兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2023.9.14
8,607 views

【閉店】「古民家Cafeドリーム」オリジナル発酵調味料で作るランチとスイーツで腸活を♪

明石市南貴崎町にある「古民家Cafeドリーム」は、食育インストラクターの資格をもつ店主が営むアットホームな店。食を通して、幅広い世代が交流できる場所を提供しています。食事やスイーツには、さまざまな食材と糀を発酵させた独自の調味料を活用。お客さん思いのメニューの数々に、体も心も満たされること間違いなしです。

・「古民家Cafeドリーム」

山陽電鉄の林崎松江海岸駅から南へすぐ、細い路地を入った場所に店を構える「古民家Cafeドリーム」。厳選した食材や自家製の発酵調味料で作るランチやスイーツが自慢の店です。店主は、多くの飲食店で修業を積んだ後、兵庫県内の介護施設を中心に移動カフェを営んできた2児の母。さまざまな立場の人々と関わってきたことで得られた知識や経験をもとに、地元に恩返しがしたいと2022年7月25日にオープンしました。多世代が交流でき、誰かの心の居場所になることを目指しています。

店名の「ドリーム」には、単純に夢だけでなく、希望や虹といった多角的な思いが込められています。店主ひとりではなく、スタッフやお客さんなどあらゆる人が集い、一緒に店を作り上げていきたいと名付けたそう。

古民家を改装した店内は7つの和室からなり、約40席と広々。かつての暮らしを尊重した懐かしい雰囲気の中に、モダンな要素も随所に取り入れています。

入り口すぐの座敷は、実家に帰ってきたような安心感があると、のんびりくつろぐお客さんが多数。心なしか距離が近くなり、話がまとまりやすいと商談の場に選ぶサラリーマンもいるとか。おもちゃが置いてあるので、子どもを遊ばせながら食事をすることも可能です。

奥にはゆったり過ごせるソファ席を設置。押し入れを改装したオシャレなカウンター席もあり、おひとり様でも気兼ねなく利用できます。

店内では、アンティーク食器や布小物など雑貨も販売。体が不自由でなかなか遠方には行けない人にも、買い物を楽しんでもらいたいという店主の心づかいです。

子ども達がペイントしたブルーの壁が印象的なテラス席もあります。通常は約12席を設置していますが、夏季は子ども用のプールを無料開放。ペット同伴OKで、保護犬の譲渡会などのイベントも行われています。


・オリジナル発酵調味料で作る日替わりランチ

同店の特徴は、糀(こうじ)をあらゆる食材とともに発酵させたオリジナル調味料を使うこと。定番の醤油糀やトマト糀はもちろん、ココア糀や小豆糀といった、ちょっぴり変わったものまで30種類ほどを常備。食事だけでなくスイーツにもふんだんに使用し、素材の味を最大限に引き出しています。

食材選びにも抜かりなく、野菜はできる限り地元産の無農薬栽培のものを選び、魚は店主自ら市場で買い付け。ごはんは、神戸市西区の「陽だまり農園」から取り寄せる無農薬米です。

『腸活ランチ』1,800円 ※月・火・金・土曜日限定

『腸活ランチ』は、メイン、小鉢4種、サラダ、汁物、ごはんがセットになっています。その日に仕入れた新鮮な食材に合わせて内容を考えているので、何が登場するかは訪れてからのお楽しみ。小学校以下の子どもとオーダーできる『親子ランチセット』(2,500円)もあり、3歳未満は無料で少なめの量を提供しています。離乳食も用意してもらえるので、スタッフに気軽に相談を。

取材日のメインは「但馬鶏の糀焼き」。ひしお糀に漬け込んだ但馬鶏は、むね肉ながらしっとり柔らか。タマネギや白ネギと炒めた、タンパク質豊富なメニューです。

小鉢は、「白シイタケのオリーブ糀炒め」、「押し麦とニンジンのラペ」、「カボチャのバター蒸し」、「ナスと枝豆の豆乳トマト」。食育インストラクターの資格をもつ店主が、糀以外からも腸活を意識し、食材に含まれる栄養素やその働きを考慮して組み立てた献立です。

汁物は、あごだし糀とタマネギ糀を加えることで、まるでみそ汁のような味わいになるから不思議。ジャマイカの夏野菜カラルーがたっぷりで、ほのかな酸味が後口をサッパリさせてくれます。

・木曜日限定!ふわふわ卵かけごはん

『ふわふわ卵かけご飯セット』1,100円 ※木曜日限定

木曜日限定で登場する『ふわふわ卵かけご飯セット』の主役は、パプリカやトウモロコシなどの有機野菜を食べ、天然水を飲み、平飼いでのびのびと過ごす鶏が産み落としたビタミンEが豊富な卵。2個分の卵白をメレンゲにし、甘酒、醤油糀、塩糀で味付けしています。まずはメレンゲだけを食べ、その極上のふわふわ食感と、口いっぱいに広がる優しい甘みを堪能して。しっかり混ぜて食べると、粒感のしっかりした米と卵が絶妙に絡み付き、新感覚に包まれること必至です。

木曜日はこのほか、味わい深いダシが香る『親子丼セット』(1,300円)も用意しています。



・自家製スイーツでもしっかり腸活を

『本くずわらびもち3種の食べ比べセット(ドリンク付き)』1,400円 ※火・金曜日限定

無添加のわらびもちは、看板メニューの一つ。本葛ときび糖を、1時間以上にわたり手作業で練り上げています。口に入れた瞬間とろりと溶けてなくなる舌触りが魅力。喉に詰まる心配がなく、子どももお年寄りも安心して食べられます。開店時刻に合わせて作っているので、1番おいしい出来立てを味わうなら11:30が狙い目。3種の食べ比べセットは、京きな粉、抹茶、コーヒーきな粉が付いています。

単品(800円)でテイクアウトもでき、県外から買いに来るお客さんも少なくないとか。午前中には売り切れることも多く、確実にゲットするには事前予約がベターです。

『あおいの口福のTOKERUチーズケーキ』600

『あおいの口福のTOKERUチーズケーキ』にも注目。発酵食健康アドバイザーや薬膳調整師のほか、数々の資格を持つスタッフが考案したスイーツです。ベイクドタイプながら、ふわっととろける口当たりが特徴。クリームチーズのコク、甘酒の甘み、パイナップル糀の酸味が次々に訪れ、ほんのり塩味を感じられるソースが味を引き締めてくれます。

このほか、10月末ごろまでは、ふわふわ食感のかき氷も提供しています。シロップはもちろん練乳まで手作りというから驚き。『宇治抹茶ミルク』や『宇治ほうじ茶ミルク』(各1,300円)には、豆腐を練り上げたオリジナルの白玉をトッピングするなど、こだわりが満載です。

『バタフライピー』600

豊富なドリンクメニューの中でも人気なのが、アントシアニンが含まれるハーブティー『バタフライピー』です。レモングラスと調合した自家製シロップを、炭酸で割った爽やかな一杯。別添えのレモン果汁を加えると、紫色へと変化する過程が楽しめ、甘さを抑えたスッキリとした味わいになります。

ほっこり落ち着ける古民家で、多彩な糀調味料を使った食事やスイーツをいただける「古民家Cafeドリーム」。スタッフの気持ち良い接客に、リピーターが多いのも頷けます。お客さん同士が自然と仲良くなり、日を改めて一緒に来店することも少なくないそう。元気がほしい時や誰かと話したい時など、どんな場面でも受け入れてもらえる心地良い空間に、気軽に立ち寄ってみてはいかが?

■詳細情報

■DATA

古民家Cafeドリーム

所在地
兵庫県明石市南貴崎町5-17
電話番号
080-4482-7250
営業時間
11:30~16:00
※閉店しました(2024年2月29日時点の情報)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年8月25日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP