兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2019.12.05
31,404 views 30 チョイス

【姫路】網干の隠れ家カフェ「Oeufs(ウッフ)」焼き菓子が人気!子連れOK!

山陽網干駅から歩いて5分の場所にある隠れ家カフェ。手作りの定食と、素材にこだわったケーキや焼き菓子がいただけます。キッズメニューやキッズスペースもあり、子連れママにも優しいお店。ほっこりとしたひとときを「Oeufs(ウッフ)」で過ごしませんか?

山陽網干の隠れ家カフェ「Oeufs(ウッフ)」


山陽網干駅から北に歩いて5分。閑静な街並みに、ぽつんと1軒お洒落な隠れ家カフェ「Oeufs(ウッフ)」があります。木を基調とした温かみのある店構え。

扉をあけて中に入ると、芳醇なバターやアーモンドの香りが立ち込めています。

店内にはかわいらしいケーキやプリンが入ったショーケースと、「Oeufs」自慢の焼き菓子が所狭しと並んでいます。

ケーキも焼き菓子もお持ち帰りができるので、自分へのご褒美におひとついかが?

オーナーの地元はここ、網干。
遠方の人には網干にくるきっかけとなるような、地元の人にはゆったりと使ってもらいやすいようなお店を作りたいと、2008年にオープンしました。

当初は一人で経営していましたが、2017年7月にご主人も加わり、新たに“ご飯とお菓子の店”としてリニューアルオープン。

手土産やお祝いにおすすめ!種類豊富なフランス焼き菓子

パティシエであるオーナーが毎日作る焼き菓子が「Oeufs」の自慢。

20種類以上もの豊富なラインナップで、どれにするか悩んでしまいます。数種類選んで、食べ比べをしても楽しそうですね。

『うふの小枝(50g)』600円、『フロランタン』200円など

おすすめは『うふの小枝』。名前にもあるように、「Oeufs」の顔ともいえるお菓子です。

風味豊かなアーモンドやカシューナッツを混ぜ込んでさくっと軽いココアクッキー。
小枝を思わせる細いスティック型のクッキーなので、子どもでも食べやすいサイズ。

『フロランタン』は日本でもなじみのあるフランス菓子の1つ。
バターをたっぷりと使い、一口頬張るだけで口いっぱいにバターの香りが広がります。キャラメリゼしたアーモンドの香ばしさとバターの塩味がバランスよくまとまっています。

リピーターも多く、すぐに完売することも。

『焼き菓子詰めギフト-大箱-』3,240円

「Oeufs」ではギフトセットも用意しています。

1,000円から5,000円までのギフトを用意。予算や内容にこだわりたい方は自分で焼き菓子を選ぶのがおすすめ!
かわいいオリジナルの箱に詰めて、ラッピングをしてくれるので、手土産やお祝いにいかが?

素材の味を大切にしたケーキ

ショーケースに並ぶ生ケーキは5~6種類、タルトは4~5種類ほど。ケーキに使用するフルーツは季節によって変わります。定番のケーキに加え、高級フルーツを取り入れた季節限定ケーキが登場することも。

『無花果とくるみのタルト』(4寸)1,435円

地元のいちじく「太子いちじく」を使った『無花果とくるみのタルト』は、タルトのベース部分のダマンド生地の隠し味に、なんとバルサミコ酢を使っています。バルサミコ酢のキリッとした酸味がいちじくのあっさりとした甘さを引き立てます。秋冬の寒い季節は、デザートワインや赤ワインなどとのペアリングもパティシエのおすすめ。くるみのザクザクとした食感も楽しいです。

タルトケーキはホール購入だと可愛くラッピングしてくれるので、手土産にも良さそうですね。タルトは4寸、5寸、6寸とサイズが3種類から選べます。店頭もしくは電話で予約注文が必須です。

『ティラミス』460円

こちらが1番人気のケーキ。美しい4層仕立てにうっとり。

しっとりとしたビスキュイ生地に「Oeufs」オリジナルブレンドのコーヒー豆を混ぜこんでいます。
マスカルポーネチーズクリームはクリーミーでくちどけよく、ビスキュイ生地と相性抜群。
チーズ屋さんで働いていたオーナーが厳選したマスカルポーネチーズをたっぷりと使っています。

『カシスモンブラン』445円

季節限定ケーキもご用意。秋冬は栗やいちぢく、チョコレートが主役のケーキが並びます。『カシスモンブラン』は、アーモンド風味のダックワーズ生地とマロンムース、生クリーム、カシスのジュレで4層仕立てに仕上げた、断面も美しいケーキです。カシスの酸味とマロンが調和しをすっきりとした甘さ。

『ザッハトルテ』445円

艶やかなチョコレートが目を惹くリッチなケーキ。カカオ分58%と64%の2種のフランス産クーベルチュールチョコレートを贅沢に使っています。ほろ苦い生地に、自家製あんずジャムとチョコガナッシュをサンドし、チョコレートの上品な甘さの中に苦味もきかした奥深い味わい。

『グランマルニエ』445円

オレンジのお酒「グランマルニエ」を効かせた、ちょっぴり大人なケーキです。チョコレートムースやクレムー※、ビスキュイショコラで5層仕立てに。1層1層味を変えるなど手がこんでいて、見た目も華やか!食べるのがもったいないほどに美しいフォルムです。

各層にはオレンジやチョコレート、自家製生キャラメル、アーモンドなど、「グランマルニエ」のオレンジの風味に合う味に仕上げています。オレンジ好きもチョコ好きも納得させる風味豊かなケーキです。
※クレムー:泡立てたホイップやメレンゲをゼラチンで固めた柔らかいムースのようなもの

秋冬限定ケーキは3月下旬ごろまで販売予定。好きなドリンクとケーキがセットで100円引きになる、お得なケーキセットもあります。

週替わりランチが人気!かわいい『お子様ランチ』も

『れんこんのはさみ揚げ』1,000円(ご飯・お吸い物・小鉢2種・お漬物付き)

ランチタイムには、週替わり和定食ランチを。地元でとれる旬の野菜を使用し、加工品などは使わず、すべてご主人の手作り!品数を多めにしてるので少食な人でも、いろんな味を楽しめるのが嬉しいですね。

一番人気は『れんこんのはさみ揚げ』。「Oeufs」のはさみ揚げには、ツナとえびがダブルでサンドされていてうまみたっぷり。自慢のはさみ揚げのほか、なすやしし唐など旬の野菜の天婦羅と盛り合わせになっています。揚げたての天ぷらはそのまま食べてもおいしいですが、お好みでからし醤油に付けて召し上がれ。

『おにぎりプレート』320円

子連れ客が多い「Oeufs」では、子ども向けメニューも充実。離乳食完了期~2歳ごろまでの幼児には『おにぎりプレート』がおすすめ。内容は小さなおにぎりに、ちょこっとのおかずとバナナ。小さな子どもでも食べやすいような形状と、自分から食べたくなるようなかわいらしさにこだわった一皿です。

『お子様ランチ』650円

2~3歳くらいの子ども向けの『お子様ランチ』も用意。内容は作りたてのオムレツ、オーダーが入ってから衣付けをするエビフライ、国産じゃがいも「インカのめざめ」を使ったポテト、季節のフルーツなど。“子どもに食べて欲しい”というママの思いが詰まっています。小学生以上の子どもは、ごはんの大盛が無料です。

『ランチドリンクセット(小菓子付き)』340円 (写真は+100円でカフェラテ)

食後はコーヒーや紅茶でほっと一息つきませんか?『ランチドリンクセット』は、コーヒー紅茶、オレンジジュース、自家製アイスから選べます。+100円でさらにカフェラテとアイスカフェラテも選べますよ。小さなお菓子が、ドリンクにそっと付いてくる心遣いが嬉しいですね。

ランチデザートセット』700円

「せっかくケーキ屋さんに来たから、デザートを満足するまで食べたい!」という人は、『ランチデザートセット』の注文を。パティシエの選りすぐったおまかせデザートがワンプレートになった贅沢な一皿と、ドリンクがセットになっています。こちらは、コーヒー、カフェラテ、紅茶からドリンクが選べます。

デザートの内容は、自家製アイスやタルト、旬のフルーツ、クッキーなど。「Oeufs」自慢の焼き菓子やケーキを一度にちょっとずつ食べられるとあって、女性客から人気があります。

夏季限定!パティシエが作る自家製シロップのかき氷

『つぶつぶ苺+自家製練乳』 880円

イチゴの粒を残したジャムのようなシロップと、あっさりとしたイチゴシロップの2種類をかけたかき氷。イチゴの食感と酸味がしっかりと残ったシロップは、甘すぎず、さっぱりし過ぎず、ちょうどいいバランス。味の変化を楽しんでほしいので、混ぜずに食べるのがおすすめだそう。

『ピスタチオとミルクチョコ』 1,111円

ピスタチオシロップがかかった氷の中にはミルクチョコソースのかき氷が隠れています。トッピングの焼き菓子「チュイルダンテル」は、ピスタチオをまぶした、レースのように薄くてパリッとしたクッキー。香ばしさをプラスしてケーキのような味わいを再現しています。

このほか、ウッフ定番の『マンゴー練乳』や、和テイストの『黒みつ玄米粉スペシャル』なども登場。ウッフでしか味わえない一品をぜひ味わって。

かき氷は毎年9月中旬ごろまで提供。ケーキ店ならではの豪華なかき氷は、多い時には1時間待つこともあるほど人気があります。

子連れママも安心!充実したキッズスペース

一児のママでもあるオーナーは、自身の経験から子連れでも楽しめるカフェに。
キッズスペースやメニューのほか、子どもイス(イス×2、バンボ×2)も用意しています。
奥のお座敷は、子連れでママ友会が開かれることも多いそう。

お手洗いにはおむつ替えシートも。赤ちゃん連れでも安心して来られるお店です。

座敷子供用いすおむつ替え
個室離乳食持ち込み禁煙
ベビーカー入店キッズメニュー喫煙
子供用食器授乳スペース

毎月第2金曜日は「napepan(ナぺパン)」の販売日


毎月第2金曜日は、こだわりパンとベーグルの店「napepan」が店頭でパンを販売します。できる限り材料は国産のものや地元のものを厳選し、国産小麦の風味をひきだすため、低温でゆっくり時間をかけて発酵させているのがこだわり。「napepan」のパンはどれも、しっとりと味わい深く風味が豊か。

『あんバターベーグル』250円

もちもちのベーグルが得意な「napepan」。一番人気があるのも自慢のベーグルを使った『あんバターベーグル』です。「napepan」のあんバターに使うパンはひと味違って、全粒粉とくるみが入ったベーグル。小倉あんの甘さと「大山バター」の塩気を、くるみの香ばしさが引き立てます。そのまま食べても、少し温めてバターを溶かして食べてもGOOD。

普段はイベントを中心に活動し、主に水曜日には、たつの市の「koti」で販売しています。気になる人はそちらもチェック!

●kotiの紹介記事はこちら!
おしゃれなワークショップギャラリー「koti(コティ)」

■詳細情報

■DATA

ご飯とお菓子 Oeufs(ウッフ)

所在地
兵庫県姫路市網干区垣内南町1512
電話番号
079-290-9088
営業時間
10:30~17:00
※かき氷の提供はカフェ利用時間の14:00~

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2019年12月5日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP