兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2023.1.6
6,364 views

【福崎町】「わらびもち館 本家 治五郎」オープン♪人気のわらび餅ドリンクも!

2022年11月22日、福崎町にわらび餅専門店「わらびもち館 本家 治五郎(じごろう)」がオープン!本わらび粉を使った、やわらかく口の中でとろけるわらび餅は、上品で贅沢な味。自分へのちょっとしたごほうびにはもちろん、木箱に入った贈答用は手土産にも最適です。4種類のフレーバーから選べるわらび餅ドリンクもぜひチェックして♪

「わらびもち館 本家 治五郎」

2022年11月22日にオープンした「わらびもち館 本家 治五郎(じごろう)」。福崎町の中心地、スーパーや路面店が集まる南田原の交差点北西にあり、木目のデザインがひときわ目を引くおしゃれな店構えです。

店内に入ると、きな粉の甘い香りにふわっと包まれます。「品格」をテーマに造られた店内は、木がふんだんに使われ、和風で落ち着いた空間になっています。

「わらび餅事業を通して地域に活力を与えたい」と整骨院の院長でもあるオーナーがオープンした同店。店名の「治五郎」の由来は、柔道経験のあるオーナーが柔道の創始者である嘉納治五郎から取って名付けたそう。店名が大きく入った入口の看板前で写真を撮れば、インスタ映えが狙えます♪


わらび餅・きな粉・黒蜜の三位一体の味

『治五郎わらびもち 自宅用』5個入(約250g)700円、10個入(約500g)1,300円
※自宅用商品に黒蜜は入っていません

看板商品は、奥播磨の甘味職人のこだわりが詰まった『治五郎わらびもち』。風味豊かな本わらび粉を使用し、素材の配合だけでなく、火加減も徹底的に管理しながら極限まで練り上げることで、職人が求め続けた品格ある風味と食感を実現したそう。わらび餅の上品な風味がしっかりと味わえる大きめカットなのもうれしいポイント。思わず感動してしまう、口の中でとろける食感をぜひ味わってみて!

ふわっと香ばしい香りをまとったきめ細やかなきな粉は、甘すぎない上品な味わいで、わらび餅本来の味を引き立たせます。黒蜜は鹿児島県産の純黒糖を使い、濃厚な甘みの中にもほろ苦さが感じられる奥深い味わいに仕上がっていて、病みつきになりそう。

瓶入りの黒蜜『純黒糖黒蜜』(1,000円)は単品で購入ができるので、自宅でわらび餅以外のスイーツなどにもかけて楽しむのもいいですね

『治五郎わらびもち 贈答用』は高級感のある化粧箱入りで手土産にも最適です。10個入(2,000円)、15個入(2,800円)、黒蜜セットは10個入(3,000円)と15個入(3,800円)の4種類から選べます。お祝い事などにも喜ばれること間違いなしですね。

和スイーツ好きは見逃せない!わらび餅ドリンク

『わらびもちドリンク』700円~

インスタ映え必須のわらび餅ドリンクもチェックして。フレーバーは写真左から『コーヒー』(700円)、『抹茶』(750円)、『ほうじ茶』(750円)、『小豆』(750円)の4種類から選べます。オリジナルの技法でわらび餅が細かく砕かれていて、“飲むわらび餅”として楽しめます。

とろんとストローから伸びて口の中でとろけるわらび餅は新食感!甘いホイップと各フレーバーは和スイーツならではの上品な味わいで、至福のひとときを味わえます。わらび餅がたっぷりと味わえ、ドリンクとはいえお腹もしっかりと満たされる一品です。

一番人気はほうじ茶フレーバー。ほうじ茶のほどよい苦みと甘いホイップが、和と洋の絶妙なハーモニーを奏でます。ほうじ茶好きはぜひお試しを♪

同店では新しい商品の開発も着々と進められているそう!わらび餅だけでなく、ドリンクも新しいメニューが増えるかも?さらに、2023年2月ごろには2号店が加古川にオープン予定とのこと!まだまだ「わらびもち館 本家 治五郎」から目が離せません♪

■詳細情報

■DATA

わらびもち館 本家 治五郎

所在地
兵庫県神崎郡福崎町南田原3147-1
電話番号
080-9991-4079
営業時間
11:00~19:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年12月9日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP