兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2024.1.4
12,356 views

【明石】猫カフェ「calico(キャリコ)」がオープン!かわいい猫とスイーツに癒やされて♪

2023年10月、明石市魚住町にオープンした「Cafe calico(キャリコ)」。保護猫シェルターを併設したオシャレなカフェです。自由気ままに動き回る猫を見ながらスイーツを嗜むひと時は、まさにプライスレス。インテリアやカトラリーに至るまですべてが猫尽くしで、猫好きなら一度は訪れたい癒やしスポットです。

・保護猫シェルター併設「Cafe calico(キャリコ)」

山陽電鉄西江井ヶ島駅から歩いて4分、明姫幹線からもほど近くアクセス良好な「Cafe calico(キャリコ)」。2023年10月26日にオープンした、保護猫シェルター併設のカフェです。

オーナーは、30年以上ペットサロンを経営する中で、数えきれないほどの捨て猫や保護猫に出会ったそう。一匹でも多くの猫に幸せになってもらいたいと、人と猫との縁を繋ぐ場所として同店を開業しました。

店名の「calico」は三毛猫を意味し、ロゴは黒猫がモチーフ。どちらもオーナーが自宅で世話をしている思い入れのある保護猫が由来になっています。

猫が暮らす部屋はカフェブースとは完全に分離。ガラス越しにのんびりと猫の様子を観察できます。猫に触れるのはちょっぴり苦手という人や、猫アレルギーの人も一緒に過ごせるのがうれしいポイント。

猫ルームへの入室は予約優先で、1人あたり30分500円。毎日のエサ代や維持費など、保護猫チャリティーとしての支援につながります。案内は1組ごとで、猫が疲れてしまわないよう30分のインターバルを設定。すべて“猫ファースト”な考えに基づいています。

グリーンが映える、明るく清潔感のあるカフェブース。クッションや一輪挿しなど、至るところに猫モチーフのアイテムがずらり。食器やカトラリーもとにかく猫尽くしで、猫好きにはたまらない空間です。

ゆったりくつろげるソファ席も。猫が遊んでいる姿を何時間も眺めていられそうな特等席です。

天井を見上げると透明なトンネルがあり、猫が行き来する様子を垣間見ることができます。昼下がりは昼寝をしていることも多く、活発に動き回る開店直後や夕方がシャッターチャンス!


・猫モチーフのかわいらしいスイーツ

『クロッフルカッサータサンド』1,100

猫好きではないお客さんも楽しめるよう、こだわりのスイーツも豊富に用意。人気No.1は『クロッフルカッサータサンド』です。オーダーを受けてから焼くクロッフルの生地にはフランス産のバターを使用。ふわっと広がるバターの風味と、外はサクッと中はモッチリとした食感が魅力です。

サンドするのは、リコッタチーズにドライフルーツやナッツを練り込んだアイスデザート「カッサータ」。焼き立てのクロッフルに挟まれたカッサータが少しずつ溶け出し、味も温度も食感も、グラデーションを感じながら食べ進められる贅沢なスイーツです。

クロッフルは、定番の「チョコレート」や「あんバター」(各680円)のほか、「スパムエッグ」や「マッシュポテト&ソーセージ」(各880円)など惣菜系も用意しているので、軽食としても楽しむのもGOOD。

左『カフェモカ』600円、右『アップルパイ』300

ホットの『カフェモカ』は、キュートな猫が飛び出してきそうなカップで提供してもらえます。深(い)煎りのコーヒーは苦味やコクがしっかり感じられ、ラテやモカにしても豆の風味がしっかり引き立ちます。

毎朝焼き上げるデニッシュやパイは、日替わりで5種類ほどがスタンバイ。『アップルパイ』は、フランス産のバターを使用したふっくらサクサクのパイ生地の中に、優しい甘さのリンゴがとろり。上品な味わいなので、大きめサイズでもぺろりと食べられます。

このほか、『パン オ ショコラ』(230円)や『塩キャラメルパイ』(300円)などが登場します。

『にくきゅうカヌレ』1個220

北海道夕張市のチョコレート専門店「CACAOCAT(カカオキャット)」から取り寄せる『にくきゅうカヌレ』にも注目。

ほどよくムチッとした歯応えがありながら、ふわっと食べやすいカヌレです。フレーバーは、優しい甘さの「プレーン」と、濃厚な味わいの「チョコレート」。

・本格ジェラートや健康的なスムージーも

『ジェラート』ダブル690

「CACAOCAT」が手がける本格ジェラートもあります。定期的に変わるフレーバーは常時10種類。

取材日にチョイスした「北海道ミルク」は、牛乳をギュッと凝縮したような濃密な味わいが魅力です。スタッフ一押しの「フランボワーズ」は、甘酸っぱく爽やかな風味が口いっぱいに広がります。

左『トリプルベリー』、右『ケールグリーン』各680

フルーツと野菜を新鮮な状態で冷凍し、オーダーを受けてから一杯ずつブレンドするスムージーは6種類がラインアップ。

ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリーなどをミックスした『トリプルベリー』はビタミンCが豊富。砂糖は不使用で、有機アガベシロップで自然な甘みをプラスしています。

驚くのは、ホットで提供してもらえること。まるでスープのような不思議な飲み心地がクセになります。冷たすぎず、なめらかで優しい口当たりの温度でもオーダー可能。冷え性の人や寒い季節にもぴったりなサービスです。

健康志向の人におすすめなのが『ケールグリーン』。ケール、ほうれん草、バナナ、キウイ、パイナップル、100%オレンジジュースをブレンドし、素材本来の風味をダイレクトに感じられる、栄養豊富なスムージーです。

かわいい猫とおいしいスイーツに満たされる「Cafe calico」。猫好きもカフェ好きも、どちらも楽しめる工夫が満載です。

「保護活動に参加したいけどどう行動すれば良いかわからない。そんな思いを抱えている人も、ここに来るだけで支援につながります」と話すオーナー。家族や友人とはもちろん、おひとり様でも、気軽に足を運んでみてはいかが?

■詳細情報

■DATA

Cafe calico(キャリコ)

所在地
兵庫県明石市魚住町中尾277-9
電話番号
078-600-9637
営業時間
10:00~18:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年11月29日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP