兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.11.5
9,941 views

【明石】「BAKERY RYU」オープン♪湯種と配合がこだわり!格別のもっちり感を味わって♪

2022年10月4日、JR西明石駅から北東へ徒歩約15分の場所に「BAKERY RYU(ベーカリーリュウ)」がオープン!ブルーの扉を開くと、そこには製法や配合にこだわった素朴なパンがずらり。準強力粉や米粉、きび糖、「よつ葉」のバターなど、厳選素材を使った体に優しいパンを、108円~という普段使いしやすい価格で販売する街のベーカリーです。特に食パンは必見!格別のもっちり感をぜひ味わってみて♪

・「BAKERY RYU(ベーカリーリュウ)」

2022年10月4日、西明石市旭が丘に「BAKERY RYU(ベーカリーリュウ)」がオープン!場所は、JR西明石駅から北東へ15分ほど歩いたところ。かわいらしい淡いブルーの扉が目印です。

10年以上の職人歴を持ち、神戸市の老舗ベーカリーでも7年ほどパンを焼いていた店主と、同じベーカリーのカフェで働いていた奥さんが二人三脚で営む「ベーカリーRYU」。「ファミリー層を中心に、親しみを持って普段使いしてもらえるような街のパン屋」を目指して、“子育てしやすい街”として人気の明石市に出店を決めたそう。オープンして間もないですが、すでに数回買いに訪れるリピーターも多く、口コミでも人気が広まっています。

店内は淡い色合いで統一され、明るく清潔感あふれる空間が広がります。木で作られた棚の上には、焼き上がったパンが次々に並べられ、10:00ごろには棚の上一面がパンで埋め尽くされます。焼きたてを狙うならオープン直後ですが、種類が豊富な時間帯を選ぶなら10:00ごろからお昼ごろまでがおすすめです。

普段使いしてもらえるようにと、リーズナブルな価格と体に優しい素材には特にこだわりが。同店のパンは一般的なパンに使う強力粉ではなく、グルテンが少ない国産準強力粉をメインに使用し、もっちり感が持続する湯種製法で作り上げるのが最大の特徴。そのほか、「よつ葉バター」やきび糖など、体への負荷が少ない素材もブレンドしています。じっくり味わいたくなる素朴なパンが、一日に約25種類ほどラインアップします。


・シンプルに素材の味と食感を楽しむ食パン

『湯だね食パン』421円

看板商品は『湯だね食パン』。その名の通り、小麦粉に熱湯をかけてからこね上げ、一晩寝かせた餅のような生地を混ぜ込む“湯種製法”で作った食パンです。国産準強力粉と米粉、水、きび糖などの基本の材料のほか、糖度の高い濃厚なハチミツや「よつ葉バター」なども使ったリッチな配合もこだわりポイント!ぜひ購入した当日は焼かずにそのまま食べて、口の中にほんのり広がるコクのある甘さを味わうのがおすすめです。

『湯だね食パン』はなんと言っても、もっちりと重厚感ある食感が特徴的!パンを持つと、ずっしりとした重さから、パンの中の詰まり具合やモチモチとした弾力が手の平ごしに伝わってきます。さらに割くと一目瞭然!断面同士が糸を引くように割けるのが、弾力性に優れている証拠。今までに味わったことのないような食感と食べごたえを堪能してみて。

『五穀食パン』399円

健康志向な人や卵アレルギーの人には『五穀食パン』がイチオシ。準強力粉のほか、小麦やライ麦、発芽玄米、黒米、黒ごまが入った、穀物の香ばしさが漂う一品です。こんがりと焼き色が付くまでしっかりと焼き上げているので、パンの耳まで風味豊かで穀物の味わいを引き立てます。トーストはもちろん、惣菜系のサンドイッチなどのアレンジにもGOOD◎。

・店主のオススメBEST3

『メロンパン』各183円

豊富なパンの中から、店主のオススメBEST3を紹介!イチオシは、『湯だね食パン』と同じ生地をクッキー生地で包んで焼き上げる『メロンパン』。メロンパンのシンボルとも言える格子模様が付いていないのは、クッキー生地にバターをたっぷりと使用している証拠。オーブンの熱でバターが溶け出し、メロンパンを縁取るようなちょっぴり珍しい見た目に仕上がります。外はカリッと芳醇、中はムチッと詰まっていて、味と食感のバランスが絶妙な一品です。

『塩バター』各108円

1個108円というリーズナブルな価格で、複数購入するお客さんが多いという『塩バター』。『五穀食パン』の生地でバターを包みこみ、こんがり焼き上げたあとに淡路島産「自凝雫塩(おのころしずくしお)」をパラリとかけたシンプルなパンです。一度食べると甘じょっぱさがクセになり、リピート率も高い一品です。

『割烹青柳あんぱん』237円 ※一日10個限定

同店のあんパンは、あんこがひと味もふた味も違います。あんパンの命とも言えるあんこは、芦屋にあるミシュラン一つ星の割烹料理店「青柳(あおやぎ)」が炊いたこだわりのあんこを使用。一般的な製パン用のあんこよりも水分が多い分、成形は難しいそうですが、口当たりがなめらかで味わいも上品。モチモチとした湯種生地とも相性抜群です。多くても一日10個限定なので、狙うなら早めの来店がおすすめです。



・淡路島産タマネギが主役の惣菜パンにも注目!

淡路島の「上野農園」から産地直送してもらったタマネギを使った惣菜パンも豊富。豆乳と白味噌で作った自家製ベシャメルソースと合わせたクロックムッシュや、ふわふわの『五穀食パン』にツナマヨと一緒に挟んだサンドイッチなど、ブランチや昼食にぴったりなメニューもスタンバイしています。

『淡路玉ねぎロール』各129円

中でも、タマネギのようにころんと丸いフォルムがキュートな『淡路玉ねぎロール』が定番。生地に淡路島産タマネギのスライスを生のままたっぷり混ぜ込んでいます。パン生地に包まれながらじっくり火が通っていくので、水分と一緒にタマネギのうま味が逃げず、甘さが最大限に引き出されています。噛めば噛むほど口に広がるタマネギの甘さを思う存分味わって。ハムや野菜を挟んでサンドイッチにしたり、トーストしたり、アレンジも楽しめますよ。

常識を超えた“準強力粉で作るモチモチパン”が自慢の「ベーカリーRYU」。グルテンフリーを意識している人やモチッとした食感のパンが好きな人、子どもに安心して食べさせたいママにぴったりのベーカリーです。ここにしかないモチッと感は、一度ハマるとやめられなくなるかも。ぜひご賞味あれ♪

■詳細情報

■DATA

BAKERY RYU(ベーカリーリュウ)

所在地
兵庫県明石市旭が丘19-18
電話番号
078-963-5222
営業時間
8:00~17:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年10月20日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP