兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2022.5.29
31,687 views

【姫路】アイスクリーム屋「プロパーイングリーディエンツ」種類豊富な焼き菓子も人気♪

姫路市東辻井にオープンした「proper ingredients(プロパーイングリーディエンツ)」は、精製糖を使わないアイスクリーム屋。塩糀、甘酒、オーガニックの小麦粉やフルーツなど、選び抜いた素材だけで丁寧に作るアイスクリームが自慢です。飾らなくても本当においしいからこそ愛着が沸く、そんな心が満足するスイーツを提供しています。

アイスクリーム屋「proper ingredients」

中地ICから北へ車で10分、書写街道沿いに店を構える「proper ingredients(プロパーイングリーディエンツ)」。金曜から日曜の週3日だけ営業する、精製糖を使わないアイスクリーム屋です。もとは姫路駅前の老舗喫茶「cafe la dada(カフェ ラ ダダ)」で月に数回、夜にだけ営業していましたが、2022年4月21日に実店舗を構え移転オープンしました。

店名の「proper ingredients」は“適切な材料”を意味します。精製されすぎていない、自然の素材を使用したアイスクリームの味は格別です。例え少し崩れていたとしても、そこには表情があり愛着がわく。そんなスイーツはきっと、食べた人の心に残ること間違いなしです。

白を基調とした店内は、センス良く植物が飾られたナチュラルな雰囲気。大きな窓から暖かな陽が差し込む明るい空間です。テイクアウトはもちろん、フランス製のシアターチェアーや木製のベンチに腰掛け、イートインを楽しむお客さんも多いそう。


精製糖を使わない自慢のアイスクリーム

アイスクリームのこだわりは、精製糖を一切使わないこと。甘みには、2種類のきび糖、椰子糖(やしとう)、オーガニック黒糖、メープルシュガーなど、それぞれのアイスクリームの特徴によって使い分けています。ほかにも、平飼い卵、パスチャライズ牛乳、伝統的な製法で作られた天日塩、オーガニックの小麦粉やフルーツなど、厳選した素材ばかり。添加物は不使用で、少量ずつ丁寧に作り上げています。

ラインアップは常時6~9種類。定番メニューに加え、旬のフルーツが主役のメニューが随時登場します。基本的なレシピはあるものの、店主の気まぐれで配合が変わることも多々あるそう。甘かったり酸っぱかったり、日々少しずつ変化する味わいを堪能できるのも醍醐味の一つです。

『糀のバニラ+苺のアイスクリーム』 ダブルコーン970

『糀のバニラ』は、まず試してほしい定番メニュー。使用する材料は、姫路市の糀製造専門店「橋屋」の甘酒、市川町の「牛尾農場」の平飼い卵、島根県の「木次乳業」のパスチャライズ牛乳など。糀の風味がふわっと広がる、クセがなく優しい味わいが特徴です。

『苺のアイスクリーム』は、オーガニックのイチゴをコンフィチュールにすることで口当たりの良さを重視。果実の風味が口いっぱいに広がるアイスクリームです。

『ラムレーズン+苺のアイスクリーム』ダブルカップ720

ラムレーズンも自家製で、サトウキビをそのまま発酵、蒸留するのが特徴の「アグリコールラム」でレーズンを漬け込んでいます。ラオスで作られている、生産量の3%しかないと言われている貴重なラム酒だそう。オーガニック黒糖で作るアイスクリームをベースにし、より大人な味わいに仕上げています。

『無農薬のキウイのアイスクリーム』シングルコーン880

『無農薬のキウイのアイスクリーム』は、材料の半分以上がキウイを占め、完熟した果実のおいしさをダイレクトに感じられます。取材日は、店主の気分でちょっぴり酸っぱい仕上がりに。

取材日はこのほか、『愛媛の無農薬オレンジのアイスクリーム』や、たつの市で養蜂されたハチミツを使用した『ソルティハニー』などがラインアップ。今後はヴィーガンやアレルギーがある人でも楽しめる、豆乳を使用したメニューも考案予定だそう。

全て手作りにこだわっていて、コーンも自家製というから驚き。オーガニックの小麦粉やきび糖にほんのりスパイスを利かせ、パリパリと硬い食感が魅力です。コーンだけで食べてもおいしいと好評で、お客さんのリクエストにより単品(400円)での購入も可能に。

クッキやメレンゲで挟むアイスクリームサンド

『オーガニックオートミールクッキのトンカ豆のアイスクリーム』880

ボリューミーなアイスクリームサンドもあります。バニラではなくトンカ豆を使用したアイスクリームは、花のような甘く上品な香りが魅力。レーズンとクルミ入りで、ほんのりスパイスが利いたオートミールクッキでサンドすることで、味、食感、温度それぞれに凹凸を感じられます。オートミールクッキは単品でも販売(520円)。小さめサイズで5枚入っているので、シェアするのにもぴったりです。

『苺のアイスクリームのメレンゲサンド』880

メレンゲサンドに使用するアイスクリームは、イチゴの粒感をあえて残すことで一口ごとに感じる甘さや酸味に変化が生まれるように工夫。低温で長時間じっくり焼き上げたサクサクのメレンゲとの相性も抜群です。大きめサイズなので、肩ひじ張らずに豪快に頬張って。テイクアウトする際は、保冷剤や保冷バッグの持ち込みをお忘れなく。



種類豊富な焼き菓子はギフトにもぴったり

『塩糀のスコーン』1個250

店主の代名詞でもある焼き菓子が『塩糀のスコーン』。バター不使用で、オーガニックの地粉、一番絞りなたね油、塩糀を使用しています。膨らませるわけではなく素材をギュッと固めたイメージの、重くてずっしりとしたスコーン。しょっぱい天日塩がもう一口を誘います。

常温で食べればより甘みを感じられ、低めの温度に設定したオーブンで4、5分温め直せば粉の香りが引き立つそう。

このほか10種類ほどの焼き菓子が常時スタンバイしています。取材日は『ラズベリージャムのビクトリアケーキ』(620円)や『ホワイトチョコレートといちごのブラウニー』(580円)などが登場。季節のフルーツを使った焼き菓子も多く、何があるかは訪れてからのお楽しみです。

ギフト用の箱(100円)も用意しているので、好きなものを自由に詰め合わせて。

“適切な材料を使っても、おいしくなければ意味がありません。堅苦しいことは考えず、とにかくおいしいアイスクリームを気軽に味わってもらいたい”と話す店主。決して派手さはなくても自然と心が喜ぶ、そんなスイーツを求めに「proper ingredients」を訪れてみてはいかが。

■詳細情報

■DATA

proper ingredients(プロパーイングリーディエンツ)

所在地
兵庫県姫路市東辻井1丁目11-17
営業時間
12:00~18:00
※喫茶店「cafe la dada(カフェ ラ ダダ)」を間借りしての営業を一旦休止し(再開予定)、2022年4月21日に姫路市東辻井に実店舗をオープンしました

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2022年5月12日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP