兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2020.03.10
10,543 views

【加古川】月6回営業のパン屋「森工房」予約必須の『まごわやさしいぱんランチ』がイチオシ

加古川市にある手作りパンの店「森工房」。毎週水曜日と第2・4土曜日だけ営業する隠れ家的パン屋さんです。厳選の国産材料や天然酵母を使った風味豊かなパンが自慢。ゆっくりランチタイムを楽しみたい人は、完全予約制の『まごわやさしいぱんランチ』がイチオシですよ。

毎週水曜日と第2・4土曜日営業の「森工房」

加古川市の住宅街の中にたたずむ隠れ家パン屋「森工房」。緑の壁と、手書きの看板が目印です。営業日は水曜日と第2・4土曜日の月6回のみ。その他は月に数回、「ムサシオープンデパート」などのイベントに出店しています。

駐車場はお店の前に2台と、裏に1~2台縦列駐車で停められます。

お店に入ると焼きたてパンがお出迎え。右手にはピザや食パン、シフォンケーキなどが並び、正面のショーケースの中には食事パンや菓子パンなどが並んでいます。

売り場すぐ左手には、靴を脱いでくつろぐことのできるカフェスペースも併設しているので、買ったパンをここで食べることもできます。

カフェスペースは古い家具や木を基調とした、どこか懐かしさを感じる和モダンな空間。おひとり様はカウンターでのんびりと、グループならテーブルでゆったりと食事を楽しんで。

赤ちゃん連れのママはちゃぶ台席がおすすめ。

ちゃぶ台や階段だんすなどの家具は、店長のおじい様が作ったものだそう。作り手の温かさがにじみ出る、この世に一点しかないヴィンテージ家具がたくさんカフェスペースに置かれています。

お店で買ったパンを食べる人のためにオーブントースターを、その下には、待ち時間に読むための本や、食べきれなかったパンを持ち帰るためのラップを用意しています。

風味豊かな天然酵母パンが自慢

「森工房」は、国産素材で作る無添加パンが自慢。きび砂糖や豆乳など、身体思いな素材選びをしています。

さらに自家製天然酵母を使ったパンも自慢の一つ。りんご、にんじん、バナナ、長芋、ごはんなどの食材を一晩かけてじっくりと発酵させた酵母で、表面には人参の赤いプツプツがあり、ちょっぴりお花のような香りとフルーティーな甘さが特徴です。

『バンズ』150円

天然酵母パンの中でオーソドックスな『バンズ』。そのまま食べてもおいしいのですが、お店ではハンバーガーのバンズとして使っています。表面はカリっと焼き上がり、一見少し硬めなのかと思いきや、とってもふわふわ!口に入れた瞬間、きゅっとした酸味があり、噛めば噛むほど甘くなる不思議な味わい。素朴なのに味が何層にも折り重なっています。シンプルだからこそ、素材と酵母が活きたパンです。

左『国産あんこバター』180円 真ん中『国産バターのみるくクリーム』180円 右『塩パン』150円

香りの良さが特徴の天然酵母は、あんこやミルククリームとも相性抜群!3つのパンはどれも、国産バターをたっぷりと使ったリッチな味わいです。特に『塩パン』は、中に厚切りバターを包み込んでいるので、オーブントースターで焼くと、中からじゅわ~っとバターがしみ出て絶品。一度食べると病みつきになる天然酵母トリオは、売っていたら必ずゲットして。

左『ベーグル(ダブルチーズ&ハニーペッパー)』250円 『ベーグル』200

天然酵母のベーグルも店長のイチオシ!天然酵母で作るベーグルはもちっとした弾力が違います。酵母の味を楽しみたいという人はプレーンを。食べ応えを求めるならダブルチーズ&ハニーペッパーがおすすめです。クリームチーズとチェダーチーズ、はちみつをベーグル生地で包み、上からとろけるチーズとブラックペッパーをトッピング。ワインとの相性も良いオシャレなベーグルです。

完全予約制『まごわやさしいぱんランチ』

『まごわやさしいぱんランチ(スープ・コーヒー付)』1,100円

3日前までに完全予約制のスペシャルなパンランチ『まごわやさしいぱんランチ』です。パンもおかずも、すべて手作り。毎回メニューが変わるので、何度来店してもわくわく気分が味わえます。

店内用なら、天然酵母バーガーとおかずパン、サラダや野菜のおかず、スープ、コーヒーが付いて1,100円。お持ち帰り専用弁当は天然酵母のバーガーとおかずパン、ミニサラダと小さなおかず、シフォンケーキが付いて650円とかなりリーズナブル!お弁当は3日前までに予約をすれば、営業日以外でも受け取り可能。

取材日のメインは、豆腐入りハンバーグが入った天然酵母バーガー。バーガーのハンバーグは合い挽きミンチに豆腐を加えることで、時間が経ってもやわらかくジューシー。特製のデミグラスソースとマヨネーズ、アボカドをトッピングしたボリュームたっぷりの一品です。

この日のおかずパンはアーモンドトースト。ほんのり甘い『ホテルブレッド』に、自家製アーモンドバターをたっぷりと。アーモンドパウダーだけでなくアーモンドの粒も混ぜ込んでいるので、アーモンドの香りが活きています。

海藻のサラダにかかっているドレッシングは、梅干しと玉ねぎをミックスしたオリジナルで、野菜嫌いな子どもも進んで野菜を食べると評判。日によっては、自家製胡麻ドレッシングのときもあります。

取材日のスープはおいものスープ。じゃがいもを使った、ほっこり身も心も温まる優しいポタージュスープでした。

野菜のおかずは、きのことツナ、自家栽培のしその実の和え物。出汁で味を調えた、上品な小鉢です。どのおかずも和の味付けですが、パンと合うように素材や味付けが計算されています。

『まごわやさしいぱんランチ』の中で人気があり、頻繁に登場するのが自家製ごま豆腐。すりたてのいりごまをふんだんに使い、豆乳と一緒に固めた、ぷるんと口当たりの良い一品です。別添えのわさびや、醤油をかけて召し上がれ。

食後のコーヒーも本格的。香味単品焙煎手法を用いた豆を、独自の配合で地元のコーヒー店にブレンドしてもらったオリジナルブレンドの豆を使用。注文が入るたびに挽(ひ)くというこだわりっぷりです。それぞれの豆に適した温度や時間で焙煎した香味単品焙煎コーヒー豆は、豆本来の香りとコクが活きて雑味の少なさが特徴。コーヒー好きもそうでない人も、ぜひ一度飲んでみて。

無添加なのにがっつり!なおかずパン

『バーガー(蒸し鶏と人参)』270円

天然酵母のバンズに、自家製蒸し鶏と人参を惜しみなくサンドしたボリューム満点で栄養満点な『バーガー(蒸し鶏と人参)』が定番パンの中で一番人気。味付けはケチャップとマヨネーズの王道コンビ。子どもも男性も喜ぶこと間違いなし!

『加古川サンド(かつめし入り)』370円

ふすま小麦をブレンドした『ふすま入り食パン』で、加古川名物のかつめしを再現した『加古川サンド(かつめし入り)』。なんと牛カツとキャベツのほか、デミグラスソースライスも中に挟み込んだユニークなサンドイッチです。食べてみると、パンにご飯という意外な組み合わせに衝撃を受けるはず。ご飯のもっちりとした食感と、デミグラスソースのコクがパンとなじみ、あっという間にぺろりと食べられるおいしさです。加古川市以外の人への手土産にも喜ばれそうですね。

ヘルシーでおいしい『シフォンケーキ』

『シフォンケーキ』140円

パンと並ぶ人気メニューが『シフォンケーキ』。「森工房」の『シフォンケーキ』は、米油と豆乳を使っているのでヘルシーな仕上がり。粉はもちろん国産小麦粉を使用。しっかり泡立てて空気を含ませているので、手で持つとつぶれてしまいそうなほどふわふわ!きび砂糖と豆乳の優しい甘さの素朴な味わいは、一度食べるとクセになります。

味はプレーン(140円)、チョコ(150円)、抹茶(150円)の3種類あります。その日の店長の気分でコーヒー、紅茶、レモンなども登場するそう。

『シフォンケーキ』はホールでのオーダーや、デコレーションシフォンもオーダー可能。

【ホール】
プレーン 1,600円
チョコ  1,750円
イチゴ  1,850円

【デコレーションシフォン】
18cm  2,800円
21cm  3,300円  ※デコレーションによって差額あり

デコレーションシフォンは、誕生日ケーキとしても人気!気になる人はInstagramのダイレクトメッセージか電話で問い合わせてみて。

 

■詳細情報

■DATA

森工房

所在地
兵庫県加古川市野口町162-2
電話番号
090-5650-6480
営業時間
11:00~18:00
『まごわやさしいぱんランチ』は3日前までに要予約
(店内用は2名以上~、持ち帰りは5食~予約可)

 

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2020年2月17日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP