兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2021.10.17
4,301 views

【神河町】キッチンカー「TSUMUGI」が期間限定でオープン!変わり種ジェラートに注目!

「峰山高原ホテルリラクシア」が手掛ける「Mineyama Kitchen TSUMUGI(つむぎ)」は、地元の食材を使用したジェラートが自慢のキッチンカー。砥峰高原のススキが見頃を迎える10月から11月上旬までの期間限定の出店です。神河町のおいしいものを知ってもらいたいと試行錯誤を重ねたこだわり満点のジェラートを食べながら、砥峰高原に広がる秋のススキを堪能してはいかがですか?

キッチンカー「Mineyama Kitchen TSUMUGI(つむぎ)」

2021年10月1日にオープンしたジェラートが自慢のキッチンカー「Mineyama Kitchen TSUMUGI(つむぎ)」。“人と人との出会いを紡(つむ)ぎ、地域をつなげたい”との思いで「 TSUMUGI」と名付けられました。神河町のおいしいものを知って、また足を運んでもらうきっかけになればと開発されたジェラートは、『コオロギ』味など興味を惹かれる変わり種が魅力です。

メニュー表には“生産者と消費者をつなげたい”という思いが詰まっており、“生産者の見える化”を実現。生産者の顔写真付きで、こだわりや思いが伝わるメニュー表になっているので、すみずみまで目を通してみて。

2021年の出店は11月14日まで。その後は一旦休業し、スキー場の開園とともに営業の再開を考えているとのこと。来年の出店も含め詳細は未定なので、最新情報は公式インスタグラムで確認を。➡︎公式インスタグラムはこちら

食べてみて!変わり種ジェラート5種

『シングルコーン(コオロギ)』450円(コオロギトッピング+50円)

自家牧場で採れた新鮮なジャージー牛乳と神河町のおいしいものを融合し、「TSUMUGI」のためだけに開発されたジェラート。地元食材を使用したオリジナルジェラートは、『コオロギ』、『麴あま酒』、『米粉』、『タズミの卵』、『ほうじ茶』の5種類があります。砥峰高原を散策した後、火照った体にぴったりのスイーツになっています。

『ダブルコーン(左から米粉、ほうじ茶)』600円

『米粉』は地元産コシヒカリを使用したジェラートで、口当たりがなめらかなミルク風。老若男女問わず親しみやすい風味になっています。300年の歴史があり、神河町の清らかな水で作られる「仙霊茶」を使用した『ほうじ茶』は、しっかりとしたほうじ茶の香りや味わいを感じることができます。

『シングルカップ(左から麹あま酒、コオロギ、タズミの卵)』各400円

無添加・砂糖不使用の甘酒を使用した『麴あま酒』は、鼻に抜ける甘酒の風味とあっさりとした甘味が特徴的

コオロギパウダーを使用した『コオロギ』は、香ばしさはあるもののくせがなく、ミルク感が強いので、初めてコオロギを食べる人も抵抗なく食べられそう。高タンパクでオメガ3などを含むコオロギは、栄養価が高く環境への負荷が少ないことから“未来のスーパーフード”とも呼ばれています。+50円でコオロギトッピングもできます。

『タズミの卵』はさっぱりとしたカスタードクリームのような味わい。珍しい種類のジェラートばかりで目移りしてしまいますね。

無料でトッピングされる星のシュガーは満天の星空が見られる砥峰高原をイメージ。かわいらしい見た目だけでなく、パリパリとした食感がアクセントにもなります。

パックに入った4種のフルーツソーダ

『カラフルソーダ』各600円

パックに入ったフォトジェニックな『カラフルソーダ』は、大自然を背景に写真に納めたくなるかわいさ。持ち歩きもしやすい形状なので、散策のお供にぴったりです。写真は左から『メロン』、『ブルーハワイ』、『ざくろ』、『ぶどう』。

『メロン』の中にはレモン、『ブルーハワイ』にはブルーベリー『ざくろ』にはオレンジと、フルーツの面白いペアリングが楽しめるのもポイント。『ぶどう』はブドウの果物入り。飲み終わったらシャキッとした果物も味わって。


オリジナルコーヒーなどのドリンクも

『HYOUGO KAMIkAWA 峰山高原煎茶×珈琲』550円(パック1つ170円)

神河町産の煎茶とコーヒーを組み合わせたオリジナルドリンクも。パックを浸す時間が3分より短いと煎茶風味、それより長いとコーヒー風味を強く感じられます。自分好みの味を見つけて。

『アイス神河町産ゆずネード』500円

『神河町産ゆずネード』はホットかアイスを選べます。ソーダではないので、炭酸が苦手な人にもおすすめ。生姜が入っているのでホットで飲めば、寒い日も温まれそうですね。

他にも『カフェインレスコーヒー』(550円)の販売もあるので、カフェインを避けたい人や妊娠中・授乳中の人も楽しめます。

『HYOGO KAMIKAWA 峰山高原プリン』400円

「芦屋ぷりん」のシェフが監修した『HYOGO KAMIKAWA 峰山高原プリン』は、丹波の牛乳と「タズミの卵」を使用。卵のようなコロンとしたフォルムがかわいらしいプリンは、手土産にも喜ばれそう。「峰山高原ホテルリラクシア」でも購入可能です。

秋の絶景がみられる砥峰高原で、甘いジェラートやかわいらしいフルーツソーダを片手に散策してみてはいかが?

■詳細情報

■DATA

TSUMUGI(つむぎ)

所在地
兵庫県神崎郡神河町川上801
電話番号
峰山高原ホテルリラクシア:0790-34-1516
営業時間
平日 11:00~17:00
土日祝 10:00~17:00
天候等により休業する場合あり。「峰山高原ホテルリラクシア」の公式HPにて要確認。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP