兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2023.12.25
29,062 views

【加古川】タルトとお菓子のお店「ルクール」がオープン!フルーツタルトやこだわりクグロフも♪

加古川のフレンチレストラン「ポム・ココット」の中に、新しくタルトとお菓子のお店「Le Cœur(ルクール)」が2023年12月25日にオープン!厳選された食材を使ったタルトや、焼き菓子が並びます。定番のタルトから季節のフルーツが贅沢に味わえるタルトまで、魅力的なラインアップは15種類以上!タルト好き大注目のお店です♪

Le Cœur(ルクール)

加古川市役所のほど近く、 JR加古川駅から徒歩約13分ほどのところにあるフレンチレストラン「ポムココット」の中に、タルトとお菓子のお店「Le Cœur(ルクール)」が2023年12月25日にオープンしました。

クラシカルな木製のドアを開けると、落ち着いた雰囲気のおしゃれなパティスリーが広がります。レストランの入り口を改装したそうで、タルト屋をくぐるとフレンチレストランに続くというロマンティックな造り。ショーケースに並ぶタルトはどれも華やかで、みずみずしいフルーツや艶やかなチョコなど、まるで宝石のように美しく魅惑的です。

幼い頃、フルーツ好きの父が毎日のように用意してくれる旬の果物を味わい、フルーツが大好きになったというオーナー。そんな季節のフルーツをよりおいしく、より気軽に味わってもらいたいと、新たにタルトとデザートのお店をオープンすることに。

神戸のホテルで働いていたパティシエも加わり、オーナーとパティシエの知識と技術を出し合ってリッチで繊細なタルトが産み出されています。


タルトは15種類以上!魅惑的なラインアップ

兵庫県産の小麦粉など、国産素材にこだわって作られたタルトは15種類ほどがスタンバイ。どのタルトにしようか、ついつい迷ってしまうほどバラエティ豊かなラインアップです。

『ベイクドチョコタルト』(515円)や『ティラミスタルト』(515円)、『宇治抹茶のタルト』(545円)など、定番のタルトは10種類。

計算されつくして丁寧に作られたタルトは、定番といえどあなどれません。食べ応えのある厚めの生地がポイント。「ルクール」ならではのタルトをぜひお試しあれ!

『生キャラメルとナッツのタルト』534円

先行販売のときからすでに大人気という『生キャラメルとナッツのタルト』は要チェック!「ポムココット」のデザートでも使っていた「生キャラメル」を、ルクールでタルトにアレンジしたいという思いから誕生した一品です。

たっぷりとのったアーモンド、カシューナッツ、クルミ、マカダミアナッツの香ばしい香りと、クリーミーな生キャラメルの豊かな風味がたまりません。ザクザクと頬張って、そのコンビネーションを味わって。

『ベイクドチーズタルト』534円

北海道産クリームチーズとグリュイエールチーズを使った『ベイクドチーズタルト』は、チーズタルト好きをうならせる一品。

グリュイエールチーズはチーズ界ではスイスの女王と呼ばれ、クリーミーでコクのある味が特徴。焼き上げた後にしっかりと冷やし、2種類のチーズの香りとコクを閉じ込めたタルトに仕上がっています。スタッフからも大人気で、リピータも多いというのも納得のおいしさです!

全国各地から取り寄せる旬のフルーツで作るタルト

山形県産のラフランスや神戸市西区のマスカット、岩手県産紅玉リンゴなど、その時々で一番おいしいフルーツを全国各地の産地から厳選。

フルーツ好きのオーナーが選ぶ旬のフルーツを、パティシエがよりおいしくより美しく、とまるで魔法をかけたように調理したタルトは、まさに芸術品!

『愛媛県産まどんなタルト』690円 ※冬季限定

愛媛県産の高級ミカン「愛媛まどんな」を贅沢に使った『愛媛県産まどんなタルト』。ミカンがキラキラと輝き、まさにマドンナのような美しさ!ザクザクのタルト生地と、フレッシュでジューシーなミカンのバランスが絶妙な一品です。

頬張ると口いっぱいに広がる爽やかな香りと甘酸っぱさ、ほどよい甘さのカスタードクリームとの相性もぴったり。2月ごろまで楽しめるそうなので、気になる人はお早めに♪

旬のフルーツを使ったタルトは不定期に入れ替わるので、お目当てのタルトは早めにお試しを。公式LINEから予約も可能で、1月中旬からは電話でも受け付けています。➡︎公式LINEはこちら

今後、ブラッドオレンジや金柑、またさまざまなフルーツがのったタルトもお目見え予定だとか。季節を丸ごと味わえるようなフルーツタルトの登場に、今後も目が離せません!旬のフルーツを使ったタルトの最新情報は、公式Instagramでチェックしてみて。➡︎公式Instagramはこちら



満足感は予想以上!手土産にもぴったりのクグロフ

しっとりとやわらかく、ふんわりと香るバターの風味が上品なクグロフ。フランスの伝統菓子で、フランスではリッチなお菓子として、結婚式やクリスマスなどお祝いの時に登場することも多いそう。

「ルクール」では、⁡⁡タルト同様小麦粉は兵庫県産、砂糖も精製されていないきび砂糖など、厳選された食材をリッチに使用。カリッと香ばしいのが好きな人は、オーブントースターで温めてから食べるのもおすすめだそう。

左から『奄美大島産 黒糖のクグロフ』345円、『ホワイトチョコとイチジクのクグロフ』367円

奄美大島産の黒糖をじっくりと味わうことができる『奄美大島産 黒糖のクグロフ』。クグロフの素朴な味わいに、黒糖の深みのある甘さが絶妙にマッチしています。食べやすいサイズですが、その満足感は予想以上!口の中でほろりと優しい味わいを堪能してみて。

イチジクのプチプチ食感がクセになる『ホワイトチョコとイチジクのクグロフ』は、パティシエの一押し!ホワイトチョコをベースにした生地に、チェリーのリキュールに漬けたドライイチジクが混ぜ込まれています。ホワイトチョコの甘みとコク、イチジクの風味が合わさり、上品な味わいに仕上がっています。

ほかにも、丸久小山園の宇治茶を焙じた『ほうじ茶のクグロフ』(345円)や、オランダ産ココアを使った『かりかりチョコココアのクグロフ』(345円)など、6種類が常時用意されています。

クグロフは個包装されているので手土産にもぴったり。お好みのクグロフを選んで贈答用に詰め合わせることもでき、日持ちは購入日より5日ほど。かわいらしいパッケージで、喜ばれること間違いなしですよ♪

今後はイートインや通販も予定

今後はフレンチレストランで提供しているパフェなどのデザートも、少し形を変えて登場予定だそう。「ポムココット」の味をより気軽に味わえるようになりそうです。

また、フレンチレストランのアイドルタイムを利用したイートインも始めたいとのこと。「ポムココット」で提供しているアシェットデセールと呼ばれる、お皿に盛り付けられた華やかなデザートも食べられるようになるとか。明るく洗練された店内で食べるタルトやデザートは、さらにリッチな味を感じられそうです。オンラインショップでの販売も予定しているそうで、店舗へなかなか行けない人はスタートを心待ちにしたいですね!

こだわりの食材で作られたタルトとお菓子のお店「ルクール」。タルト好きはもちろん、スイーツ好きには目が離せないお店になりそうです!ぜひ、お気に入りを見つけに訪れてみて♪

■詳細情報

■DATA

Le Cœur(ルクール)

所在地
兵庫県加古川市加古川町北在家2674 ポムココット内
電話番号
079-451-8339
営業時間
10:00〜21:00
※年末年始は営業日時が不定期となります。最新情報は公式Instagramで確認を。
※予約は公式LINEにて受け付け。1月上旬からは電話予約も可能です。
※電話は1月上旬以降に開通予定です。

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年12月21日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP