兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.3.28
18,765 views

【西脇】「カフェリトル」オープン!体思いのビスケットスコーンが15種類♪ランチや夜カフェも

2022年1月8日、西脇市に「cafe Little(カフェリトル)」がオープン!“食して体に良い、ゆったりとした雰囲気を”をコンセプトに、温もりあふれるログハウスで素材にこだわった食事を楽しめるカフェです。看板メニューはビスケットスコーン。ボリュームたっぷり、バリエーションも豊富で手土産にもおすすめです♪

ビスケットスコーンとカフェの店「cafe Little(カフェリトル)」

山なりになった西脇市高田井町の住宅街を上がっていくと、一軒のログハウスが。2022年1月8日にオープンした「cafe Little(カフェリトル)」です。

コンセプトは“食して体に良い、ゆったりとした雰囲気を”。素材からこだわった自家製の『ビスケットスコーン』やカレーランチなどをゆっくり味わえる憩いのカフェです。

店内は床から天井、壁まですべて木で作られていて、温もりあふれる心地よい空間が広がっています。一席ずつテーブルやソファの雰囲気が違うので、そのときの気分や好みで席を選んで。どの席もゆったりしていて、何時間でも居たくなる居心地の良さがあります。ベビーカーを置いても邪魔にならないくらいゆとりがあるので、子連れでも気兼ねなく来店できそうですね。

入口入ってすぐの場所にある立派な薪ストーブは、インスタ映えフォトスポット!冬季は実際に稼働していているので、薪ストーブの暖かさを体感することもできますよ。


看板メニューは約15種類のビスケットスコーン!TOP3を紹介

看板メニューはビッグサイズの『ビスケットスコーン』。毎日カウンターに約15種類のフレーバーがずらりと並びます。素朴な味わいとしっかりした食感、食べ応えを追究し、スコーンには珍しく強力粉100%にこだわっています。砂糖は沖縄県波照間島(はてるまとう)の黒糖を、塩は粟国島(あぐにとう)の「粟国の塩」を使用するなど、厳選素材を使用。強力粉の風味や食感の力強さと黒糖のコクがある甘みがマッチします。

ボリュームも自慢で、なんとスコーン1個につき110gもあるそう!手に持つと、ボリューミーなのが手からも伝わってきます。

第3位『クッキー&クリーム』378円

人気第3位は『クッキー&クリーム』。チョコチップ入りのスコーンの上に、アイシングとオレオクッキーをトッピングした、チョコ好きにたまらない一品です。オレオのほろ苦さがアクセントとなり、意外と甘すぎないのも人気の秘密です。

第2位『プレーン』194円

すべてのフレーバーのベースとなっている『プレーン』が第2位。黒糖のコク、ほどよい塩気、小麦の風味が調和したシンプルなおいしさがクセになりそう。そのまま食べるのはもちろん、バターやホイップ、ジャムなどでアレンジするのもおすすめ。組み合わせ次第でスイーツにも食事にもなりますよ。

第1位『ホワイトチョコレート』378円

第1位は、ホワイトチョコチップがたっぷり入ったスコーンにたっぷりのホワイトチョコをかけた『ホワイトチョコレート』。甘い見た目とチョコの香りが特長で、女性や子どもから特に人気があります。ホワイトチョコのミルキーな甘さを味わって。

地元野菜をたっぷり使ったランチも人気!

『Little ブランチプレート(ドリンクセット)』913円、単品715円

ランチは大きく分けてプレートランチとカレーランチの2種類あります。「スコーンもランチも食べたい」という人は『ブランチプレート』を選んで。『ビスケットスコーン』に、小野市西脇町の「小坂養鶏」の「鉄人の卵」を使ったスクランブルエッグ、地元野菜のサラダ、ヨーグルトがワンプレートになっています。『ビスケットスコーン』のフレーバーは通常『プレーン』が付きますが、差額を追加すれば好きなフレーバーに変更することができます。

ランチでよく選ばれるのが『メープルシュガー』(ブランチプレートの価格+77円)。底にも表面にもメープルシュガーをたっぷりとかけて、カリッと焼き上げた香ばしいフレーバーです。かむたびに「カリッ!」「ザクッ!」と音をたてて、食感も楽しい一品。メープルのこっくりとした甘さがスコーンの素朴な味わいを引き立て相性抜群。温かいうちに食事と一緒に食べても、食後のデザートとしても楽しめます。

ドリンクセットのドリンクはアルコール以外ならどれでもOKなのもうれしいポイント。体の不調や美容が気になる人には『オーガニックハーブティ』がおすすめ。ローズレッドやローズヒップなど、オーガニックのハーブを数種類ブレンドした豊かな風味が、体の内側から癒やしてくれそう。

『明太子バター』プラス165円

「スコーンをデザートとしてではなく食事として食べたい」という人は惣菜系のフレーバーを選んで。特に男性客からは『明太子バター』が人気だそう。『プレーン』の真ん中をくり抜き、特製明太子バターをたっぷり注入し焼き上げた『明太子バター』は、まさに明太フランスパンのような味わいです。

『ビーフカレー(サラダ付き)』880円

丁寧にとった野菜のだしと牛肉のだしを使い、深みのある味わいに仕上げた『ビーフカレー』も絶品。カレー専門店の味わいと言っても過言ではないほど、手間ひま惜しまず作られていて、味わいも本格的です。一口食べた瞬間、カイエンペッパーのピリリとした辛味が、その後に野菜や牛肉のコクとうま味が口いっぱいに広がり、一度食べるとやみつきになる味です。付け合わせのピクルスや米も自家製で、こだわりが満載です。



デザートはホイップ付のビスケットスコーンを♪

『プレーン』198円 ※イートインの場合

「アレンジが楽しめるスコーンだからこそ、いろんな組み合わせで味わってほしい」と、イートイン限定で豆乳ホイップクリームと旬のフルーツが無料で付いてきます。上下半分で割いて半分はそのまま何もつけずに、もう半分はホイップクリームやフルーツと合わせてケーキのようにして食べるのがおすすめの食べ方だそう。

『レモン』385円 ※イートインの場合

3、4月限定フレーバーの『レモン』もデザートにぴったり!レモンを皮ごと使うので、国産のノーワックスレモンのみを厳選しています。生地と上にかけているアイシングにレモン果汁をたっぷり使い、仕上げにレモンの皮で作ったピールをトッピング。レモンの爽やかさをダイレクトに感じられる春らしいフレーバーです。国産レモンが無くなり次第終了なので、気になる人は早めにゲットして。

今後も、旬のフルーツを使った期間限定商品が登場する予定。訪れるたびに違うフレーバ―と出合えるのも同店の魅力の一つです。

夜カフェは22:00まで。限定メニューも

カフェは22:00まで利用OK。西脇市内では数少ない夜カフェです。辺りが暗くなり、照明で照らされたログハウスはとてもムーディー。昼とは違う魅力が感じられますね。

『ヘレステーキプレート』1,782円

夜カフェ限定メニューもスタンバイ。ランチタイムと代わって夜カフェでは、ごはんが進むようながっつり系のおかずがメインです。

中でもイチオシは『ヘレステーキプレート』。肉のうま味がぎゅっとつまった柔らかい牛ヘレ肉をシンプルに焼き上げたステーキ。ソースはきざみわさびと「粟国の塩」かステーキソースから選べます。

1日を通してモーニング、ランチ、夜カフェと、時間帯によってそれぞれ違う食事が楽しめる「cafe Little」。体に優しい素材で作られた食事と心地よい空間に身を委ね、体を休めては。

■詳細情報

■DATA

cafe Little(カフェリトル)

所在地
兵庫県西脇市高田井町1089
電話番号
0795-38-8814
営業時間
10:00~22:00(L.O.21:30)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年3月10日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP