「マリアージュ」のスイーツの数々。すべては「明石に根付き、幅広い年齢層に愛される町のケーキ屋さん」を目指す、店主の熱い思いから作られています。大切な人の記念日にはオーダーケーキを、年に数回の帰省にはご当地銘菓を。家族が集うさまざまなシーンを、思いが込められた同店のスイーツで彩ってみてはいかがでしょうか?

■詳細情報

■DATA

Mariage(マリアージュ)

所在地
兵庫県明石市朝霧南町3-1-23
電話番号
078-917-2600
営業時間
モーニング 9:30~L.O.11:00
ランチ 11:00~L.O.16:00
カフェ 10:00~L.O.17:00
販売スペース 10:00~18:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年6月27日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP