兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2023.1.20
85 views

【神戸元町】隠れ家カフェ「ひとところカフェ」おうちごはんと手作りおやつでホッと一息♪本格チャイも

神戸市中央区元町エリアにある「ひとところカフェ」は、古い雑居ビルの5階にひっそりとたたずむ隠れ家カフェ。多国籍なおうちごはんや本格チャイ、『パンプキンショコラケーキ』といった手作りのおやつ、そしてアンティークな空間が迎え入れてくれます。友達の家に遊びに来たかのようなホッと落ち着く雰囲気は、隠れ家カフェならでは。老若男女問わずみんなの笑顔が“ひとところ”に集まるカフェで、ゆったりとした食事やカフェタイムを満喫してみては?

・「ひとところカフェ」

神戸市中央区、JR元町駅から徒歩2分ほどの場所にある雑居ビル「ニューもとビル」。ここの5階に店を構える「ひとところカフェ」は、知る人ぞ知る隠れ家カフェです。

店名は、「老若男女問わずみんなの笑顔が“ひとところ”に集ってもらえますように」というオーナーの思いが込められているそう。そんなオーナーの温かい心がにじみ出たアットホームな雰囲気がお客さんを魅了し、一度訪れたらまた訪れたくなる居心地良さが、人気の秘密です。

一歩お店に足を踏み入れると、照明が落とされたムーディーな雰囲気で、アンティークなインテリアが溶け込んだ空間が広がります。ミシン台をリメイクしたテーブルやクラシカルなイス、ヴィンテージのソファなど、テイストもデザインも異なるインテリアが見事に調和しています。「今日はどの席にしようかな?」と、考える時間も楽しみの一つになりそう。

靴を脱いで足を伸ばしてくつろげる、ベッドのように広いソファ席も。買い物途中で疲れたときや子連れにうれしいですね。座り心地の良さに、ついつい長居してしまう人も少なくないんだとか。

席数に限りがあり、満席になることも多いので、公式サイトの予約フォームで前日までに事前予約をしてから来店するのがベターです。➡︎予約フォームはこちら


・色鮮やかな『クスクスカレー』がランチ人気No.1!

『クスクスカレー』1,280円

ランチは『豆腐グラタン定食』(1,280円)、『カルボナーラ』(1,000円)、『クスクスカレー』(1,280円)の3種類。中でも、多国籍文化が好きというオーナーのこだわりがぎゅっと詰まった『クスクスカレー』が人気No.1です。

『クスクスカレー』は、ごはんの代わりに米粒のようなパスタ「クスクス」を使ったカレー。鶏むね肉を東南アジアのスパイスや調味料で煮込んだ特製ルーと、「三つ葉サンボーラ」「揚げポテト」「スリランカ風漬物」といった異国のおかずが数種類添えられ、色鮮やかな見た目が食欲をそそります。付け合わせはシュガーパンとカイエンペッパー、日替わりの副菜2種。付け合わせとトッピングは、スリランカカレーのように全部混ぜるのがおすすめの食べ方です。

全部混ぜることでクスクスの粒感、パパドのパリパリ感、揚げポテトのカリカリ感など、さまざまな食感が一度に楽しめるのが最大の魅力。また、酸味や辛味、コク、甘みといった異なる味わいが絡み合い、複雑なハーモニーも同時に楽しめます。クスクスは、お湯でもどしてからバターと塩で炒めているので、ほんのり甘く、ルーやトッピングとも相性抜群!一粒一粒が小さいので、ごはんよりもパクパクと進みますよ。

取材日の付け合わせは「イワシの南蛮漬け」と「自家製塩豚とモヤシの和えもの」。どちらもさっぱりとしていて、異国テイストなカレーとよく合います。

・本格チャイがカフェドリンクの定番

『チャイ(ロイヤルミルクティー)』560円

同店のカフェドリンクの定番はチャイ。インドとスリランカ産のものをブレンドした茶葉を、ロイヤルミルクティーのようにミルクでじっくり煮出した本格派です。茶葉の香りをシンプルに楽しみたいなら『チャイ(ロイヤルミルクティー)』を選んで。茶葉の香りと渋みが、ミルクのコクに絶妙にマッチした、ホッと落ち着く一杯です。甘さはザラメで調整可能なので、自分好みにアレンジしてみて。

『焦がしキャラメルココアスペシャルチャイ・小さな小さなおやつ付き』760円

生クリームでクリーミーに仕立てたスペシャルチャイは、手作りの小さなおやつ付き。フレーバーは焦がしキャラメルココアと蜂蜜シナモンの2種類があり、スイートでリッチな味わいが楽しめます。

『焦がしキャラメルココアスペシャルチャイ・小さな小さなおやつ付き』は、自家製の焦がしキャラメルをミルクに溶かし、チャイを煮出したキャラメル風味のチャイ。キャラメルのコクとほのかな苦味で、深みのある味わいが楽しめます。

取材日のおやつは「ミニスコーンのキャラメルチョコサンド」。素朴なスコーンの間に、濃厚なブロンドチョコクリームがたっぷりと。なにが登場するかはその日のお楽しみです♪



・手作りお菓子も自慢♪『パンプキンショコラ』がイチオシ

『1/5 パンプキンショコラ』680円、『チャイ(ロイヤルミルクティー)』560円

同店の自慢は食事以外にもう一つ、手作りのお菓子があります。お菓子は着色料や保存料が入った素材は一切不使用。スコーンにはきび砂糖を、マーガリンではなく国産バターを使うなど、家庭的な味わいと安心して食べられる素材で毎日一つずつ焼き上げるのがこだわりです。

中でも、連日完売するほど人気の『1/5 パンプキンショコラ』は、訪れたら必ず食べてほしい一品。こっくりとしたカボチャの甘さが際立つカボチャケーキの周りに、口溶けなめらかなチョコガナッシュクリームをたっぷりコーティングしたオリジナルスイーツです。

断面からも、カボチャを惜しみなくたっぷり使っていることや、ねっとり濃厚な舌触り、ホクホクとしたカボチャ本来の風味が伝わってきます。カボチャの品種や産地を季節ごとに吟味する素材選びから、最高級砂糖で自然な甘さを引き立てたり、手で丁寧に裏ごしをするなどの製法までこだわりが詰まっています。三温糖のシロップをかけるとおいしさがアップ!たっぷりかけて召し上がれ。

事前予約限定で長さ23cmのホール(3,800円)の店頭販売もしています。遠方の人は公式オンラインショップが便利ですよ。➡︎公式オンラインショップはこちら

『スコーン(餡バター)』530円

全粒粉入りの自家製スコーンに国産バターと生クリーム、北海道小豆の粒あんをサンドしたスコーンサンドは、小腹が空いたときにぴったり。シュガーをまぶして焼いたスコーンは、ザクザクとした食感がやみつきになりそう。ヨーグルトが隠し味で、中はとってもしっとり。塩味とあんこの甘みの味のコントラストと、ザクザクとしっとりの食感のコントラストが楽しく、思わず夢中になること間違いなしです。

老若男女問わずみんなの笑顔が“ひとところ”に集まる「ひとところカフェ」。買い物や神戸観光のあいだのつかの間など、リラックスしたいときにおすすめのカフェです。ほっと落ち着くカフェタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか?

■詳細情報

■DATA

ひとところカフェ

所在地
兵庫県神戸市中央区元町通1-7-2 ニューもとビル5階
電話番号
090-4298-1056
営業時間
12:00~17:30
※予約フォームから事前予約してから来店するのがベター。(予約は前日まで)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年12月2日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP