兵庫県はりまエリアの“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU [タノス]
2020.07.03
9,964 views

【淡路島】バウムクーヘン専門店「cafe maaru(カフェマアル)」の焼きたてバウムクーヘンを味わって

淡路島の東海岸・洲本港前に位置する「cafe maaru(カフェマアル)」。地元素材にこだわって焼き上げたバウムクーヘンの専門店です。店内で食べるバウムクーヘンは、「焼きたてのバウムクーヘンって、こんなにおいしいの!?」と、驚くこと間違いなし!

バウムクーヘン専門店「cafe maaru」

淡路島の東海岸・洲本港を臨む場所にある「cafe maaru」は2017年にオープンしたバウムクーヘンの専門店。お店の前まで来ると、バウムクーヘンの焼けるいい香りが漂っています。

毎日専用の機械で焼き上げられるバウムクーヘン。おいしさの秘密はこだわりの素材にありました。主な材料は、淡路島で育った、日本にわずか6%しかいないという純国産鶏の卵。鮮度抜群でコクのある淡路島牛乳。淡路島産うるち米粉と兵庫県産の小麦粉。これらが絶妙に混ざり合い、しっとり、ふんわりの食感を作り出しています。

新食感!『フォンダンショコラばぁむ』

『フォンダンショコラばぁむ』600円(税別)

ここでしか味わえないメニューのひとつ。プレーンのバウムクーヘンの穴の中には、とろ~り甘いフォンダンショコラ。

カットしたバウムクーヘンの中央にショコラ生地を流し込み、オーブンで焼き上げています。その表面はサクっとしていて、今まで食べたことのない食感に驚愕!とろっととろけだすチョコにバウムクーヘンに絡ませながらどうぞ。

ランチタイムのおすすめ「淡路島産の生パスタ」

『生パスタランチ』(パン、サラダ、ドリンク付き)1,182円(税別)

バウムクーヘン専門店ながら、ランチも人気の同店。中でも淡路島の製麺所で作られた生パスタが楽しめる『生パスタランチ』はイチオシ。もちもちとした食感で、風味豊かな生パスタにソースが絶妙に絡み合っています。パスタの種類は週替わりで、写真はベーコンとナスのトマトソース。

思わずパチリ!おしゃれなドリンク

『スウィッチェル』573円(税別)

リンゴ酢ベースのドリンク。レモンやブルーベリーが入って色どり鮮やか。すっきりとした甘さなので、暑い日にもおすすめ。

このほか、淡路島産のオレンジを使った『淡路島産オレンジスカッシュ』や、アイスをのせた『マンゴーレモネードフロート』など、バラエティー豊かなドリンクがラインアップしています。

ドリンクの上にバウムクーヘン!?

『プチばぁむ』164円(税別) / 『ブルーベリースカッシュ』481円(税別)

「cafe maaru」のテイクアウトメニューの中でも、一番目を引くのがこちら。ドリンクの上に小さなバウムクーヘンを乗せたもの。かわいくって、思わず写真を撮りたくなりますね。バウムクーヘンを食べながら、ストローでドリンクを飲めるので、持ち運びにも便利です。

このほかにも手土産にも人気のバウムクーヘンが多数。シンプルなバウムクーヘンのほか、ハーフサイズにカットしたバウムクーヘンに、チョコでデコレーションしたバウムクーヘンがズラリと並びます。

バウムクーヘンをカットした後、残る端の部分『ばぁむのへそ』も人気。「ここが一番おいしい」と言うファンも多く、店頭で見つけられたらラッキー。

『はっぴぃmaaruぷりん』436円(税別)

バウムクーヘンにも使用しているこだわりの卵と、淡路島牛乳とで仕上げたなめらかな舌ざわりの濃厚プリン。

店内には海を眺められるカウンター席と、ゆったりくつろげるテーブル席があります。ここでしか食べられない焼きたてのバウムクーヘン、一度味わってみてはいかがでしょうか。

■詳細情報

■DATA

cafe maaru

所在地
兵庫県洲本市海岸通1-7-19
電話番号
0799-20-5624
営業時間
11:00~18:00 LO.17:00

 

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2020年6月18日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

POST

こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!
などのご意見、お待ちしております。

TOP