兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2023.12.21
7,178 views

【西脇】「Yatara spice(ヤタラスパイス)」やみつきになるインド・ネパール料理

”日本のへそ”西脇市に2023年7月にオープンした「Yatara spice(ヤタラスパイス)」は、店主が本場で学んだ味を提供するインド・ネパール料理屋。インド米や銀皿に入った野菜とスパイスの効いたカレールーを混ぜて、少しずつ味を変化させて楽しむフルターリーのセットが楽しめます。最初は戸惑うこともある食べ方も気付けば夢中に。やみつきのインド・ネパール料理を楽しんで。

・「Yatara spice(ヤタラスパイス)」

西脇市に2023年7月26日にオープンした「Yatara spice」(ヤタラスパイス)。中国自動車道滝野社ICから車で約20分、加古川線本黒田駅からは徒歩25分ほどのところにあるインド・ネパール料理屋です。

山のふもと沿いに田んぼ道や民家を進んでいくと、アーチ状の流木のオブジェが立ち構える民家が見えてきます。

同店はもともと納屋だった建物を店主が知り合いと一緒にリノベーションしたのだそう。店内はテーブル席が6卓と広く、ゆったりと落ち着いた時間を過ごすことができます。

壁に掘られた丸や曲線のデザインや、独特な棚は店主自ら手がけたんだとか。丸いテーブルも近所の材木屋にあった切り株を有効活用しDIY。インテリアやオブジェなど一つひとつが個性的でありながら不思議な統一感があり、見わたすだけでも楽しい空間です。

店主がインド・ネパール料理店をはじめたのは、とあるお店のインド料理を食べて衝撃を受けたのがきっかけなのだとか。

当時大阪の飲食店で働いていた店主はお店を辞め、当てもなくネパール・インド・タイに5カ月滞在。その時、泊まらせてもらったホストファミリーの家庭料理や、お店に飛び込んでレシピを教えてもらい、今の料理の基礎を培ったんだそう。

突然来た日本人に対して、とても優しく丁寧に教えてくれる人が多く、料理だけでなく、現地の文化や国民性にも魅了されたんだとか。

帰国後、大阪で7年ほど営業して2023年に移転してきた同店。大阪出身の店主が西脇に興味を持ったのは、尊敬する芸術家の横尾忠則さんの出身地であることや、“日本のへそ”ってなに?と興味を持ったことがきっかけだったのだとか。

新鮮な食材をそろえることができる環境や近所の人のあたたかさを感じることがあり、西脇に来て本当によかったと語る店主。地元の人や大阪時代の常連さんも訪れるアットホームな雰囲気のお店になっています。


・本場さながらの味『フルターリーセット』

『フルターリーセット』 (カレー1種)2,000円、(2種)2,300円、(3種)2,600円

インド・ネパール料理を軸とした野菜たっぷりの豪華プレート『フルターリーセット』。

「はじめて来たお客さんは食べ方が分からず少し慌てるのですが、本当はとても簡単なので気軽に食べてほしい」と店主。ライスを崩してその上にカレーや豆スープのダル、野菜などを少しずつかけて、自由に混ぜ合わせながらいただきます。

カレーは3種類あり、1種だけでも3種全てでもオーダー可能です。取材日は播州百日鶏(ばんしゅうひゃくにちどり)を使った『チキン』と『フィッシュココナッツ』の2種をチョイス。百日鶏は肉厚でやわらかく、鶏肉のやさしい風味を感じることができます。

『フィッシュココナッツ』はハマチの魚介だしとココナッツの風味がぶわっと広がる味わい深い一品。どちらのルーもスパイスが効いていて、気付けば汗をかいてやみつきになる味です。

豆スープのダルと野菜ペーストベジスープ、キノコや野菜の副菜は週替わり。できるだけ地元近郊のものを使用しています。パパドはインドの薄いせんべいのような食べ物で、砕いてカレーに混ぜることでパリパリの食感がアクセントに。

プレート真ん中のお米は、インド米のバスマティライスに日本米を少しブレンドすることで、パサパサしないように工夫されています。ライスとダルはおかわりOKなのもうれしいですね♪

・体に染みわたる『チャイ』はいかが?

『チャイ』500円

インド・ネパール料理といえばお馴染みの『チャイ』もあります。スパイシーな料理を楽しんだあとは、体に染みわたるミルクティーを飲んで、異国情緒に浸ってみては。

今後は広いお店を活かして、店主の好きな音楽アーティストを呼んでのイベントや雑貨の販売なども考えているそう。これからの展開に目が離せません!

人生をかけて本場に飛び込み、夢中で学んだ店主情熱のインド・ネパール料理をぜひ堪能してみて。

■詳細情報

■DATA

Yatara spice(ヤタラスパイス)

所在地
兵庫県西脇市黒田庄前坂478
電話番号
0795-20-6417
営業時間
11:30〜15:30

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年11月13日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP