兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.10.14
8,969 views

【加古川】観葉植物店「Blossom B green」オープン!憧れの“みどりがある暮らし”を

2022年7月22日、JR加古川駅から西へ徒歩5分ほどの場所に、「Blossom(ブロッサム)」の新店「B green(ビーグリーン)」がオープン。“みどりの空間と暮らし”をコンセプトに、観葉植物を中心としたオシャレな植物を販売しています。暮らしを彩り、癒やしを与えてくれる、とっておきのグリーンを見つけてみませんか?

・観葉植物のインテリアショップ「Blossom B green」

世界トップレベルのフローリストが営み、全国でもトップクラスの品ぞろえを誇る花屋「Blossom(ブロッサム)」。本店「Blossom Fran(ブロッサムフラン)」の西隣の道を挟んだところに、2022年7月22日、観葉植物のショップ「Blossom B green(ブロッサム ビー グリーン)」がオープンしました。優しいベージュの外壁の建物が「Blossom Fran」、奥の黒色で統一されたスタイリッシュな建物が「B green」です。

場所は、加古川ICから車を3分ほど走らせた加古川市寺家町の県道18号線沿い。JR加古川駅からも徒歩約5分と公共交通機関でもアクセスしやすく、神戸や大阪など、遠方からわざわざ足を運ぶお客さんも絶えない人気店です。

「観葉植物があることで感じられる癒やしや、生長を見る楽しみなど、植物を飾る魅力を身近に感じてほしい」と語る店主。コロナ禍で家で過ごす時間が長くなったという社会的背景もあり、観葉植物に特化した「B green」のオープンに至ったそう。コンセプトは「みどりの空間と暮らし」。観葉植物を“暮らしの中のインテリア”として取り入れ、心地よく穏やかな気持ちで過ごせる空間作りを提案するショップです。

店内に入ると、棚だけでなく、空間全体を使ってオシャレにディスプレーされた色鮮やかな観葉植物たちがお出迎え。ゆとりのあるディスプレーと統一感あるシンプルなインテリアで、一つひとつの観葉植物がよく映えます。

壁面には、観葉植物を育てるための鉢がずらりと並び、陶芸の作品展を見に来たかと錯覚しそうなほどアーティスティック。鉢は、どんな部屋にもなじむようなシンプルなデザインと、色味を抑えて質感を感じられるものをセレクトしているそう。何時間でも居たくなるような居心地の良いムードの中、リラックスしながら買い物を楽しんで。


・観葉植物で“みどりのある暮らし”を

観葉植物は、ちょっとしたスペースに置けるミニサイズからインテリアに映える中型サイズ、床に直置きする大型サイズまで、豊富に取りそろえています。植物の小さな世界を楽しめる流行りのアイテム「テラリウム」や、天井から吊して飾る「ハンギンググリーン」などもスタンバイしています。

観葉植物は、専任のバイヤーが目利きしているのもこだわりポイント。なるべく市場や現地へ直接出向き、産地や樹形にこだわった高品質でデザイン性が優れたものを厳選しています。

『ガジュマル』3,850円~

「幸せをもたらす木」という異名を持つ「ガジュマル」。強い生命力とユニークな樹形が魅力で、初心者にも人気の植物です。力強く太い幹で体を支えるものや、小枝が張った躍動感のあるものなど、それぞれ見た目がまったく違うのがポイント。枝葉や幹を見比べながら、自分好みの一点を見つけてみて。

『フィカス アルテシーマ』7,700円〜

3~5号ほどの小さな観葉植物は、日光が当たる明るい窓際やテレビ台の上、玄関付近の飾り棚などにおすすめ。お気に入りの写真や絵画と一緒に飾れば、ちょっとしたスペースもおしゃれな空間に生まれ変わります。

『テラリウム』5,940円〜

透明なガラスケースの中で植物を育てる「テラリウム」を知っていますか?ガラスの中で広がるかわいらしい世界観が実に豊かと、大人女子を中心に話題になっています。さりげなく一つ置くだけでもインテリアがかわいく決まる気軽さが人気の秘密。ハンドメイド作家のアニマルピック(550円~)を挿せば、よりかわいらしさもアップ!

大人の身長ほどの大ぶりな観葉植物が充実しているのも、同店の魅力の一つ。存在感抜群の大型観葉植物は、置くだけで空間がかっこよく決まるような“曲がりの樹形”を多くそろえています。特に、日本随一の観葉植物の産地として知られる沖縄県から仕入れているそう。生き生きとした観葉植物を部屋に置くだけで、毎日の活力を与えてもらえそう。

シダ植物や南米の多肉植物など、珍しい品種にも注目を。「観葉植物を育て慣れている玄人さんにも、今まで以上に“みどりのある暮らし”を楽しんでほしい」との思いで、希少な品種も積極的に取り扱っています。「B green」に訪れたら、思わず心ひかれうようなユニークな植物と出合えるかも。

・初心者も安心の育成アイテムや独自のサポートも

「観葉植物を育ててみたいけど、枯らさずに育てられるかな?」という不安を解消し、植物との暮らしを長く楽しんでほしいとの思いから、親身的なサポートや便利な育成アイテムの販売も徹底しています。

まず初めて来店したお客さんに渡しているというのが、自社で作った「観葉植物の取扱説明書」。置く場所や水やりの仕方といった基本的な知識から、初心者がやりがちなNG行動やよくある質問などを分かりやすくまとめています。

初心者が枯らしてしまうときにやりがちなのが「水やりの失敗」。水を与えすぎても乾燥させすぎても植物にとってストレスになり、枯れてしまうことも。そんな水やりのお困りごとを解決するのが水やりチェッカー『sustee(サスティー)』。鉢に挿すだけで土の中の水分量を量り、水やりのタイミングを色で教えてくれるという優れものです。種類はS(437円)、M(547円)、L(657円)の3種類。鉢の大きさでサイズを選び分けて。

「susteeを使わず、もっと簡単に水やりのタイミングを知りたい」「土は虫が寄るから嫌」「スペースが限られるので、ゆっくり生長してほしい」という人には、土の代わりに「セラミックソイル」を使った観葉植物がおすすめ!セラミック素材の焼きものを粒子状に砕いた新素材で、無機質なので虫が寄りづらく、生長をゆるやかに抑えるというメリットがあります。さらに、乾いている状態では白色ですが、水に濡れると茶色く色づくので、水やりの適切なタイミングが一目瞭然なのもうれしいですね。

液体肥料や防虫剤など、数あるメーカーの中からお店がピックアップしたイチオシの栄養剤も販売しているので、一緒にゲットしてみて。栄養剤を適度に与えることも、植物を丈夫で健やかに育てるための大切なポイントです。使い方など、気になることがあれば、気軽にスタッフに相談してみて。



・ドライフラワーも販売!一本から購入可能

観葉植物のほか、壁に掛けるタイプのスワッグやボリュームのある切り花など、ドライフラワーも販売しています。切り花は一本から購入OK!切り花を飾るためのオシャレなガラスベースや花瓶も一緒に展示販売しているので、部屋をイメージしながらコーディネートも楽しんでみて。

スワッグは完成品はもちろん、オーダーもできます。オーダーは11,000円~で、サイズやデザインによって金額が変わるので、詳細は直接問い合わせを。新築祝いなどのギフトとして贈れば、きっと喜んでもらえるはず。ドライフラワーのウェディングブーケも受け付けています。

生花やグリーン、ドライフラワー、ブリザーブドフラワーのギフトが充実している「Blossom Fran」も目の前にあり、一緒に買い物を楽しむ人も多いそう。2023年には、「B green」の2階もオープンし、楽しみがさらに広がる予定です。まずは気軽にショップに立ち寄ることから、“みどりのある暮らし”を始めてみませんか?

■詳細情報

■DATA

Blossom B green(ブロッサム ビー グリーン)

所在地
兵庫県加古川市加古川町寺家町177-20
電話番号
079-490-5587
営業時間
10:00~19:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年9月27日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP