兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2023.3.22
6,930 views

【淡路】「ふくカフェ」築100年の古民家で味わう絶品ワッフルと自家焙煎コーヒー

南あわじ市で知る人ぞ知る古民家カフェ「ふくカフェ」。こだわりの食材で作る焼きたてのワッフルが大人気のお店です。敷地内にある焙煎所ではスペシャルティコーヒーを自家焙煎。ゆったりとくつろげる空間で贅沢な時間を過ごしてみては。

ふくろうが目印の古民家カフェ「ふくカフェ」

洲本ICから車で5分ほどの場所にある「ふくカフェ」。駐車場に車を止めた後、竹やぶの中を進んで行くと築100年の古民家を改築したかわいらしいカフェが現れます。その道のりはまるでジブリの世界に迷い込んだかのよう。途中にはかわいらしいフクロウの看板が案内してくれるので、店に入る前からほっこりとした気持ちにしてくれます。

もともとフクロウが好きだったというオーナー。フクロウのグッズをたくさん集めていたことから店名は「ふくカフェ」に命名したそう。いたるところにフクロウの看板やグッズが並べられ、フクロウ好きにはたまらないフクロウづくしの空間が広がっています。縁起のよいフクロウからたくさんの”福”がもらえそう。

お店の建物は、古民家と牛舎をリノベーションしたもの。牛舎の梁(はり)を一目見てここでカフェができるかもしれないと思いついたのだとか。その後SNSなどで呼びかけ、繋がった人たちの力を借りてコツコツと作り上げた店内は、元が牛舎だったとは思えないほどおしゃれな空間になっているので驚きです。

入り口のスペースにはソファ席やテーブル席、カウンター席を配置。カップルやおひとり様が過ごしやすい落ち着いた雰囲気です。奥には古民家の風情を残した畳のスペースや個室を完備。小さな子どもがハイハイしたり寝転がったりもできるので子ども連れにもありがたいですね。窓から隣接する池を眺め、時間を忘れてゆったりと過ごすことができます。


看板メニューのワッフルは見た目も味も抜群!

『ベリーベリー』1,320円

看板メニューのワッフルは、オープン当初からの大人気商品。材料には「淡路島牛乳」、「淡路放し飼いたまご」、発酵バターを使用しています。材料だけでなく食感、見た目にもこだわり、約3年試作を重ねて完成したこだわりのメニューで、これを食べるために島外から訪れる人も。

一番人気は『ベリーベリー』。木いちごとストロベリーに自家製フランボワーズソースをかけた甘酸っぱい一品。ベリーの酸味と甘い生クリームとのバランスが絶妙です。ワッフルのボリュームにもびっくり。外はカリカリ中はふっくらで、ミルクとバターの優しい甘さがどこか懐かしさを感じさせてくれます。

『キャラメルナッツ』1,100円

自家製のキャラメルソースをかけた『キャラメルナッツ』も人気。ローストしたアーモンドが香ばしく、ナッツの歯応えも食感のアクセントに。コーヒーとの相性も抜群で、コクのある大人の味わいを楽しみたい人におすすめです。

ワッフルはテイクアウト(1枚324円)も可能。淡路島のお土産に喜ばれること間違いなしです。

こだわりのランチメニュー

『丸ごと玉ねぎのせ炙りチーズ淡路島カレー』1,100円

ランチメニューとして人気の『丸ごと玉ねぎのせ炙りチーズ淡路島カレー』は、淡路島産タマネギが丸ごとのったインパクト抜群のメニュー。甘みたっぷりのタマネギと炙りチーズの香ばしさを存分に味わうことができます。

見た目のインパクトだけでなくルーにもこだわりが。1人前の中に淡路島産タマネギを丸ごと1個、9種類のフルーツ、16種類のスパイスを使用。甘みからコク、辛みと3段階に変化する深い味わいが特徴です。さらにライスは無農薬米を使用するなど、島の恵みたっぷりのカレーライスで贅沢な気分を満喫できます。

『半熟卵のせ淡路島牛ハヤシライス(サラダ付)』1,320円

淡路牛と淡路島タマネギをたっぷり使用した『淡路島牛ハヤシライス(サラダ付)』(1,100円)も人気。コクのあるタマネギの甘みが癖になるおいしさです。半熟卵をたっぷりのせた『半熟卵のせ淡路島牛ハヤシライス(サラダ付)』は卵とハヤシライスソースとの相性が抜群。淡路島産の卵を使用していてトロトロ具合が食欲をそそります。

カレーとハヤシライスは『かぼちゃコロッケ』、『エビフライ』(各220円)などトッピングも充実。何度も訪れて、いろんな味を試してみたくなりそうです。



自家焙煎のスペシャリティコーヒー

カフェの隣には、コーヒースタンド「淡路島base coffee」を併設。栽培から収穫、輸送までを徹底管理した高品質のスペシャルティコーヒーを自家焙煎し、豆の販売も行っています。また、焙煎体験や、オリジナルブレンドの作成も可能。質の高い豆なので、香り高く、深い味わいで抽出することができます。

世界最高峰の焙煎機「プロバット」を島内で初めて導入。同店で焙煎された豆は、その品質の高さから、島内のさまざまな飲食店で使用されています。また、「全国ローストマスターズチームチャレンジ」でオーディエンス大賞と審査員特別賞の2冠を受賞。試飲もできるので日本一のクオリティを味わってみては。

「淡路島base coffee」ではオンラインショップも開設しているので、ぜひ公式HPをチェックして。➡︎公式HPはこちら

『ホットコーヒー(本日のブレンド)』495 円

こだわりのコーヒーは約20種類と充実のラインアップ。日替わりの『本日のブレンド』や『季節のブレンド』(冬ブレンド450円、ふくブレンド495円)など、訪れるごとにさまざまな味を体験することができます。取材日にいただいた『冬ブレンド』はコロンビア、ブラジル、インドネシアの豆をブレンド。苦みとコクのバランスが抜群で甘みの余韻に浸れる一杯です。

『自分ドリップコーヒー』(500円)を注文すれば好みの豆を選んでドリップにチャレンジすることも。奥の深いコーヒーの世界を体験して、素敵な思い出が作れそうです。

『カプチーノ』605円

同店のオリジナルキャラクターのフクロウをあしらったラテアートも大人気。飲むのがもったいなくなるぐらいの愛らしさでインスタ映えも間違いなしです。

ドリンクはランチやワッフルとセットで100円引きになるので、自分好みの一杯を見つけてみては。

店内では、フクロウのオリジナルグッズや、コーヒードリップパック、お持ち帰りワッフルなどを販売。家に帰っても同店の余韻に浸ることができるのでおすすめです。フクロウのグッズは思わず集めたくなるほどのかわいらしさ。フクロウをあしらったBOXに入ったワッフルはお土産にも喜ばれそうです。

落ち着いた癒やしの空間で、オーナーのこだわりが詰まった味を堪能できる「ふくカフェ」。一度訪れたらその魅力にはまること間違いなしです。かわいらしいフクロウに会いに立ち寄ってみてはいかが?

■詳細情報

■DATA

ふくカフェ

所在地
兵庫県南あわじ市倭文長田224
電話番号
0799-53-6170
営業時間
10:00~18:00(L.O.17:00)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年1月30日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP